オーストラリア留学中に、日本食材は買えるの?

オーストラリアで日本の食材は買えますか?と聞かれる事がよくあります。シドニーやブリスベンなど大きな都市ですとアジアングロッサリー(アジア食材店)が多くあります。

 

特に市内にあります。実際にどんなものが買えるのか見てみましょう!

シドニーシティにはアジアンタウンがある!

シドニーはスーパー多国籍都市ですので、シドニー中心部には、チャイナタウンをはじめKorean townLittle Thaiと呼ばれるストリートがあり、その国の食材を扱うお店が多いのです。

アジア諸国様々な食材が揃うお店に行ってみた

何があるか見てみましょう。

日本のお米が売っているお店はかなり稀で、日本食材ばかり扱っているお店にはあります。日本米に近く、手頃なお米がこちらです。10キロ18ドルくらいで買えます。

冷凍食材

枝豆ちくわかにかま納豆 なども買えます。お豆腐の種類も多いですが、多くが中国産に見えます。中でも日本の豆腐に近い豆腐がこちら。絹ごし 木綿、選べます。冷凍食材や豆腐は安めで日本と変わらない価格です。

お勧めのお豆腐はこちら。

アジアングロッサリーでしか買えないお肉があるのです。一般的なスーパーでお肉は様々買えますが、日本のような『薄切り肉』がありません。

アジアングロッサリーだと冷凍の薄切り肉が売っていますので、日本食が作りやすいです。

調味料

マヨネーズしょうゆめんつゆなど多々あります。

からしなどのチューブ系もあります。

調味料系は日本の価格の3倍くらいと考えておくと良いです。高いですよ!

お菓子

日本のお菓子もたくさん揃っています。価格は日本の3倍くらいです。似ている商品で韓国製のものもたくさんありますので、節約したい場合は韓国お菓子を買うのが良いでしょう。味がほぼ似ており、価格は半額以下と言えます。

 

正直日本の物は高いです。オーストラリアから来るとき、持ち込める軽いものは持ち込んでも良いと思います。

 

(ただし、持ち込める食品には限りがあります)

 

私は、海苔ゴマ昆布乾麺 など日持ちするものを日本から持ちかえる事が多いです。オーストラリアでの生活の参考にしてください。

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問