留学生もオーストラリアで、クリスマスショッピング!

オーストラリア国民はクリスマスが大好きです。

お正月よりクリスマスの方が大事ですので、クリスマス前後に長く休みを取り、年明けは1月2日から働くという方が多いです。

12月に入ってから、どこもクリスマスショッピングをされる方で大忙し!

皆なんでそんなに?というくらいすごい量のお買い物をします。

クリスマスショッピングって聞いたことありますか?

日本ではクリスマスショッピングって聞きなれないのでは?と思います。

オーストラリアでは、家族や親族にクリスマスプレゼントを用意するほかに、

日頃お世話になっている方にクリスマスにプレゼントをする習慣があります。

クリスマス前に学校の学年が終業するというのもあり、お世話になった先生にもプレゼントする場合がありますので、

そうなると膨大な数のプレゼントを用意する為に、あちこちで買い物三昧です。

日本の文化は、年末までにお歳暮の準備や年賀状の準備、と思います。

日本のお歳暮→ クリスマスプレゼント

日本の年賀状→ クリスマスカード

という感じです。

オーストラリアのプレゼント習慣の厄介な点

日本では、お店で何かを購入するとき、自分用かプレゼント用か聞かれる事が多々あります。

プレゼント用と告げるだけで、無料で綺麗な包装をしてくれたり、リボンを付けてくれたり、と包装文化は素晴らしいと思います。

オーストラリアは、基本的に自分の仕事ではない事は省く、

自分で出来ることは自分でする、という習慣ですから、包装をしてくれるなんて素敵なサービスはありません。

包装紙も自分で購入し、ひとつずつラッピングする必要があります。

これが結構面倒で、最近は包装されたチョコなど気の利いたものが店頭に並ぶようになり有り難いです。

Pharmacyで有名なPriceline(プライスライン)には、パッケージ入りされたものや、ラッピング済みのお菓子などが多くあり選びやすいですよ!

こちらは現在のプライスラインの商品です、参考までに。

次回のブログは留学生のクリスマスの過ごし方についてお話します♪