日系各社新車販売台数好調。マツダがシェア拡大、オーストラリア国内2位に。

今年は去年の販売台数が国内4位だったマツダが、2位に順位を伸ばしています。 また、他の日系各社も今年の新車販売台数を伸ばしており、自動車産業の活気が見られます。オーストラリアは車を持つ家庭が一般的で、日頃の買い物や旅行も車で移動します。高性能の割に、価格も安い日系自動車は、テレビコマーシャルでも日系企業のCMがよく流れており、オーストラリアの家庭に浸透しています。 最近はスポーツタイプの多目的車(SUV)が特に人気で各社台数を伸ばしており、キャンプやマリンスポーツの季節には欠かせない車となっています。