ブリスベン語学学校の口コミまとめ


留学をする際にまず決めなければならないことは、どこの語学学校でどのくらいの期間勉強するか、という点です。オーストラリアの主要都市には、各語学学校 が点在しています。中でもブリスベンは大学や専門学校が多いということもあり、語学学校には毎年世界各国から留学生が集まります。

 

語学学校を選択する際に、まずどのような語学学校に行きたいか、ということを検討すると思います。その際に参考になるのは、卒業生の体験談や口コミと言われる生の声でしょう。
ここでは、どのような口コミを参考に語学学校の選定を行うかご案内します。また実際にブリスベンの語学学校に通われた方の口コミも見て頂けます。

口コミを上手に利用してブリスベンの語学学校を選ぼう

卒業生のリアルな声や、現地からの情報は聞けば聞くほど臨場感がわくものです。口コミにも種類がありますが、口コミの中でも特に卒業生がどんな授業を受けていたか、という点を特に確認しておくと良いです。午前と午後の授業では学ぶことが違うのかどうか、実際にどのようなことを学ぶのかという口コミをまず読みましょう。

 

また、どのような先生が教えているかということも口コミで書かれている場合があります。授業外にどのようなイベントがあるか、どのようなアクティビティが あるかという口コミも見ておくと良いです。イベントやアクティビティというのは、授業外で英語に触れることができる良い機会となり、その他の国から来てい る留学生と交流を図るきっかけとなります。多くの留学生と友達になることでより充実した留学生活やワーキングホリデー生活を送ることができます。

人気のブリスベン語学学校口コミ情報

ブリスベン語学学校の全体的な口コミ情報としては、しっかり勉強したい学生が集まりやすい傾向があります。また語学学校の後の進学先に専門学校や大学を検討している方も多くモチベーションが高い学生が多いと言えるでしょう。

シャフストンインターナショナルカレッジ ブリスベン校

長年の歴史と実績を兼ね備えるシャフストンインターナショナルカレッジ。多くの卒業生を輩出していることから口コミの数も多いです。

シャフストンインターナショナルカレッジにワーキングホリデービザでの就学 Mさんの口コミ

パンフレットに掲載されている校舎に惹かれシャフストンインターナショナルカレッジが印象的だったということと、体験談と口コミを読んでこの語学学校での就学を決めました。

 

校舎からブリスベン川がよく見え、校舎の敷地内にある芝生でのんびりランチを食べたり、クラスメイトとスポーツをしたりすることができました。
学校の設立記念日には校舎内の広場でイベントをしました。国別対抗で出し物をおこない、私たちは日本の歌を振付付きで披露しました。

ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ブリスベン校

ゴールドコーストにもキャンパスを構える学校で、モダンなキャンパスやユニークなカリキュラムが人気の語学学校です。

ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ブリスベン校に観光ビザでの就学Nさんの口コミ

大学の休みを利用して、短期留学をしました。4週間の短い期間、一般英語コースを受けました。学校初日ブラウンズパスポートと言われる赤いパスポートを受 け取り、これは斬新!と思いました。自分の日本の赤いパスポートに似ていて、一度パブで見せてしまったほど本物のパスポートにそっくりなのです。

 

このパスポートを使って、自分の苦手なところを克服するよう努めました。弱点を先生に相談し課題をこなしていくのですが、課題がおわると入国スタンプのようにスタンプを押してくれるのです。これが結構快感で次もがんばろう!とモチベーションにつながりました。

 

学校内の行事は結構あって、私がちょうどいたときはハロウィーン時期だったのでハロウィーンパーティーがあり仮想大会がありました。聞くところによるとオーストラリア人はコスプレをしてパーティーをするが好きということでしたので、思い思いの仮想をしてコンテストのようなことをしました。日本ではなかなかできなかった体験だったのでとても楽しかったです。

口コミから人気上昇のブリスベン語学学校

ブリスベンの語学学校の中には、卒業生の口コミが広がり、口コミから人気になっている学校もあります。

レクシス イングリッシュ ブリスベン校

ブリスベンの他に海の近くにその他のキャンパスを設けているレクシス イングリッシュは長期の就学の方に向いていたり、留学中に様々な都市に行ってみたい方にお勧めな学校です。

レクシス イングリッシュ ブリスベン校にワーキングホリデービザでの就学 Oさんの口コミ

ワーキングホリデービザで17週間就学したうち、半分をブリスベン校で、半分をバイロンベイ校で勉強しました。レクシス イングリッシュを選んだ理由は1 つの都市だけではなく、様々な都市・環境で勉強をしたかったからです。一般英語コースを受講しました、その時の面白かった点としては選択科目を選べるとこ ろです。選択科目は自分の目的に合って選ぶことが出来ました。

 

当時ツイッターが流行りだしたばかりの頃だったので、ツイッターなどのSNSでどうやって言 いたい事を140文字におさめて言うか という練習をしたのが面白かったです。サマライズと言って自分の言いたい事をまとめる力が付いたと思います。

VIVAカレッジオーストラリア

ブリスベンで長年授業を展開している語学学校です。ブリスベン現地で通っている学生や卒業生から長い時間勉強できることで口コミや人気を得ています。

VIVAカレッジオーストラリア  学生ビザでの就学 Sさんの口コミ

ブリスベンで語学学校をどこにするか悩んでいたときに、口コミからVIVAカレッジにしようと決めました。決めてとなったのは、英語漬けになれる時間が長 いということ。私はとにかく英語が苦手で、この苦手意識を克服したいと思ってブリスベンの語学学校での留学を決意しました。なるべく一日の時間の中で英語 に触れれる時間を作りたいと思っていたので、朝から夜まで英語漬けに慣れると口コミで見たのがとにかく印象的でこの語学学校に決めました。

 

入学して思ったことは、自分がしっかりと勉強したいという目的意識を持たなければいけなかったということです。実は中だるみもちょっとしちゃいましたが、VIVAカレッジで英語漬けになれた時間は、まず朝から午後2時くらいまでの一般英語受講、それから夜間の時間帯に同じレベルのクラスに人数の空きがあればそのクラスに 入ることを応募し、夜も授業参加しました。

 

夜間の時間授業に参加できない場合とか、おもしろそうなアクティビティがある場合は、アクティビティに参加して 他のレベルのクラスメイトとかと一緒に会話を楽しみました。週末や夜の空いた時間はVIVAカレッジのオンライン勉強で学んだことを復習したり、新しい単語を勉強したりしました。

 

結構はじめは慣れるまで大変だったけど、とにかく苦手意識をはじめの段かいでなくさないとダメだとカウンセラーの方にも言われていたので、はじめの2か月は言い訳をせず、とにかくがんばりました。結果6か月の留学でレベルも上げることができ、中級より上のレベルで卒業することができ大変満足のいく語学留学でした。

佐野まさみ

私はメルボルンのHolmesglenというTAFEに交換留学していました。その後、バンクーバーで語学学校に通い、バリスタとして働きながらワーキングホリデーをしました。ホテルやチャイルドケアセンターでの勤務経験もありますので、ホスピタリティ分野に興味のある方のサポートもしたいと思っています

カウンセラーに質問