気になるバックパッカー税の今後は、、、

昨日17日、先日ニュースに上がっていたバックパッカー税を再検討し、導入を6ヶ月遅らせると連邦政府が発表しました。 このバックパッカー税はワーキングホリデービザの保有者の収入1ドルに対して32%課税するものとして7月に導入される予定とされていました。この課税によってオーストラリアをワーキングホリデービザで訪れる人が減少してしまうのではないかと、農場主や観光事業者の間で懸念が出ています。 一方、この延期に対して野党労働党は、この発表によってワーキングホリデーを希望する外国人がニュージーランドやカナダに流れて行ってしまうと、この案を批判すると共に、ただ問題を選挙後に先送りにしているという声もあります。 日本からの留学生にとっては大きなニュースになるかと思いますので、最新の情報にしっかりと耳を傾けておきましょう!

ワーキングホリデービザについての詳細は無料何でも相談フォームまでお問合せ下さい。