海外の医療現場で働く!OETとは?

医師・看護師をはじめ、薬剤師や歯科医など、英語を母国語としない方が海外で医師登録をしたり、ビザを取得する際に必要になるのがOETという資格です。 このコースを受講するには、医療現場で実際に働いた経験のあることが条件になりますが、その勤続年数は問われません。 医療現場で働く資格を取る際に、IELTSのスコアでも申請する事ができますが、IELTSでの必要点数を目指すよりも、取りやすい資格と言われているそうです!

OETについての詳しい説明はラララのOET、医療英語からご覧ください。