オーストラリア留学の相談・ご質問は無料!(電話は10~15時受付)free0345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

アビリティーイングリッシュ(アビリティエデュケーション) シドニー校

Ability English (Ability Education)_Sydney

 

学校担当者 Jaroslavさん

ABILITYは国際色豊かで、日本人率も少ないので、留学気分を存分に味わっていただけます。 英語を勉強する抜群の環境で、満足度も100%です! 海外生活では何かと不安や心配事もあるので、気軽に相談にのれる雰囲気つくりも重視しています。 いつも仕事では笑顔と元気をモットーにしていますので、何かお困りの際には気軽に声をかけていただければと思います。

卒業生の口コミ/体験談

口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを書く

オーストラリア留学無料エージェントのラララ・オーストラリア
平均評価:  
 2 件の口コミ

確実に自分の英語力を上げていける学校 Yoshikoさん

私がシドニーについて最初にしたことは、クラス分けテストです。 受付は日本人がいるときといないときとがあるので、さっそくのハードルでしたが、これから日常で使うのだからと、 私は日本人の受付さんがいても英語で話そうと決めました。 話を戻して、 テストの最後はスピーキングでした。そこで、自分の学習目標をちゃんと英語で言えたことはその後、大きく役立ちました。 面接官は私についてのシートを持ちながら話をし始めました。



What does your plan after Ability English?



これは今後、ずっと自分に問いかける大事な質問になりました。 なぜなら、私はこの学校からダイレクトにACNT専門学校に行かねばならないビザだからです。 そのために、この学校のEAPコースを終了する必要がありました。



ところが、クラスはINTERMEDIATEからスタート。始まって初日が月曜日だったので、テストがありました。 自分のレベルでは後どれくらいがんばったらEAPコースに届くのか、一気に不安になり、スクールカウンセラーのパットに問い合わせました。



結果的に、スクールカウンセラーが持っていた情報はとてもよい情報で、 この学校なら、EAPコースでなくても、一般英語のUpper Intermediateレベル終了でもダイレクトでは入れる、 ということでした。ただし、私の英語理解力だけでは不安なので、lalalaさんにも相談に行きました。 このとき、日本人の現地エージェントさんであるlalalaさんがいることがとても心強かったです。





さて、話は授業内容に戻ります。



この学校は毎週月曜に先週習ったグラマーのテストがあり、 入学テストの二日後になんとクラス昇格テストがあるとのことでした。 この学校では、週一回のテストと先生の推薦でレベルが変更できます。



私は、クラスの先生と話すときも、ACNTにダイレクトで行きたいことを発言しており、クラスの先生に相談していました。 スクールカウンセラーに相談したらいいといってくれたのはクラスの先生でした。 Upperレベル終了でもいけることを先生に報告すると、 「あなたをちょうど、来週からUpperに推薦しようと思っていたから、もう大丈夫ね!」 っていってくれました。





この後、Upperのまま残るか、EAPに行くべきかの選択で悩むことになります。 というのも、EAPにはコースが二つあり、Preparation(EAP準備科)と Articulacy (本科)の2レベルができていたからです。 どちらのコースもテストをパスしないと行けませんが、先生が言うには、もし準備科だったら、Upperレベルよりも内容が簡単でつまらないという生徒が多いと聞いたからです。





What is your priority?



これも、今後常に自分に問いかける質問になりました。 英語ができるようになりたい、英語を仕事のツールにしたい。 でも、どのスキルが本当に必要なのか? 私の目標にする専門学校ではプレゼンテーションがあるそうです。





ここでまた、スクールカウンセラーのパットと相談することになります。 彼女はとても忙しい人で、なかなか連絡が取れませんでした。 ただ、待ってるだけでは答えはもらえない。多少嫌がられても、うっとうしがられても、あたしだって次の身の降りや勉強の目標をもっと明確にして授業を受けたい。無駄に時間を使いたくない。 ということで、レセプションを通さずに、何度かオフィスに乗り込んでカウンセラーを捕まえたりしました(笑)





きっといやだったろうけど、かおりさんもパットも、先生方も、辛抱強く私の英語を聞き、何度も繰り返し説明してくれたり、専門学校に掛け合ってくれました。 石橋を五万回くらいたたいてからじゃないと進めない私の性格でも、この学校のスタッフは「仕事だからネ」といっては相手してくれます。本当に相談しやすいです。





おっと。Intermediateの授業内容を報告しなくてはいけませんね。





結局、Intermediateには2週間いました。その間にspeakingの先生が一度変わりましたが、 どの先生も何とか発言させようといろんなスキルを持っていました。 テキストをした後は、必ず、クラス全員を立たせて、ゲーム形式で文法を使った会話練習(アクティビティ)をします。 最初は子供の授業みたいで恥ずかしかったですが、クラスの雰囲気もよく、みんな英語がうまくなりたいので、 なんとか発言しようと参加型で盛り上げてました(笑)





一週目の最後にはUpperに推薦するからねといってくれたSANDORA先生は、ポイントを絞ってグラマーを教えてくれるので、 その日のゴールも明確で、復習もしやすかったです。





入ってすぐ2,3日は、同じIntermediateなのに、クラスメートたちの流暢な英語に圧倒されて、なかなか発言できませんでしたが、 一週目の水曜日には慣れ、どんどん質問し、先生の言い方をまねたり、ほかのクラスメートの質問の仕方を書きとめて、使ったり、ほかの生徒が答えた内容と同じことを被せて発言したり、積極的に発言するように心がけました。





すると、一週目の金曜日にはUpperへ推薦するという話が出て、 二週目の真ん中には「You are a walking dictionary!!」とクラスメートに皮肉られるようになり、 三週目のUpper生活が始まりました。Upperでは、さらにspeakingの壁にぶつかります。 Interとの違いは、発言する生徒の英語が正しい文法で、さらに長いセンテンスであるところでした。 質問する内容も、「What?」や、単語の語尾をただ上げるだけではなく、 「?だと思うんですが、何が違いますか。」とちゃんと言うのです。当たり前なんですが、これがなかなか言えなかった。





この後、EAPコースへ移ることに決めたので、Upperには一週間しかいませんでしたが、この学校は、確実に自分の英語力を上げていける授業をしてくれると思いました。





そして、下手な英語でもなんでも、自分のゴールやしたいこと、不安だと思っていること、疑わしいことをどんどん訴えると、 それだけ情報も集まってくるし、とても大事なことだと実感しました。 やりたいことを発信していると、情報がやってくるんです。 そして、掴めるかどうかはそのときの運です。

アビリティを選んで良かった! A.Kさん

ビジネス英語のクラスは1クラスなんですけど、日本人の方が私以外に2人いて、あとは本当にフランス、イタリア、スペインなどヨーロッパの人たちやブラジル、韓国の人もいて国籍が豊富で選んで良かったって本当に思いました!!

授業はちょっと難しそうですが、負けずに楽しみながら頑張りたいと思います!

この学校に興味をもったら...

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

あなたにおすすめの他の学校

インパクト・イングリッシュカレッジ・ブリスベン校

インパクト・イングリッシュカレッジ・ブリスベン校

$350/週~

徹底した母国語禁止と個々人の学習ケアが万全です! 2015年7月に新しく開校したばかりの語学学校です。卒業生からの高い評価のある英語学校で、全豪でもトップレベルのイングリッシュオンリーポリシーを徹底している学校です。
EC(エンバシーイングリッシュ) シドニー校

EC(エンバシーイングリッシュ) シドニー校

$319/週~

質の高い講師や国際色、選択クラス共に充実、定評のある大手語学学校です! 学校内にはパソコンルームや自習室、図書館、コモンエリア等設備に優れています。高い講師の質を誇っており、一から徹底的に英語を学ぶことが出来ます。
イングリッシュ アンリミテッド シドニー校

イングリッシュ アンリミテッド シドニー校

$210/週~

20年以上の歴史がある、オーストラリア政府公認の学校で、質が良い教師が揃っていることで評判です。英語コースは、生徒の目標に合わせた多彩なコース展開がされており、それぞれ目標を持ったモチベーションの高い生徒が学んでいます。
インターナショナル・ハウス・ブリズベン・エーエルエス

インターナショナル・ハウス・ブリズベン・エーエルエス

$200/週~

コースやプログラムが豊富で、自分の目的に合わせたコースを見つけることができ、またやる気のある学生にはより多くの学習サポートが出来るよう、サポートシステムが充実している学校です。また、日本人のスタッフに英語学習のアドバイスをもらったり、留学生活での相談などもすることが出来ます。