オーストラリアの教育サービス法 ESOS(Education Services for Overseas Students)について

オーストラリアは、美しい自然と、気候・治安面などから留学先として人気の国です。 オーストラリアへの留学生の数は世界で3番目に多いといわれ、その数は年々増え続けています。

 

有力な産業のひとつとしても位置づけられ、オーストラリア政府は様々な施策をうち、教育の質の向上に取り組んでおり、世界的にも珍しい、留学生の権利を保護する法律も定められています。

 

そんなオーストラリアの教育関連制度とその内容についてご紹介いたします。

オーストラリアの教育サービス法 ESOSについて

オーストラリア政府では法律で、留学生へ質の高い教育と安全で快適に学ぶ機会を提供するためのESOSという教育サービス法を定めており、留学生を受け入れる教育機関にはオーストラリア政府による監視が行われています。

 

この法律により、留学生は教育機関より提供される情報やサービス内容について消費者としての知る権利、 および学費費用の財政的保証を受けられ、教育機関が教育提供を行えなかった場合、払い戻し金の受け取りや、コースを変更できる権利を有します。

 

上記の権利に加え、学生の知る権利の具体的内容は下記になります。

 

• 勉学、生活支援のためのオリエンテーションやサポートサービスの利用方法
• 留学生担当者の連絡先
• コースの単位取得できるかどうか、またその申請方法
• 入学を延期、保留、取り消しになる条件と、その場合の期間について
• 教育機関が定めた、留学生がコースで十分な成績を修めるための条件と、成績が満たない場合に利用できるサポート内容
• コースの出席状況が記録されているか
• 苦情や抗議がある際の手続き方法

学生の責任

ESOSでは教育機関のみならず、学生が守らなくてはならない条件も定められています。

 

• 学生ビザの条件を満たしていること
• 滞在中、留学生健康保険(OSHC)に加入すること
• 教育機関と交わした契約書内の条件を満たしていること
• 住所や連絡先変更の際は、教育機関に知らせること
• コースで良好な成績をと出席率を維持すること
• 教育機関の出席状況が記録されている場合、教育機関の定めた方針に従うこと
• 18歳未満の留学生の場合は、滞在先、サポートなどの取り決めを守ること

オーストラリアの政府認定制度 CRICOSについて

オーストラリアの政府認定制度 NEASについて

オーストラリアの教育認可団体 EAについて

オーストラリアの教育認可団体 ACPETについて

呑村紗也佳

私にとって海外留学は、「それまで持っていた常識や当たり前を180度覆し、価値観がぐんと広がった」そんな経験でした。もともと留学や海外に興味はなかったですが、両親が留学を勧めてくれたのをきっかけにオーストラリア・カナダ・アメリカで計4年ほど海外生活を送りました。

カウンセラーに質問