ワーキングホリデービザでしっかり勉強し、アルバイトに生かしたい方の留学費用・見積もり例

Point

ビザ:ワーキングホリデービザ
プログラム:17週間(4か月)一般英語コース

今回の留学目的

A子さんは現在都内でOLとして働く25歳の社会人です。 学生時代から海外留学にあこがれていましたが、仕事や費用の面でなかなか実現しませんでしたが費用がある程度確保でき、 年齢も20代後半に差し掛かったことをきかっけにオーストラリアへワーキングホリデービザでの留学を決めました。

 

オーストラリアではアルバイトを様々な国の友人を作ったり、アルバイトをしながら収入を得て現地生活の足しにしたいというプランが希望です。英語力があまり高くないので、アルバイトができる英語力になるために、ワーキングホリデーで通える最大期間の4か月間(17週間)語学学校で英語の勉強をし、 最初1か月はホームステイをする予定です。アルバイト数が豊富なことと、インフラや交通網が整っている点から都市はシドニーに決めました。 

一般英語に関して

滞在方法に関して

語学学校4か月(17週間)とホームステイ1か月(4週間)した場合の参考費用

合計:4,685ドル(約38万円、1ドル83円計算)

項目期間料金
語学学校入学金100ドル
語学学校授業料17週間2975ドル
教材費55ドル
ホームステイ手配料金315ドル
ホームステイ滞在費用4週間1080ドル
空港出迎え料金160ドル
合計金額4685ドル

今回の費用計算、ここがポイント!

ポイント1

シドニーやメルボルンなどのメジャー都市は学校数が多いことが特徴です。 費用も抑えた学校も多いので学校の費用を抑えたい方はある程度知名度がある都市がおすすめです!ラララオーストラリアではオーストラリア全主要都市で学校のご案内が可能です。

ポイント2

学校は通う週数により週当たりの費用が変わります。なるべく長く通われると 週当たりの金額がぐっと下がりお得です。ラララオーストラリアでは最新のキャンペン情報などもご案内しています!

もっと費用を抑えるためには!

お仕事した場合は、かなり安くなります!

32週間(8か月)アルバイトをした場合9600ドル(約80万円、1ドル83円計算)稼ぐことができます。

 

※時給15ドル×1日5時間で週4日働いた場合

項目期間料金
アルバイト収入32週間9600ドル
合計収入金額9600ドル

ワーキングホリデーはこんな方におすすめ!

  • しっかりと英語力を身に着けた後アルバイトをされたい方

  • なるべく費用を抑えて渡航したい方

  • 勉強と仕事や遊びを両立させたい方

ラララオーストラリアでは海外生活豊富なスタッフが現地の細かい費用や抑え方、 アルバイトなどに関してもサポートしています。詳細は無料相談よりお問い合わせください。

佐野まさみ

私はメルボルンのHolmesglenというTAFEに交換留学していました。その後、バンクーバーで語学学校に通い、バリスタとして働きながらワーキングホリデーをしました。ホテルやチャイルドケアセンターでの勤務経験もありますので、ホスピタリティ分野に興味のある方のサポートもしたいと思っています

カウンセラーに質問