オーストラリア留学の相談・ご質問は無料!free0345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

The University of South Australia

南オーストラリア大学

ラララオーストラリアは南オーストラリア大学の公式出願窓口です。

  • フレキシブルな学習環境を提供している
  • 留学全体の費用を抑えることができる
  • 世界中の2,500ものの企業とのネットワークを駆使している
南オーストラリア大学は、1856年に設立された南オーストラリア芸術学校と1889年に設立された鉱山産業学校が1991年に合併されて誕生した公立大学です。南オーストラリア州No.1の大学規模・就職率・学生満足度ということで有名です。また、アボリジニ先住民研究学部を、オーストラリアの大学で初めて創立した大学とも言われています。キャンパスが全部で4つあり、シティウェストキャンパスとシティイーストキャンパスはアデレード市内にあり、マジル、モーソンレイクキャンパスは南オーストラリア州内に点在しています。2022 QS世界の大学ランキングでは326位に、2021年 QS世界の創立50年以下の大学ランキングでは29位にランクインしており、世界の大学トップ3%に属しています。学生総数は約34,000人ほどで、留学生は6,000人以上います。1999年以降、4度Australian Awards for University Teachingを受賞していることからも、教授陣のレベルの高さがうかがえます。

①Study On Demandによる最先端のオンライン学習環境の提供

南オーストラリア大学は100%オンラインで学習できるコースを70以上提供しています。更には、フルタイムかパートタイムでの学習形態、対面式での授業とブレンドするかどうかといった選択をすることもできます。世界トップレベルの教育をいつでもどこでも受けることができる上に、あなたの生活スタイルに合わせた学習環境を選べるのは魅力的ですね。

②お得な学費と生活費

入学前の成績優秀者は1年間の授業料が25%免除、または卒業まで50%免除となることがあります。また、学費全体を見ても、オーストラリア国内の他の大学と比べて、年間50-70万円ほど安くなっています。アデレードの物価は、シドニーやメルボルンといった大都市と比べても低いため、留学全体の費用が抑えられることになるでしょう。また、一部学部を除いて、入学条件である英語の試験がIELTSのオーバーオール6.0と、他大学と比べて低いので、ファンデーションコースを活用しなくて済むかもしれません。

③卒業生ビザでオーストラリアに3年間滞在できる

地方都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン以外の都市)にある大学を卒業すると、卒業生ビザを取得する際に1-2年長く滞在することができます(2022年現在)。また、永住権を申請する際に、ビザによっては、地方都市ポイントが加算されることもあるので、有利に働きます。卒業後も、オーストラリアに住みたいと考えている方にとって、これは非常に魅力的なポイントであることでしょう。

④世界中に広がる就職ネットワーク

南オーストラリア大学は、サムスンやネスレといった世界中の2,500以上ものの一流企業とネットワークがあり、学生をインターンシップやプロジェクトに参加させて、実務経験を積ませています。このような広大なネットワークのおかげで、上記にもありますが南オーストラリア州内の大学での就職率はNo.1, 2020年の雇用者による採用満足度で国内大学トップ8にランクインしています。

⑤大学・大学院合わせて200以上もののコースを提供

南オーストラリア州最大規模の大学であるため、提供されているコースも多種多様で、豊富です。そのため、南オーストラリア内で、この大学でしか修得できないユニークなコースも多々あります。例えば、学士課程では航空学、ジャーナリズム、アニメーション、薬学、作業療法等です。修士課程では、サイバーセキュリティ、コミュニケーション、視覚効果、芸術文化等です。

⑥多種多様なサービスを提供する図書館と他大学との連携

図書館では常時様々なワークショップが開催されて、リサーチスキルを磨くことができます。無料Wi-Fiもあるので、いつでもインターネットに接続することができる上に、静かであるため、勉強するのには最適な場所です。そして、フリンダース大学とアデレード大学にある図書館の利用と、資料の貸し出しが許可されているということもあるため、非常に便利です。

⑦世界的に評価の高いビジネス学部と法学部

南オーストラリア大学のビジネス学部はビジネスに関する教育とリサーチを認定する国際的な団体であるAACSBとEFMDに州内の大学で唯一選ばれた学部で、非常に優秀です。また、法学部については、世界の大学ランキングでトップ100にランクインしています。特に、ビジネス学部のスポーツマネジメントコースは非常に人気があります。

⑧入学しやすい

入学条件の一つである、英語の試験のスコアが他大学よりも低めに設定されているだけでなく、編入制度が多いのも特徴の一つです。本来、日本の高校を卒業した後にオーストラリアの大学進学する場合、大学準びコースであるファウンデーションコースに入学するのが一般的ですが、これ以外にもDiplomaコースなどからの編入も多く取り入れており、入学できるチャンスが高まります。

ラララは公式代理店!特別キャンペーンについてはお問い合わせください!

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

授業料

The University of South Australia(南オーストラリア大学)は1年間で$25,300 ~です。授業料の詳細は以下よりご確認ください。
授業料詳細はこちら

学校概要

学生数33,000人
国籍割合オーストラリア83%
日本人比率1%
日本人スタッフなし
学校内施設図書館
キャンパスアデレード
入学日2月,6月,10月
入学条件IELTS5.5以上

The University of South Australia(南オーストラリア大学)の動画

この学校に興味をもったら...

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

あなたにおすすめの他の学校

インパクト・イングリッシュカレッジ・メルボルン校

インパクト・イングリッシュカレッジ・メルボルン校

$350/週~

母国語禁止ルールがオーストラリアで一番しっかりしている学校です。 メルボルンの中心街に位置しているインパクトでは、 1クラス平均12名、最大16名という少人数で授業を行っており、英会話中心のカリキュラムが組まれています。
アイエルエスシー(ILSC) ブリスベン校

アイエルエスシー(ILSC) ブリスベン校

$290/週~

ILSCでは、学校内とその周辺1ブロック圏内は一切母国語禁止です。 放課後に自由参加の勉強会、ワークショップを実施しています。自習ではないので講師と少人数のクラスでプラスαの学習ができます。 ワークショップは発音矯正、文法、ミュージッククラブ、読書クラブ、仕事の探し方講座、映画クラブなど多様。
レクシスイングリッシュ(ヌーサ校)

レクシスイングリッシュ(ヌーサ校)

$323/週~

学生サポートも充実、隠れたリゾート地ヌーサで穏やかな留学生活! 温暖な気候、豊富な自然に囲まれた絶好のロケーションを活かしつつ、アットホームな雰囲気の中で勉強することができます。
IH ブリズベン ALS

IH ブリズベン ALS

$200/週~

コースやプログラムが豊富で、自分の目的に合わせたコースを見つけることができ、またサポートシステムが充実している学校です。