豪大陸で初めて発行の紙幣、1枚に3200万円の価値

英植民地時代のオーストラリアで初めて発行された紙幣で現存する唯一の実物が26日、シドニーで競売に掛けられ、予想を上回る33万4000ドル(約3200万円)で落札された。競売を主催したコイン・紙幣専門の豪競売ノーブル・ニュミスマティクスが27日、明らかにした。ノーブル・ニュミスマティクスによると、この紙幣は豪ニューサウスウェールズ銀行、現ウエストパック銀行、が1817年に発行した10シリング紙幣100枚のうちの1枚。2005年に英スコットランドで個人コレクションの中から見つかった後、個人コレクターが所有していた。 同競売のジム・ノーブル氏によると、紙幣は発行当時のニューサウスウェールズ植民地総督だったラクラン・マクウォリーかその部下が、マクウォリーの故郷スコットランドに持ち帰ったものと考えられている。今回、競売にかけられたものが現存が確認されている唯一の実物で、植民地時代の紙幣についた価格としては史上最高額だという。(c)AFP