オーストラリアで風邪。パナドールって何??

6月から8月は冬です。外気が冷たいですし、風邪を引く方が一気に増えます!オーストラリアで風邪ひいたらどうしましょう? 対処法を見てみましょう!

留学・ワーホリで来ている方にオススメの対処法

① 海外旅行保険を使って病院へ行く!

海外旅行(留学)保険が適応する病院(GP→注釈1)で診断を受けましょう。 海外旅行保険が使える病院(GP)によっては お薬やのど飴まで保険でカバーされます。 都市によっては日本語で対応してくれる病院や日本語が話せるドクターがいる病院もいますので、入国したらどこにGPがあるか確認しておきましょう!(※GPとは・・General Practitioner(一般開業医)の略で、ジーピーと言います。)

忙しい方や、現地の方の対処法

② パナドール服用!

個人的見解ですが、オーストラリアの方や長く住んでる方はすぐに病院に行く方の方が少ないかと思います。オーストラリアの常用薬と言えば、パナドール(Panadol)!要は鎮痛剤です。

悪寒がしたらパナドール、 熱が出たらパナドール、 頭痛にパナドール、 腹痛や嘔吐にパナドール、 歯痛もパナドール、とにかく何でもかんでも老若男女パナドールなのです。

 

驚いたのが出産前の陣痛時もパナドールを服用せよ!というくらいパナドールなのです。なかなか即効性はありますよ!

 

オーストラリアに到着したらまず手元に置いておくと良いでしょう。 薬局でもスーパーマーケットでも売っています。

 

ホームステイ、シェアハウスなどの滞在先や、オーストラリア全土の語学学校・専門学校のご相談はラララオーストラリアまで!

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問