カフェレストランなどのサービス

レストランでの接客業の仕事内容は日本とあまり変わりません。しかし、オーストラリアにはファミリーレストランが少なく、日本料理・中華料理・イタリアン・インド・タイ料理など多国籍国家ならではの本番レストランが並び、さまざまな料理がたのしめます

カフェレストランなどのサービス

cof - カフェレストランなどのサービス

仕事内容(オーストラリア現地のレストラン)

17:00
机のセッティングやフォーク、ナイフなどの補充。それぞれのレストランによってテーブルセッティングは異なりますが、ナイフやフォークを並べたり、水の準備などをします。その間に他の人がレジのお金を数えます。  

17:15
オーダーを取る。注文を受けたら、ステーキの焼き加減や、サラダのドレッシング、トッピングなど聞く。(オーストラリアには先にレジで注文してお金を支払ってから席に着く場合と、席についてから注文するパターンがあります。)注文を受ける際には、どの料理がアントレとして先に持っていくのかなどを確認しなければいけません。 ヨーロッパやオーストラリアン料理のレストランでは、パンが無料でついてくる所が多いです。飲み物はウェイターに注文できますが、バーがあるレストランはバーで飲み物を注文できます。

アントレを食べ終わる頃を見計らって、シェフにメイン料理の準備をしてもらうように伝えます。アントレのお皿をさげて、メイン料理を持っていく。男性と女性が座っている場合は女性の方から料理をだす方が良い。料理の名前を告げ、”enjoy your meal”と一言付け加える。レストランでの料理は量が多く、サラダやポテトがあふれそうになっているので、運ぶときに注意が必要です。

お皿が空になっていたり、フォークとナイフが同じ方向に並べてあればお皿をさげる。デザートやコーヒーを頼むお客さんが多いので、机の上のものはできるだけ片付けたほうが良いです。

20:30
レストランが閉まる頃に、テーブルを拭き、タオルの洗浄、フォークやナイフ、グラスを磨いたりします。翌日に働いている人に迷惑がかからないようにしてから仕事を終えます。