4月25日はアンザックデイ

4月25日はAnzac Day(アンザック デイ)です。 ANZACとは、Australian and New Zealand Army Corps(通称アンザック軍)のことを指します。

4月25日とは、 今から100年前、第一次世界大戦中の1915年4月25日にトルコのガリポリに上陸した日であり、ガリポリの戦いで敢え無く敗戦し3万人以上の戦死者を出したオーストラリアにとって悲しい日なのです。。 毎年この4月25日は兵士たちをたたえるための追悼をする日となりました。

シドニーの中心、Martin Placeでも毎年朝4時から戦没者記念碑前にて Dawn Service(追悼式)が行われます。 毎年なんでこんな早朝なんだろう?と思っていたのですが、当時のガリポリ半島上陸の時間だったそうです。

そのあと、午前中にはパレードがあります。

このアンザックデイ、いまではすべての戦争の戦没者を追悼する儀式となっています。

日本人は外出しない方がいい。という説もあります。

なぜか?

日本は第二次世界大戦中に唯一オーストラリアを攻撃した国なんですよね、 いつもは親日家のオーストラリアでもこの日だけは違うという方もいるようですので、悲しみや怒りを日本に向けるという方もまだいるかもしれません。 それゆえ、卵を投げられるかも?という説があります。 実際には見たこともされたこともありませんが。 ハイドパークにあるメモリアルタワーなどに行くのは後日の方がいいかもしれませんね…