オーストラリアで働いてみる!基本編 オーストラリア留学

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
オーストラリア留学ホームオーストラリア留学情報一覧 > オーストラリアで働いてみる!基本編

オーストラリアで働いてみる!基本編

海外で働くということにワクワクして渡豪される方は多いかと思います。

オーストラリアがワーキングホリデーや留学先で人気なのは仕事がしやすい環境にあるかと思います。

誰でも働くことができるの?

オーストラリアに渡豪する際、ご自身の目的に合ったビザを取得しなければいけません。

各ビザには滞在条件が付いており、その中に就業条件もあります。

日本の方で渡豪の際に多いビザはこちらです。

・ワーキングホリデービザ

・学生ビザ

・観光ビザ

中でも 働けるビザワーキングホリデービザ学生ビザです。 (細かい条件は予告変更されるので、取得時の内容を確認しましょう)

ちょっと注意が必要です!

観光ビザは働くことができません!

ただ、現地でのボランティア活動など観光ビザでも参加できるものもあるようです。

日本からご自身でボランティアプログラムを申込などする場合は、観光ビザでも可能かどうか確実にご確認をお忘れずに!

過去にあった例です。

個人でオーペアをすることを決めており、観光ビザで渡豪した方がおりました。

(オーペアとは…住み込みでベビーシッターをし、家事などもこなす代わりにその家に住むことができるというプログラム。無料のプログラムもあれば、有給のプログラムもあります)

オーストラリアには観光ビザやワーキングホリデービザで何度も渡航経験があったそうですが、

入国審査の際に渡航目的を聞かれ、オーペアをすることを伝えた際に、『仕事』と見なされてしまい入国拒否をされたケースがありました。

(テレビで見たことがある空港のインタビュールームのイメージです)

どのように説明したかなどの細かい事情はわかりませんが、仕事をするという風に捉えられてしまったようですね。

観光ビザで違法労働をする人の摘出が増えていますので、仕事目的で来る方は必ず目的に合ったビザを取得しましょう!

---------------------------------------

★オーストラリア留学について興味がある方、ご質問などはラララの なんでも無料相談までお気軽にお問い合わせください♪

★留学の資料やパンフレットをご希望の方はこちらのパンフレット・資料希望フォームまで!