オーストラリアの大学制度完全ガイド。海外大学希望の方必見!


オーストラリアの大学制度は各オーストラリアの州の教育委員会、連邦政府、オーストラリア大学理事会によって制定されておりかつ厳しく管理されています。そのため国全体の大学教育や専門分野に対する教育制度が充実しており、留学生も数多くオーストラリアの大学で就学をしています。

オーストラリアの大学へ入学するためには

オーストラリアの大学制度と日本の大学制度との大きな違いは、オーストリアには各大学ごとの入学試験というものが存在しないという点です。日本ではセンター試験というものや大学ごとに独自の入試試験を設けています。

 

しかし、オーストラリアの大学制度では各州ごとに卒業統一試験を受け、その結果をもとに希望大学に申込をします。(※クィーンズランド州を除く。)

 

上記の制度を元に大学へ進学する事が出来る対象は現地のオーストラリア人高校生、またはオーストラリアの高校に留学し、そのまま大学進学を目指す留学生の場合です。

 

日本の高校を卒業し、オーストラリアの大学へ進学を目指す場合や、日本の大学からオーストラリア大学に編入をした場合、または日本の大学を卒業後社会人経験を経てオーストラリアの大学に進学を目指す場合は各大学の留学生受け入れ制度に合わせて進学をします。

 

難関大学に進学するにはファウンデーションプログラムにまずは入学する必要がございます。ファウンデーションプログラムについての詳細は以下をご覧ください。

オーストラリアに大学進学!ファウンデーションプログラムとは!?

留学生がオーストラリアの大学進学するためには一定の英語力が必要になりますが、教育制度が充実したオーストラリアで留学することはとても貴重な経験になるでしょう。

留学生がオーストラリアの大学に入学するまでの流れ

志望大学(語学学校)の決定と入学条件を確認

申請に必要な書類の準備

学校に願書を提出

学費の支払い

ビザ申請に必要な書類の準備

ビザ取得

入国(入学)

オーストラリアの大学入試制度

オーストラリアの高校から大学へ進学を考える場合は、オーストラリアの大学入試制度をよく理解しておく必要があります。

 

オーストラリアの大学入試は大学毎のテストはなく、州毎に決められている卒業統一試験を受験します。この試験で受験する科目に規定はないので、自分の得意な科目を選択し、受験をする事が可能です。

 

自国にて高校を卒業した留学生がオーストラリアの大学に出願をする場合は、上記のような入試制度を受けることはありません。

 

留学生に求められることは、英語力と学歴になり、大学によってはエッセイの提出などを求められることがあります。

オーストラリアの大学の学期制度

オーストラリアの大学は文系では通常3年間、理系では4年間から6年間で卒業できるように制度が組まれています。また、オーストラリアの大学は基本的に2 学期制度がとられています。期間は2月末から6月末までが前期(1学期)、7月末から11月末までが後期(2学期)となります。

 

長期休みの期間は州や大学によりにより異なりますが、基本的に6月末から7月末までがウィンターホリデー、11月末から2月末までがサマーホリデーとなります。オーストラリアは南半球に位置しており季節が逆になるため長期の休みの名称も日本とは逆になります。

 

留学生はこの長期休暇制度を利用しアルバイトをして学費をまかなう人が多いです。

オーストラリアの大学を卒業するまでの教育制度

オーストラリアでは大学卒業まで下記のような教育制度をとっています。オーストラリアの教育制度はイギリスの教育制度お手本にして作られています。

小学・中学・高校

日本オーストラリア教育課程名
小学1年Year 1
小学2年Year 2
小学3年Year 3初等教育(小学校)
小学4年Year 4義務教育課程
小学5年Year 5
小学6年Year 6
中学1年Year 7
中学2年Year 8前期中等教育(中学)
中学3年Year 9義務教育課程
高校1年Year 10
高校2年Year 11後期中等教育(高校)
高校3年Year 12進学準備課程:各州の統一卒業試験

大学・大学院

Bachelor Degree 学士号
Honours Year Graduate Certificate Graduate Diploma
Masters Degree 修士号
Doctoral Degree 博士号

 

オーストラリアの教育制度は、世界的に高いレベルを持ち、そのため留学生も大学留学からではなく、オーストラリアの高校からまたはオーストラリアの中学校へ留学など、幼いうちから親がオーストラリアへ子供を留学させるケースも増えてきています。

 

グローバルな人材になるために早い時期からオーストラリアへ留学に行くことも、将来の選択肢の一つと言えるでしょう。

 

オーストラリアは語学留学、高校留学、大学、大学院留学と、留学生にとって幅広い進学先の選択が可能な国の一つですので、留学先の国としてお勧めです。

オーストラリアの大学と日本の大学の制度の違い

オーストラリアの大学は日本の大学より1年短い3年間で卒業することが可能です。オーストラリアの大学制度は日本の大学のように一般教養科目(日本の大学1,2年生で勉強すること)は行われないような制度が形成されています

 

なぜならオーストラリアではこの一般教養科目の制度はYear11、Year12(日本の高校2,3年)ですでに勉強するためです。そのため日本の高校からオーストラリアの大学に直接入学を目指す場合は、一般教養科目を勉強するためにファンデーションコースというものを受講する必要があります。

 

オーストラリア大学ランキング

まとめ

オーストラリアと日本の大学生制度の違いをご説明しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ラララオーストラリアではオーストラリア全土の大学をご紹介しておりますので、進学に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング予約フォーム

佐野まさみ

私はメルボルンのHolmesglenというTAFEに交換留学していました。その後、バンクーバーで語学学校に通い、バリスタとして働きながらワーキングホリデーをしました。ホテルやチャイルドケアセンターでの勤務経験もありますので、ホスピタリティ分野に興味のある方のサポートもしたいと思っています

カウンセラーに質問