オーストラリア 短期留学費用

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページオーストラリア留学情報一覧留学ガイドメニュー オーストラリア 留学費用 > オーストラリア 短期留学費用

オーストラリア 短期留学費用

語学留学には興味があるけれど、実際どれくらい用意すればいいの?費用がどれくらいかかるか分からないから、なかなか留学に踏み出せない。そんな疑問にお答えするために、実際にオーストラリアでかかる費用をご紹介します。もちろん個人によっても異なるものなので、詳しくはラララ・カウンセラーにお問い合わせください。

短期留学の費用

充実派の1ヶ月(4週間)留学

フルタイムで勉強をし、放課後や週末はアクティビティや観光をたくさんしたい、勉学に遊びに1ヶ月をたっぷり充実させたい人のプランです。

項目 金額 内訳
観光ビザ申請料 20ドル
(1,900円)
-
航空券 120,000円 参考費用です
海外旅行保険 10,000円 参考費用です
学校にかかる費用 1570ドル(149,150円) 一般英語コース 授業料 週330ドル×4週間、
入学金200ドル、教材費50ドル
滞在にかかる費用 1544ドル (146,680円) ホームステイ 1人部屋 週266ドル×4週間、
手配料 315ドル、空港送迎費用 片道165ドル
現地での交通費 164ドル
(15,580円)
往復 8.20ドル×20日間 (シドニーの電車費用)
食費 200ドル
(19,000円)
1日10ドル×20日間 平日の昼食代です。スーパーで買った食材でサンドイッチなどを作れば、節約可能。
交際費 30,000円 週末旅行やアクティビティに参加した場合
合計 492,310円 -


※更に詳しい留学費用の見積もり

節約派の1ヶ月(4週間)留学

語学留学はしたいけど、予算をたくさん用意できない。少し節約しても、留学をしたい方のためのプランです

項目 金額 内訳
観光ビザ申請料 20ドル(1,900円) -
航空券 80,000円 参考費用です
海外旅行保険 740ドル
(70,300円)
参考費用です
学校にかかる費用 1570ドル(149,150円) 一般英語コース 授業料 週160ドル×4週間、
入学金100ドル、教材費なし
滞在にかかる費用 1050ドル (99,750円) シェアハウス 男性3人部屋、週150ドル×4週間、
手配料 285ドル、空港送迎費用 片道165ドル
現地での交通費 132ドル
(12,540円)
往復 6.60ドル×20日間 (シドニーの電車費用)
食費 280ドル
(26,600円)
1日10ドル×28日間 自炊が中心の場合です 。
合計 298,090円 -


※更に詳しい留学費用の見積もり

短期留学の費用についてよくある質問

Q 長期留学よりも短期留学の方が高くなるって本当ですか?
A 全体の費用に対して、往復の航空運賃など渡航費用の比率が短期留学の場合は大きくなるので、高くなるといえます。もちろん全体の留学費用は短期留学の方が安いです。時間が限られる場合は仕方がないですが、お得に留学をしたいという場合には、現地に少しでも長く滞在することをお勧めします。


Q 航空運賃の安い時期があるって本当ですか?
A 本当です。特に短期留学の場合には、安い航空券を買うことで費用を抑えることが出来ます。 クリスマスやお正月、ゴールデンウィーク、夏休みの時期などピークと呼ばれる時期は航空券が高くなります。日本からの直行便の場合、日本の休暇やオーストラリアの休暇が影響しますが、アジアからの経由便を利用する場合はその周辺のイベント(中国の旧正月など)も影響するのでご注意ください。一般的に安い時期は1月の2週目以降、ゴールデンウイーク終了後から6月、11月~12月初旬などですが、都市や航空会社によっても異なるので、予め確認しておくとよいでしょう。

Qお得な滞在方法を教えてください。
A 学校や都市により異なりますが、ホームステイに比べて、シェアハウスや学生寮のステイがお得です。また、ホームステイは4週間以上でないと受け入れていない場合が多いです。食事付きの学生寮を格安で提供できる学校もありますので、詳細はラララ・オーストラリアまでお問い合わせください。

Q 費用を抑えるために、保険はクレジットカード付帯の保険を利用してもいいですか?
A利用しても良いですが、弊社ではお勧めしておりません。カード会社や種類によって補償内容が異なるので、事前に内容を確認する必要があります。その内容は、クレジットカードで支払いをしないと補償保障をされない、怪我は補償対象だが病気は対象外というものがある、旅行期間が短く定められている、補償額が低いことが多いなどです。何かあった時に足りないでは済まされないので、この期間の掛け捨てタイプの海外旅行保険などに加入される事をお勧めします。