2014年の幕開け、シドニーで新年を祝う花火

2014年の幕開けとなった1月1日、世界各地の都市が華やかな花火で新年の到来を祝いました。 オーストラリアのシドニーでは、7トン分の花火が、シドニーを鮮やかに照らしました。 ハーバーブリッジを中心として、600万豪ドル(約5億6000万円)をかけて行われた年越し花火大会では、 10年以上ぶりにオペラハウスからも打ち上げが行われ、詰めかけた約150万人の観衆を魅了しました。

アメリカのニューヨーク、タイムズスクエアでは、推定100万人が詰めかけ、日付が変わると同時に舞い上がった色とりどりの紙吹雪の中で歓声を上げました。 また、アラブ首長国連邦のドバイは、新たなギネス世界記録を目指し、40万発以上の花火を打ち上げるとの計画通り、 一斉に打ち上げられた花火が高さ世界一のタワー「ブルジュ・ハリファ」(830メートル)を照らしました。

世界各都市で華やかな新年の花火が打ち上げられる中、オーストラリアのシドニーでは、今年も色とりどりの鮮やかな花火が街を照らしました。 毎年の風物詩ではありますが、間近で見る花火は迫力満点で、新年の幕開けに相応しい光景です。

1441 - 2014年の幕開け、シドニーで新年を祝う花火