カンタス航空、2016年の夏ダイヤの座席の提供を増やすことを発表

オーストラリアのカンタス航空が、来年の2016年の夏のダイヤのアジア・、アメリカ路線において、増便や提供座席の増加させることを発表しました。メルボルン・香港間の路線においては、来年の3月から機材を一部変更し、大型の航空機に変更することで座席を増加します。また、シドニー・サンフランシスコ路線は、週6便でスタートし、シドニーとダラス・フォートワース間は2016年の4月から毎日運航の週7便に増便することが決まりました。香港経由にてオーストラリアに入国する便が増えることで、入国時間や航空券の費用の選択肢が広がります。