オーストラリアの学校予算110億ドル不足で教室不足

近年、オーストラリアでは就学期児童人口が激増しています。日本でも待機児童の問題がニュースにもなっていますが、シドニーの首都圏の学校需要は今後”10年でほぼ倍増”するといわれています! シドニーのある学校では既に生徒数に対して校庭が不足している為、子供たちは校庭でも走ることが禁止されています。 州全体では、2031年までに225,000人の生徒を迎えなければならず、そのうち165,000人は公立学校に就学する。今後15年で教室と建物合わせて7500件の建設計画に108億ドルが必要という状況だそうです。 ここからもわかるように、オーストラリアでは幼児教育系の職業はかなり需要が高くなっています!