留学ニュース 11月28日(金) GEOS ケアンズ ニュース

2008-11-27 22:30:54.0

Dear Friends,

お世話になっております。 1月スタートのカスタマーサービスコースに向けて、コースセミナーを開催致します。

卒業生でも、ケアンズのカフェ(Coffee Club)で働いている方や、ホテル、オーストラリアンレストランで働いている方が沢山いらっしゃいます。

先日 Tropical Safariコースを終了した生徒さんの感想文を日本語で書いていただいたものがありますので、ぜひご覧下さいませ。

________________________________________ Tropical Safari- Tatsuro YAMADA

まず、オーストラリアを満喫するためには、アクティビティは欠かせません。この国の雄大な自然は町にいるだけでは体験することは難しいと思います。直接その場に赴いて、その身をおくことによって、より大きな感動を味わうことができます。私がTropical Safari Programを選んだのは、現地で一つ一つのツアーに垂オ込むより遥かに手間がかからないことと、多くのツアーに参加できるということによります。1ヶ月のプログラムで、ケアンズで参加できる多くのアクティビティに行くことができました。

まず最初に行ったのはラフティング。落差1mから2mほどの滝が続く川をゴムボートで下りました。6人で協力してパドルを漕ぎ岩と岩の間を抜けて行きます。滝を越えた後はみんなでパドルを打ち鳴らして喜びます。エキサイティングとしか言いようがありません。昼食は陸に上がってビュッフェ形式のバーベキュー。昼食後もさらに川を下りました。

次に行ったのはクロコダイルファーム。ケアンズの港からマングローブの生い茂るトリニティ・インレットを船で抜け、ファームへ。途中で野生のワニや亀を見ることができました。30分ほどでファームに着き、養殖のワニを見学しました。ワニは大きいもので4メートルを越え、以外に早く動くところが見られました。子ワニの養殖場では小さな水槽に子ワニがひしめいていてなかなかの壮観でした。

クランダにも行きました。クランダ村には多くのお土産屋が並んでいました。3時間ほど村を散策して帰りはスカイレールに乗りました。ゴンドラから広大な原生林を眺めることができました。

この次はグレートバリアリーフのグリーンアイランド。着いた直後は船酔いでグロッキーでしたが、海の青さに感動してすぐに忘れました。島についてからはずっとシュノーケリングを楽しみました。水中でも魚や珊瑚が見られ、日本の海とはかけ離れた美しい海を体験できます。

次に行った乗馬もよい体験でした。熱帯雨林とステップの間を馬に乗ってゆっくりと歩きました。所々に大きなアリ塚があったり、ブッシュファイアーのあとなど、オーストラリアならではの景色を楽しめます。オーストラリアといえばコアラとカンガルー。ケアンズトロピカルズーではコアラを抱いて写真を撮ったりカンガルーに餌付けをすることができました。コアラを抱っこできるのはケアンズのあるクイーンズランド州と西オーストラリア州だけなので貴重な経験です。そのほかにもスネークショーやバードショーをやっていました。

バードショーでは観客の頭上すれすれをかすめて鳥が飛び交いました。  アボリジニーのテーマパークであるジャプカイでは彼らの神話や歴史、文化に触れることができました。ディドゥリドゥーという木の中をくりぬいて作った大きな楽器による演奏や彼らの歌やダンスを間近で見ることができます。私がダンスシアターに行ったときにはステージの上に連れて行かれて彼らと一緒に踊ったりもしました。ほかにもブーメランや槍を投げたり、彼らの食生活についての説明を受けることができます。

 最後に行ったのはフィッツロイアイランド。ここもグレートバリアリーフの一角で、グリーンアイランドよりもかなり大きな島です。グリーンアイランドと違って、浜が珊瑚で覆われておりまた違った景観を楽しめます。シュノーケリングやダイビングをしても楽しそうなのですが、私は島の頂上へ登ってみました。2時間ほど山道を登ると、360度見渡す限り青い海の素晴らしい景観が広がりました。

 このコースにしたことは間違いなく正解だと思います。参加したアクティビティはどれも楽しいものばかりでしたし、行った先で英語を使ってしゃべる機会もかなりありました。英語を勉強しながらオーストラリアをより楽しむことができました。