文部省が教員に英語能力指針 大学教職課程にも反映されます

近年、日本の文部科学省は英語教育改革に積極的に取り組んでいます。 その一環として、英語の先生を目指す学生が習得すべき最低限の能力を示した指針(コアカリキュラム)を作成することを決定しました。

今後、小学校でも英語教科が必修になり、「読む」「書く」「話す」「聞く」の4技能の強化を求められることに際し、英語の教員の指導力アップを狙ったものかと思います。

日本の英語教育は高校、大学を卒業しても大半の人は英会話ができないと指摘されています。実は、文科省が昨年実施した高校3年生の英語力調査では、4技能はいずれも英検に換算して「中学レベル」という事実が発覚しました!

これから「使える英語力」が今よりもっと求められそうですね。 みなさんも海外へ出て、使える英語力を身に付けましょう!

弊社では留学経験豊富なカウンセラーが英語の勉強に関してもご相談を行っております。 ラララオーストラリアにお問合わせください。