留学生でも知っておくべき!オーストラリアの特別な1月26日! オーストラリア留学

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
オーストラリア留学ホームオーストラリア留学情報一覧 > 留学生でも知っておくべき!オーストラリアの特別な1月26日!

留学生でも知っておくべき!オーストラリアの特別な1月26日!

オーストラリアにとって1月26日はとても大事な日なのです。

国民の休日になっている『オーストラリア・デー』で、一言でいうと建国記念日といったところでしょうか。。

オーストラリア・デーとは?

1788年1月26日にイギリスの移民団が初めてシドニーに到着したことにちなんで定められました。

毎年この日は、休日となり、各地で様々なイベントが行われます。

日常的に生活している現代の方の大半にとっては、オーストラリアの生まれた記念日とし、各地で派手にお祝いします。

シティの有名どころでは、ダーリングハーバーで花火を交えたショーを毎年やっているので見どころと言えます。

一方悲しい歴史もあるのです…

オーストラリア・デーをハッピーに過ごす方もいれば、オーストラリアの原住民アボリジニの方にとっては、悲しい歴史の始まりの日でもあるのです。

この日を白人に侵略された日と考える人もおり、ダーリングハーバーのショーでは、アボリジニーが白人に住むところを侵略されていくというストーリーが展開されていました。

嘗て、オーストラリアはイギリスの流刑地でした。

1788年1月26日からイギリスの植民地として移民が移り始め、何万年もオーストラリアの大陸で暮らしていたアボリジニの人たちはこの地から追い出されたのです。

彼らにとっては、侵略され虐殺されたという歴史の始まりです。

悲しい過去がありながらも、街はお祝いムード。

オーストラリア国旗を掲げながら歩く人、顔や体一色をオーストラリアカラーにする若者、とにかく派手に祝います。

中には複雑な心境の方もいるかとは思いますが、自分なりのオーストラリア・デーの過ごし方楽しみ方を見つけてほしいと思います。

---------------------------------------

★オーストラリア留学について興味がある方、ご質問などはラララの なんでも無料相談までお気軽にお問い合わせください♪

★留学の資料やパンフレットをご希望の方はこちらのパンフレット・資料希望フォームまで!