オーストラリアへのお金の持って行き方・両替の仕方

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページオーストラリア留学情報一覧留学準備メニュー タイプ名 > オーストラリアへのお金の持って行き方、両替について

オーストラリアへのお金の持って行き方、両替について

海外へのお金の持ち込み方については、様々な方法があり、ご自身にあった方法で行って頂きたいと思います。ただどんな方法があるのか分からないという事もあるので、下記に一般的な方法をいくつかご紹介します。 こちらに記載している情報は今後変更になる事もございますので、あくまで参考として見て頂き、詳細はそれぞれの機関に必ずご確認頂く様にお願い致します

日本からオーストラリアへの持って行き方 少額の場合

入国した後、しばらく使うお金はいくらか現金で所持をしておくと安心です。

日本国内の金融機関で両替をしてお金を持って行くパターン

日本国内にある銀行で日本円からオーストラリアドルへの両替が可能です。小さな支店や地方銀行などではオーストラリアドルを扱っていない事もありますので、事前に取り扱いがあるかどうかご確認ください。支店によっては数日かけて取り寄せということもある様です。日本国内の国際空港でも両替が可能なので、出発前に両替をすることもできます。

【メリット】
日本語で対応してもらえるので安心
現地についたときにオーストラリアドルを持っていると心強い

【デメリット】
両替手数料がかかる
レートが良くない事もある
地方よっては近くに両替をする金融機関がない事もある

オーストラリアの空港で両替をしてお金を持って行くパターン

オーストラリアの空港到着時に、空港で両替をするパターンです。営業時間が限られますので、必ず確認をしておきましょう。

【メリット】 日本の銀行で両替をするよりレートが良い場合がある

【デメリット】
早朝や深夜に到着した場合、飛行機が延着した場合には営業していない事がある
混雑していて時間がかかることがある(空港送迎の関係で時間がないかもしれない)
両替手数料がかかる

オーストラリアの両替商でお金を両替をするパターン

町にある両替商で両替をする方法です。店舗によってレートが違うので、いくつか確認をしてみるといいでしょう。
【メリット】
現金両替の中では、レートが一番良いことが多い。

【デメリット】
どこにでもあるとは限らない(観光都市の中心部には多い)。
入国後すぐには両替できない。

オーストラリアの銀行でお金を両替をするパターン

オーストラリアの主要な銀行の窓口でも、両替が可能です。オーストラリアの4大銀行はANZ(Australia and New Zealand Banking Group)、Commonwealth Bank、nab(National Australia Bank)、Westpacです。
【メリット】
オーストラリア国内のどの都市にもあるので、便利。

【デメリット】
休日だと営業していない
両替手数料が高く、両替商に比べるとレートが良くないことが多い

お金の持って行き方 高額な資金移動の場合

当座のお金は現金で持ってきましたが、長期に渡って使う生活費などを数十万円単位で持ち歩くのは危険でお勧めできません。高額な資金移動の方法をご紹介します。

インターネットバンキングから海外送金をするパターン(お金を送る)

オーストラリアでの銀行口座を開いた後、日本のインターネットバンキングから海外送金をする方法です。 (取扱銀行:三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行、セブン銀行など)

【メリット】
インターネット上での手続きになるので、窓口に行くより便利

【デメリット】
インターネットのセキュリティ環境を整えていないと危険(他者に悪用される恐れがある)
日本のインターネットバンキング口座は必ず日本で作る必要がある(海外送金ができるか確認が必要)
口座受取人登録など手続きが多い(銀行によっては書類での申請)
送金と受取で2回の手数料がかかる(日本側とオーストラリア側) 手数料は銀行により異なる

キャッシュパスポートを作成してお金を引き出す

プリペイドカード方式で現地でのカード支払いやATMでの現金の引き出しが可能なカードです (名称:Master Card キャッシュパスポート)

【メリット】
高額を入金していなければ、落とした時でも心配が少ない
クレジットカードではないので、審査なしで作ることが出来る(未成年でも可能)
入金する額を決められるので、クレジットカードと比べ、使い過ぎを防ぐことが出来る

【デメリット】
換算レートがあまり良くない(両替手数料が安くない)
ATM利用の度に手数料が発生する
金額を増やしたい場合には、指定された口座への振り込みが必要(自分で行う場合にはインターネットバンキングが必要になる)

国際キャッシュカードでお金を引き出す

日本で開いた口座のキャッシュカードがそのまま海外でも使えるというものです。一部の銀行からのみ発行されています。 (取扱銀行:新生銀行、シティバンク、ジャパンネット銀行など)

【メリット】
1度日本で口座を開いてしまえば、その後の手続きは不要
換算レートは悪くない(両替手数料は発生する)
ほとんどのATMも利用することが出来る
ATM手数料がかからないカードもある

【デメリット】
ATMを利用する度に手数料が発生するカードもある

クレジットカードを利用する

オーストラリアはカード社会なので、ほとんどの店でクレジットカード支払いが可能です。そのVISAカードやMasterカードなどを使い、現地のATMでキャッシングも可能です。

【メリット】
既にクレジットカードを持っていれば、新たな手続きが不要 換算レートが良い(両替手数料がかからないため)

【デメリット】
ATM利用手数料が発生する
カードの決済日までの金利が発生する(両替手数料よりは少額になることが多い)

外国送金の受け取りサービスをしてくれる会社を利用してお金を持って行く

日本でその会社にお金を預け、オーストラリアで銀行口座を開いた後にそちらを外国送金して貰うことができます。銀行ではないので、預かってもらえる期間は最大6ヵ月までです。(会社名:KVB)

【メリット】
海外送金やインターネットバンキングなどの面倒な手続きが一切不要
換算レートも良い

【デメリット】
手数料25ドルがかかる 6ヶ月を越えて預かってもらうことはできない

追記:トラベラーズチェックについて

かつて海外旅行の際に広く利用されていたトラベラーズチェックは取り扱いを終了した銀行が多く、一般的ではなくなってしまいました。別の方法を利用されることをお勧めいたします。