「ガリポリの戦い」から100年

25日、「ガリポリの戦い(Battle of Gallipoli)」から100年の節目を迎え、オーストラリアのトニー・アボット(Tony Abbott)首相らが追悼式典に出席しました。

「ガリポリの戦い」は、第1次世界大戦中、連合軍とオスマン帝国軍の戦いで、連合軍がトルコ西部のガリポリ半島へ上陸し、進撃しました。 この戦いは、9ヵ月に及び、連合軍に従軍したオーストラリア軍兵士は約8700人、ニュージーランド軍兵士は約2800人が命を落としました。

この戦いが両国に国家としてのアイデンティティーを確立させたとして、オーストラリアとニュージーランドは4月25日を「アンザック・デー(Anzac Day)」とし、最も重要な祝日となっています。