オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

オーストラリアの生活では、一体どれくらいの生活費が掛かるの?というご質問をよく聞きます。オーストラリアは日本に比べると物価が高いと言われがちですが、逆に日本よりも費用が抑えられる生活費もあります。

 

ここでは、オーストラリアの生活の中でどのような生活費が必要で、生活費の平均と費用を抑えた生活スタイルでどれくらい掛かるのか、例を挙げてご紹介します。

yukomarket - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

目次

◆オーストラリア生活にかかる費用の比較

 

◆オーストラリア生活にかかる各項目の費用一覧

 

◆オーストラリアの物価について

オーストラリア生活にかかる費用の比較

生活費用は生活スタイルや職業によっても大きく異なります。工夫すれば生活費用は大きく抑えることも可能です。下記に平均の生活費用と費用を抑えた場合の生活費用をご案内します。

通常のオーストラリア生活費用概算 (1か月)

費用項目 金額
食費 約5万円~7万円
滞在費用 約7万円~9万円
交通費 約5,000円~1万円
携帯電話料金 約5,000円~8,000円
交際費 約2万円~5万円
合計 約15万円~22万8,000円

節約した場合のオーストラリア生活費用概算 (1か月)

費用項目 金額
食費 約2万円~3万円
滞在費用 約5万円~7万円
交通費 約0円~5,000円
携帯電話料金 約3,000円~4,000円
交際費 約1万円~3万円
合計 約8万3,000円~13万9,000円

食費は飲食店でアルバイトなどされている方であれば賄いなどで食費は節約できますし、オーストラリアは 都市部が狭いので自転車を買えば交通機関を利用することなく生活ができます。多くの部分で節約をすれば、通常かかる生活費用から2万円~5万円程度費用を抑えることも可能です!

 

ラララ・オーストラリアでは期間やビザのタイプに応じて、留学費用をまとめた「留学費用ガイドブック」を無料でお送りしています。
ご希望の方はラララオーストラリアにお問い合わせください。

skhi8 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

留学カウンセリングはこちら

オーストラリア生活にかかる各項目の費用一覧

オーストラリアの生活で必要な主な生活費の項目と具体的な金額を挙げていきます。
ここでは約1ヶ月の生活費を目安にご紹介をしていきます。

≪家賃≫

オーストラリアの滞在方法別、生活費用の一例です。 オーストラリアの地域によって多少費用は異なりますが、1ヶ月の平均的な費用をご紹介します。

<ホームステイ1か月の費用>

ホームステイ料金 1か月の滞在費用
週270ドル×4週 1,080ドル(日本円約9万1,800円)

<学生寮1か月の費用>

学生寮料金 1か月の滞在費用
週220ドル×4週 880ドル(日本円約7万4,800円)

<シェアハウス1か月の費用>

シェアハウス料金 1か月の滞在費用
週160ドル×4週 640ドル(日本円約5万4,400円)

ホームステイが割高の様に感じますが、基本的に平日は朝・夜の2食、週末は3食が付いているため、現地生活に慣れていない方はホームステイの方が全体的には安く抑えられるかもしれません。 ただ、自炊をしながら生活ができるという方はうまく節約をするとシェアハウスが一番安く抑えられます。 また、学校の生徒同士で共同生活をしてみたいという方は学生寮が良いですが、滞在費用は少し割高になっています。

 

skhi2 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

≪食費≫

オーストラリアで毎日自炊をする場合は、1ヵ月あたりの食材費として平均約2万円~3万円程になります。オーストラリアは、大手のスーパーマーケットが チェーン展開しているため、食料品の買い物には便利です。また、商品の値段が地域によって大きく異なる事はあまりありません。

 

アジア系のスーパーマーケットでは醤油や味噌などの調味料や日本のお米、インスタント食品、お菓子など、日本の食材も手に入りますが、日本で購入するよりかなり割高になっています。逆にオーストラリアで外食をする場合は1食あたりだいたい700円~1500円はかかり、ディナーになると1食2000円程度かかりますので、食費を抑えたい方は外食を控える事をお勧めします。

【1ヶ月あたりの食費の一例】

参考費用例>> ランチを週3回、ディナーを週1回しその他は自炊する場合

食事方法 1か月合計
自炊(食材の買い物を週に1回)
40ドル(1回の買い物)×4週
160ドル(日本円約1万3,600円)
ランチ(週3回)
7ドル×12回
84ドル(日本円約7,140円)
ディナー(週1回)
20ドル×4回
80ドル(日本円約6,800円)
合計金額 324ドル(日本円約2万7,540円)

 

skhi3 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

≪交通費≫

交通機関を利用する場合は交通費(運賃)が発生します。交通機関と移動距離によって料金形態は異なりますが、シティの中心付近なら1か月あたり4,000円~5,000円、郊外なら1か月あたり6,000円~1万円程が相場です。

 

オーストラリアは日本の様に細かく駅ごとに料金が定められているわけではなく、距離に応じてZONE(ゾーン)というグループで分けられており、ZONE(ゾーン)ごとに料金が設定されています。

 

シティから近いエリアはFREE ZONE(フリーゾーン)と呼び、無料でバスなどを利用することができます。また、日本のSUICA(スイカ)やICOCA(イコカ)などのように各都市でICカードが発行されているので、カードを購入しておくと便利です。

FREE ZONE MAP(フリーゾーンマップ)

skhi4 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

ICカード シドニー

skhi5 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

≪携帯電話料金≫

オーストラリアも日本と同様にいくつかの通信会社があり、携帯電話を契約することができます。

プランによって費用は異なりますのでそれぞれのプランの料金の一例をご紹介します。またポケットWiFiなどを利用するとパソコンやタブレットなど、日本から持ち込んだ電子機器でも通信可能です。

【料金プラン】

機体持ち込みで契約をした場合
月々 約50ドル

機体レンタルした場合
月々 約60ドル

【パソコンなどでインターネットを利用したい方】

ポケットWiFi
月々 約50ドル

また、日本と比べて街中に無料のWiFiスポットが多いため、特定の場所であれば無料でインターネットを利用することもできます。

 

skhi6 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

≪交際費≫

生活をするために絶対に必要な費用という訳ではないですが、留学生活中に友達と出かけたり、観光をしてみたり、カフェやレストランで食事をしたりと、ある程度は交際費がかかってくると思います。それぞれの参考費用をご紹介します。

項目 金額
カフェで休憩 5ドル~6ドル(日本円約400円~500円)
レストランで食事 20ドル~30ドル(日本円約1,600円~2,500円)
バーでお酒を1杯飲みにいく 8ドル~10ドル(日本円約700円~850円)
映画を観に行く 12ドル~15ドル(日本円約1,000円~1,300円)

交際費なので生活のスタイルや趣味などによって個人差はありますが、一般的には1ヶ月で2万円~4万円程度で抑えている方が多いようです。

 

skhi7 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

ラララ・オーストラリアでは期間やビザのタイプに応じて、留学費用をまとめた「留学費用ガイドブック」を無料でお送りしています。ご希望の方はラララオーストラリアにお問い合わせください。

 

skhi8 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

オーストラリアの物価について

オーストラリアの物価は日本と比べてそれほど変わりはありませんが、物によって日本より高いものや安いものがあります。ここでは商品別のリストを見ながら、日本とオーストラリアの値段の違いを比べてみましょう。

≪飲料類の価格の違い≫

 

skhi9 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

オーストラリアは日本と比べると1度に買い物をする量がとても多いので、ジュースやビールなどは箱でまとめ買いをします。

 

そのため1本あたりの金額は日本よりも安くなっています。 また、オーストラリアは世界的にも有名なワインの産地が多く、日本にも輸出をしている程なので、美味しいワインが安価で手に入ります。

商品名 日本の値段 オーストラリアの値段
ジュース24缶 2,000円 16ドル(日本円約1,300円)
ビール24本 6,000円 40ドル(日本円約3,500円)
ワイン1本 1,500円 5ドル(日本円約400円)

≪農作物の価格の違い≫

 

skhi10 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

 

日本でも有名なオージービーフをはじめ、オーストラリアは農畜産物が有名な国です。特に肉に関しては日本と比べるとかなり安くなっています。また、フルーツや野菜も日本よりも比較的安く購入できます。

 

商品名 日本の値段 オーストラリアの値段
りんご 150円 50セント(日本円約40円)
ステーキ肉 2,500円 7ドル(日本円約600円)

≪生活用品の価格の違い≫

skhi11 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

シャンプーや洗剤、トイレットペーパーなど、洗面用品に関しては日本よりも少し高く感じるかもしれません。また、商品の質においても日本製品には及ばないため、どうしても使い慣れている物などがある方は日本から持参しても良いでしょう。

商品名 日本の値段 オーストラリアの値段
シャンプー100ml 600円 8ドル(日本円約680円)
トイレットペーパー12個 400円 7ドル(日本円約600円)

≪スナック類の価格の違い≫

skhi12 - オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

お菓子などの軽食類の値段に関してはそれほど日本と変わりがない様に感じます。また、マクドナルドのセットメニューの値段を比べてみてもそれほど日本とオーストラリアで値段の差はありません。

 

よく海外のファーストフードはサイズがかなり大きいという話を聞きますが、オーストラリアの場合はサイズも日本と同じくらいになっています。

商品名 日本の値段 オーストラリアの値段
ポテトチップス 150円 2ドル(日本円約170円)
マクドナルドのセット 500円 6ドル(日本円約500円)

全部でどれぐらい留学費用が必要なのか気になるという方は、ラララオーストラリアにお問合わせください。

 

オーストラリアへの留学を考えている方にとって生活費は留学費用にとても大きく関わってくると思います。

 

ラララ・オーストラリアのカウンセラーは長期間オーストラリアへの滞在経験がある方ばかりなので、実際のオーストラリア生活の様子や節約術、アルバイトの収入など、様々な現地情報をお話させていただくことが可能です。

 

オーストラリアの生活費について、もっと詳しく知りたい方はラララ・オーストラリアまでご相談ください。