オーストラリアのビザのアセスメントレベルとは

アセスメントレベルとは、オーストラリアにおける学生ビザ申請時の審査基準を示した移民プログラムの審査レベルです。 国別に評価され、サブクラスの種類によっても区分されています。

 

1~3までの3段階のレベルがあり、数字が多くなるほど移民リスクが高いとされ、アセスメントレベル3になると、厳しい審査基準を満たさないとビザが発行されません。

 

評価は、過去に学生ビザを申請してオーストラリアに入国し、不法就労や不法滞在が行われた学生の国籍別の割合をもとに決められており、学生ビザを使用してオーストラリアに不法滞在しようとする人を防ぐための規制になっています。

 

日本は、サブクラス576を除きアセスメントレベル1ですので、移民リスクが低い国として、オンライン上での手続きが可能であるなど、手続き手順が簡素化されています。

佐野まさみ

私はメルボルンのHolmesglenというTAFEに交換留学していました。その後、バンクーバーで語学学校に通い、バリスタとして働きながらワーキングホリデーをしました。ホテルやチャイルドケアセンターでの勤務経験もありますので、ホスピタリティ分野に興味のある方のサポートもしたいと思っています

カウンセラーに質問