光と音楽の祭典「ビビッド・シドニー」が開幕

2013-05-27 10:42:52.0

オーストラリア・シドニー(Sydney)で毎年開催される光と音楽、アイデアの祭典「ビビッド・シドニー(Vivid Sydney)」が24日、開幕した。 ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)やサーキュラー・キー(Circular Quay)、ザ・ロックス(The Rocks)、ノースシドニー(North Sydney)などの地区で、参加型・没入型のライト・スカルプチャー(光の彫刻)やインスタレーションが60点以上展示されるほか、オペラハウス(Opera House)やカスタムハウス(Customs House)などの象徴的建造物が、3Dプロジェクションマッピングによりライトアップされる。開催は6月10日まで。写真は、ライトアップされたオペラハウス(2013年5月24日撮影)。

毎年、シドニーの街を色鮮やかに装飾するイベント「ビビッド・シドニー」。 オペラハウスを中心に、お馴染みのランドマークが芸術的なまでにライトアップされ、人々の目を楽しませます。この時期はサーキュラーキー全体がテーマパークになったようです!