オーストラリア英語とアメリカ英語とイギリス英語 (アカデミック英語)

2007-12-01 16:22:25.0

こんにちは。いつもたいへんお世話になっております。 前回のニュースレターには「おもしろかった」というコメントを多々いただき、 非常に調子に乗っている私です。気のせいかお肌の艶も良いみたい。 さて今回は、 私共のアカデミック・イヤー・プログラムについてご案内いたします。 J?SHINEばっかり案内してきた私の偏ったプロモーションのため、 あまり知られていないみたいなのですが、 実は長期留学希望者向けの、とってもお得で好評なプログラムを開講しています。 詳しくは添付の案内をご覧いただきたいのですが、ポイントは: アカデミック・イヤー・プログラム 1)23週、33週、46週 の中から選べる 2)期間中に、手配料なしでインターンシップがフルタイムでできる 3)GE、EAP、ケンブリッジ、IELTS、を自由に選択 4)通常の長期垂オ込みよりも、さらに料金がお得な上、無料で公式テストが受験できる 5)週20時間までならアルバイトができる上、都会のシドニーならバイト先も豊富! という訳で、4月21日からスタートのアカデミック・イヤー・プログラムを是非

「お金がない?」と言う方には、「時給の良いシドニーでバイトすれば良い!」

実はUECは、長期留学生に向いている学校なのです。その点も是非お忘れなく! ところで私は昨日で、ちょうどオーストラリアに移住して丸7年になりました。 ワーホリや学生は経験せず、いきなりサラリーマン生活を開始したのですが、 実は私、英語は随分昔にアメリカで学んだのです、オレゴン大学のAEIで。 英語コース1年+大学2年でトータル3年いました。 しかし大学まで行ったものの、どうしても「英語がものになった」という気がせず、 結局すごすごと日本に戻ってしまいました。 苦手だったんです、あの巻き舌アメリカ英語が! 「ワーラー」「ベラー」 (Water, Better ) と言ってるつもりが、通じない事も多くて落ち込んだものです。 縁があってオーストラリアに来ることになった時も、「また英語か・・・嫌だな。通じないだろうな。」 と思っていたのですが、実際に住み始めてみると、これが以外と通じるではありませんか! Water はウォーター! Better はベター! 読んだとおりに言えばよい! まるで気分はマイ・フェア・レディのオードリー・ヘップバーン! “The rain in Spain stays mainly in the plain!” (マニアックですみません) 「最初からオーストラリアに来ておけばよかった・・・」とマジで後悔しました。 未だに「オーストラリア英語は訛ってる」という先入観を持っている人が日本には多いですが、 「日本人にとって発音しやすい英語」として入っていくのもいいと思うのですが。 しかも、オージー英語をマスターすると、アメリカ英語もイギリス英語もどっちも分かるようになるからお得! という訳で、アカデミック・イヤー・プログラムを宜しくお願いいたします。 では皆さん良い週末をお過ごしください??

新井忍 Shinobu Arai Marketing and Recruitment Global Village Sydney (Universal English College) Level 12, 222 Pitt Street Sydney NSW 2000