ホームステイ

ホームステイ

ホームステイ詳細は下記をご覧ください

オーストラリアホームステイ

  • ホームステイファミリーの自宅!ビーチに近い豪邸です!!

  • ベッドルーム。広々とした空間に大きなベッドが一つ、とても快適に暮らせます。

  • バスルーム。とても綺麗なシャワールームです

ホー ムステイは現地の家族と生活を共にし、様々な経験できる機会があります。 ホームステイはホテルのような宿泊施設の一種ではなく、ファミリーも単なるお客さんではなく、留学生を家族の一員として対応します。 もちろんそれぞれの家族にルールがあり、決められたルールの上で生活しなければなりません。 文化の違う人間と一緒に生活することは楽しい事がある以上に辛い事も経験しなければなりあません。 協調性を持って、相手側の習慣を理解し、分からない部分があれば、はっきりと聞くようにしましょう。 それぞれのホストファミリーは、留学生の英語に慣れているので片言の英語でも受け入れてくれる家庭です。ホームステイでは、食事は家族一緒に食べる、遅くなる場合には必ず電話を入れる、シャワーの時間は 10 分以内で使う、お部屋は常識の範囲内で綺麗にするなど、基本的なルールがあります。 また英語環境に身を置くので、留学を初めての方はホストファミリーとのコミュニケーションが重要になってきます。

はっきりと意思を伝える事が大前提になります。英語が難しくても自分が納得のいくまで話すことが大事です。
ホストファミリーは郊外に住んでいることが多いので、渡航後、通 学するのに電車、バスを利用して街まで出る事になることも頭に入れておい
た方が良いでしょう。電車の通 っていない郊外になることもありますので注意しましょう。

ホームステイ料金

アコモデーション手配料金→$315  ※ホームステイのみの手配をご希望の場合は、手配料金は、$505になります。

ホームステイ 滞在費:シングルルーム→$266/週 ※平日は、朝、晩の2食付き、 土日は、朝、昼、晩の3食付き

ホームステイへの専用、空港出迎え料金→$160/回 ※片道

オーストラリアのホームステイ

「ホームステイ」は、オーストラリア現地の一般家庭に入り、生活を共にする滞在方法になります。
ホストファミリーと呼ばれるホームステイの家族と共に生活することで、オーストラリアの生活文化に触れ、英語力を磨く機会も得られます。
オーストラリアでは以前よりホームステイ滞在に人気があり、留学生の受け入れに慣れているホームステイ先も多くいます。一般家庭の中で過ごすことによって、現地の生活環境を知ることができますので、安心・安全に生活できます。 初めてのオーストラリア生活に不安がある方でも、ホストファミリーは最初の心強い味方となってくれる事でしょう。また、ワーキングホリデー等で長期滞在する方の場合、ホームステイの家族と出会ったご縁を大切にしておくと、その後のオーストラリア生活でもアドバイスを貰えたりと、より良い交流関係を継続することができます。

オーストラリアでのホームステイの生活

1)普段のホームステイ生活習慣
ホームステイ先に到着したら、まず自分の部屋やバスルーム、リビング等の場所を把握しておきましょう。 ホームステイは基本的に1人部屋ですが、オーストラリアではあまり部屋のドアを閉めきる習慣が無いため、着替えの時や就寝時以外はドアを開けておくことをお勧めします。その他にも、各家庭には生活のルールがありますので、最初にファミリーに伺っておくと良いでしょう。また、ホームステイ先から留学先の学校へ行く方法も、基本的にホストファミリーが教えてくれますので、最寄りのバス停や駅の場所を確認することができます。 土日は、ホストファミリーが買い物や外食に連れて行ってくれる場合もありますが、仕事で忙しい家庭もあります。ホームステイはサービスの提供ではありませんので、各家庭の生活環境やライフスタイルを尊重し、あくまでも“家族の一員”として普段の生活を共にすることが目的になります。

2)ホストファミリーとの接し方
ホームステイ先で何か分からない事や、不安な事がある場合、遠慮せずホスト先に相談しましょう。 英語ができないからと言って、あまり話さないでいると心配されます。多くのファミリーは、英語に不慣れな留学生を受け入れ慣れていますので、知っている英単語を羅列するだけでも伝わる事があります。失敗を恐れず、積極的に話しかけてみましょう。普段の生活では、学校で起きた出来事やその日感じたことを話すと、会話が弾みます。 基本的な生活は一緒に住んでいる方達に合わせる必要がありますが、どうしても食べられない物や、できない事がある場合は、遠慮したりごまかしたりせず、気持ちを明確に伝えてください。あまり遠回しな表現は伝わり辛いため、YESとNoの意思表示をはっきりさせた方が、その後のコミュニケーションも円滑になります。また、お金を払っているからといって、ホテルに滞在するような感覚ではいけません。何かをしてもらった際は「Thank you」、何かをお願いする際は「Please」を付け、感謝の気持ちを伝える事が大切です。

ホームステイのルール

ホームステイ先には、各家庭それぞれの生活習慣やルールが設けられています。一緒に生活するために、事前に確認し、理解しておく必要があるでしょう。ここでは、ホームステイ先でよく見かけるルールをご紹介します。

1)門限
小さなお子様がいる家庭は、ホスト先の全員の就寝時間が早く、門限を設けている場合があります。門限は20時~21時の家庭が一般的です。帰りが遅くなる場合は、必ずステイ先に連絡するようにしましょう。

2)シャワーの時間
オーストラリアは水不足になりやすく、節水のためにシャワーの時間を制限している家庭があります。一般的には15分~20分ですので、短時間で済ませるようにしましょう。シャワーだけでなく、洗い物や歯を磨く際も、水を出しっ放しにしないようご注意ください。尚、オーストラリアは通常、バスタブにお湯を貯める習慣はありません。これには驚きますっ!

3)洗濯の回数
節水のため、洗濯の回数も限られている場合がありますので、到着した後にホストファミリーの誰かに確認しましょう。洗濯は週に1~2回の家庭が一般的です。また、毎回ホームステイ先全員の洗濯物と一緒に洗濯してくれる場合もあります。

4)夕食の時間
基本的に、夕食は毎日同じ時間帯で共に食べます。もし外食をする予定があり、夕食が不要になる場合は、事前にホームステイファミリーに連絡を入れる必要があります。

5)喫煙
オーストラリアは多くの家庭が屋内禁煙です。喫煙場所は家の庭等、屋外になりますので、たばこを吸う方は、必ず事前にホストファミリーの許可を得て確認しましょう。ホームステイではタバコは吸わない方が一般的になります。

ホームステイに含まれるもの

ホームステイ先はどんな家庭なのか、何を準備して持って行くべきか悩む方も多いかと思いますが、普段の生活用品全てをスーツケースに詰め込む必要はありません。一般的なホームステイ先での生活に含まれているもの・事柄をご紹介します。

1)食事
基本的に、平日は朝・夜の2食、週末は朝・昼・夜の3食になります。(中には食事無というホームステイのタイプもありますので、気を付けてください。)オーストラリアの食事は簡素な物が多く、朝はシリアルとフルーツ、昼食はサンドウィッチ、夕食はメインディッシュ一皿のみという家庭が一般的です。

2)個室
ホームステイ先の部屋は、基本的に1人部屋です。学校の友人等をホームステイ先に招待したい場合は、必ずホストファミリーの許可を得るようにしましょう。一般的に、異性を自分の部屋に入れる事は禁止されています。

3)リネン類
寝具やバスタオル等、生活に必要な物は基本的に揃っています。但し、歯ブラシやシェーバー、洗顔料等の小物(衛生用品)は、ご自身が普段使用されている物をお持ちください。

※インターネット利用に関する注意
ホームステイ先では、パソコンを持っている家庭も多くありますが、オーストラリアではインターネットを使用した分だけ料金が発生するシステムになっています。そのため、インターネットの使用時間に制限を設けたり、使用を不可にしている家庭もあります。しかし、基本的には留学先の学校や、公共の飲食店(カフェ等)でwifiが利用できますので、ホームステイ先ではネットの使用を控える事をお勧めします。

ホームステイ先の家族選定の際の希望

ホームステイ手配の際は、「ペットや食べ物のアレルギー」、「その他健康問題」をお持ちの場合、手配先を考慮して
ホームステイ先が選定されます。しかし、それ以外の事柄(家の立地、ホストファミリーの人種・家族構成等)に関しては
手配先が限られている事もあり、一般的に希望を出す事はできません。リクエストに沿うホームステイ先が見つかった場合は、優先的に手配される事もありますが、必ずしも全ての希望が通るとは限らず、あくまでも“リクエスト”という形になります。
オーストラリアは元々、移民の多い国です。一口に“オーストラリア人”と言っても、家族によっては様々なルーツや背景を持っています。家庭によって食事や生活スタイルも様々ですので、カルチャーショックを受ける事もあるでしょう。しかし、ホストファミリーは皆、外国人留学生との生活を楽しみにしています。生活文化や価値観の違いを乗り越え、信頼関係を築いていく事が、ホームステイでの滞在を楽しむコツです。 ラララ・オーストラリアの手配するホームステイの参考写真 続々更新中!!!

ホームステイQ&A

Q.ホームステイの期間は学校のある期間だけなのでしょうか?
A 学校の期間が終わっても、ホームステイ費を納めれば期間を問わず滞在が可能です。

Q.ホームステイのエリアは基本的にどの辺りでしょうか。
A エリアは本当に様々で、バスや電車で40分から1時間ぐらいかかる場所が多いです。シドニーのホームステイ自体の平均が学校から交通機関を使って40分前後となっています。

ホームステイに関するご相談はコチラから  ラララ・スタッフが即御回答しますっ!!