オーストラリアにヘアドライヤーは持っていくべき?現地で買える?

オーストラリアに渡航が決まったら、渡航先に何を着よう?何を持って行こう?とワクワクするかと思います。 留学やワーキングホリデーで渡航される方の多くは実は女性なのです。 女性ならでは、これは持って行った方がいいの?どうなの?というものをピックアップしていきます。

 

女性の第一印象は髪の毛で決まると言われる程、女性にとっては大事なアイテムかと思います。よく日本のヘアドライヤーは持って行けますか?と留学準備中の方に聞かれますので、お答えしましょう!

日本のヘアドライヤーは持って行けるのか?

日本の電化製品を持参する場合は電圧を考えないといけませんね。 オーストラリアの電圧は240V、日本の電圧は100Vです。日本の電化製品で240Vまで対応していないものは変圧器が必要となります。

 

日本のヘアドライヤーの多くは変圧器が必要となりますので、現地調達される方が多いです。(海外対象で電圧が合うヘアドライヤーは利用可能です。)

ヘアドライヤーはどこで買える?

簡単に買えます!とても簡単です! どこで買えるかというと…

 

①ファーマシー(薬局)
②スーパーマーケット

 

①のファーマシーの場合は、大抵置いています。 ただの薬屋さんのような小さいファーマシーには無い場合がありますが、Priceline(プライスラインと読みます)のような大手ファーマシーで売っています。

 

②スーパーマーケットの場合は、大き目のウールワースやコールスなど大手スーパーマーケットですと売っています。小さな食料品のみのスーパーなどだと売っていないと思った方が良いです。

値段はいくらくらい?

ピンキリですが、ただ髪を乾かす、特に質にこだわらないというヘアドライヤーの場合は20ドル~30ドル(2500円前後)で買えます。 ヴィダルサスーンなどのブランドものは、50ドル~70ドル位です。

 

ただ、日本のようにマイナスイオンが出たり、天使の輪ができる~ みたいな気の利いた商品はあまり見かけません…。また、ヘアアイロンも様々な種類が売っていますので、日常使いの方はこちらも現地調達するとよいです。

正直、オーストラリアで生活をはじめると髪の毛がパサつきますので、 質のいいヘアドライヤーを持つことをお勧めします!

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問