オーストラリアの語学学校でのみんなのランチ事情!

留学やワーキングホリデーで来られる方の多くは一度は語学学校などの類の学校に通打方が多いでしょう。語学学校で設けられているのがランチタイム。

みんながどんなものをランチで食べているか気になりますよね? どんなものを持ってくるか参考までに一部ご紹介!

① 持参派(残り物)

 

前の日の残ったご飯。パスタとかチャーハン等は持ち運びやすいですね。 日本のようなお弁当箱ではなく、写真のようなタッパーに入れて持ち運ぶ方は多いですよ。ちなみに英語ではタッパーより、コンテナーと呼びます。

② 持参派(サンドイッチ)

 

オーストラリアの食パンの値段はピンきりですが、安い物で1斤1ドル、相場は1斤4ドル前後です。枚数が多く入っているので、ハムやチーズと合わせてサンドイッチを作って持ってくる方も多いです。手軽に食べれるのもいいですね!

③持参派(カップラーメン)

 

結構います。特に韓国系の学生はカップラーメンがお好きです。 学校のキッチンでお湯が使えるところが多いので、手軽なランチとしては有りですね!

④ スーパーで購入派

 

シティにあるスーパーでは手軽に食べれる軽食が多く売っています。 例えば、サンドイッチ。だいたい4ドル(350円くらい)です。 例えば、サラダ。だいたい4~7ドル(350円~650円位)です。 最近はカレーなどご飯と一緒に食べれるお弁当のようなものも売っています。

⑤ カフェで購入派

 

学校がある界隈では、カフェは点在しています。 コーヒーのみならず、サンドイッチ、ラップ、バナナブレッドなどなど軽食があります。

⑥ お店で食べる派

 

学校のランチタイムは30分~50分。悠長に食べている暇はないかもしれませんが、最近シドニーでは手軽に安く食べれるお店が増えています。 例えば、こちらのラーメン屋さん。安くて日本の麺類を楽しむことができます。 ラーメンのトッピング次第ですが、5ドル~10ドルもあれば食べれます。

 

日本の様に、コンビニ弁当が買えたり、コンビニでちょっとした軽食を変えたり、という事ができません。 日々のランチ代を考えつつ、楽しいランチタイムにしましょう!

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問