オーストラリアについての情報は公式サイトから!大使館・州政府 オーストラリア留学

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
オーストラリア留学ホームオーストラリア留学情報一覧 > オーストラリアについての情報は公式サイトから!大使館・州政府

オーストラリアについての情報は大使館・州政府公式サイトから!

日本の中にあるのに外国として扱われる大使館や領事館は、日本に居住する外国人のサポートや、設置国との日本窓口の役割を果たします。

日本のパスポートを所有している方は、ほとんどの国へビザなしで観光目的の渡航をすることが可能ですが、 留学や仕事をするためにビザを取得する必要があるときに、大使館を訪れることもあるかと思います。

大使館は国交が結ばれている国に職員を派遣し公務を行うところであり、国と国の友好の証でもあります。

日本と友好が深いオーストラリアは東京に大使館を、大阪、福岡、札幌にそれぞれ領事館を設置しています。

この記事では在日オーストラリア大使館の業務内容や、オーストラリア関連情報について紹介します。 これからオーストラリアを訪れる予定の方、オーストラリアに住んでいたことがある方にとって有益な情報を多く解説していきます。

1.在日オーストラリア大使館の基本情報

大使館は通常、設置相手国の首都に置かれます。 リスク分散や国民の利便性を考慮し、首都以外の都市に領事館が置かれることもあります。 オーストラリア政府は東京に大使館を、大阪・福岡・札幌にそれぞれ領事館を設置しています。

1-1.目的

在日オーストラリア大使館は、オーストラリア政府の代表として日本に住むオーストラリア国民のサポートが主な業務です。 オーストラリアの日本窓口の役割を果たしており、日本の政府関係者とオーストラリア大使館関係者が協議をしたりと、オーストラリアと日本の架け橋の 役割も果たしています。

1-2.大使

現在の在日オーストラリア大使は2017年2月に着任したRichard Court (リチャード・コート)氏です。 Richard Court氏は西オーストラリア州出身の政治家で、日本との関係強化への活動を評価され2008年に旭日重光章を受章しています。

1-3.歴史

オーストラリア大使館は東京都三田の13,000平方メートルの敷地にあり、1940年に蜂須賀家が所有していた英国風の建物を公使館と借用、 1952年に敷地を購入し現在に至ります。 現在の在日オーストラリア大使館の建物はオーストラリアを代表する建築設計会社であるDenton Corker Marshall Pty Ltd.によってデザインされたものです。

1-4.場所

1-5. 在日オーストラリア大使館ホームページ

https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/home.html

2.在日オーストラリア大使館を訪れる

2-1.ビザ申請のために

観光や留学の際に必要なビザを申請するために大使館を訪れることがあるかと思いますが、基本的にビザ申請のためにオーストラリア大使館を訪れることはありません。
オーストラリアへの入国は事前に登録したパスポート番号などの情報を照会して管理されるため、 ビザ申請は基本オンラインのみで行われます。 短期滞在のためのETAS、長期留学のための学生ビザ、ワーキングホリデービザは全てオンラインでのみ申請可能です。 その他、パートナービザなどもオンライン申請可能ですが、一部のビザはオンライン申請を受け付けておらず、 必要な書類を在韓国オーストラリア大使館へ郵送する必要があります。

2-2.認証サービス

オーストラリア当局へ提出する書類の正当性を証明するために在日オーストラリア大使館もしくは領事館を訪れることがあります。 例えば原本証明のコピーが本当に原本のコピーであるかを証明するスタンプを押してもらったり、宣誓供述書への署名立会いをしてくれたりします。 日本でオーストラリア人と結婚する場合、日本の役所にオーストラリア人の婚姻無障害証明書を提出する必要があります。 この際、オーストラリア大使館へ申請して婚姻無障害証明書を取得することができます。

2-3.イベントで

オーストラリア大使館は、セキュリティの都合上教育関連での訪問も基本断られてしまいます。 したがって、一般人が認証サービスなどの理由がなくオーストラリア大使館を訪れることは基本できません。 イベントなどで大使館内部に潜入できる機会があるのを待ちましょう。

3.在日オーストラリア大使館でできること・できないこと

3-1.できること

3-2.できないこと

4.在日オーストラリア大使館のホームページからオーストラリア関連情報を得る

在日オーストラリア大使館の目的として、日本との交流やオーストラリアについて広めることがあります。 したがって、大使館のホームページには政治から文化まで多くのオーストラリア関連情報が掲載されています。 日本で開催されるオーストラリア関連イベント情報も掲載されており、オーストラリアが好きな方はこちらで情報を得ることも可能です。

4-1.オーストラリア関連イベント情報を得る

在日オーストラリア大使館のホームページの上部「イベント」タブからは今後開催予定のものはもちろん、 過去に開催されたオーストラリア関連のイベント情報も掲載されています。

4-2.オーストラリア関連書籍情報を得る

イベントタブから「今後のイベント」を選択すると、オーストラリア関連書籍の情報も掲載されています。 これらの書籍の中には、オーストラリアの文化について述べた実用書はもちろん、オーストラリアを舞台に描かれた小説類も含まれます オーストラリアも本も好きという方はこ子から本を探すのも良いですね。

4-3.オーストラリア・日本の外交情報を得る

オーストラリアと日本双方に関係のある外交・政治情報は大使館ホームページの上部「ニュース」タブから見ることができます。 日豪間での閣僚会議の内容や、オーストラリアの政治家などの演説の日本語訳も掲載されています。

4-4.オーストラリアの一般情報を得る

オーストラリアの基本情報や文化などの情報を大使館ホームページ「オーストラリアについて」タブから知ることができます。 オーストラリアの地理や気候、文化についてはもちろん、オーストラリアと日本の交流についての情報もあります。 タブを開くと、「スポーツ外交」や「科学外交」というトピックがあり、様々な側面でオーストラリアと日本が交流していることを知ることができます。

オーストラリアの公式観光情報はこちらからも得ることができます。 https://www.australia.com/ja-jp

5.在日オーストラリア大使館で働く

日本人であってもオーストラリア大使館職員として働くことができます。 オーストラリア大使館ホームページの上部「大使館について」タブから「求人情報・公募」をクリックすると、英語版サイトに誘導されます。 英語に自身があるかたや、オーストラリアで留学・ワーホリ経験があるかたは大使館職員の仕事を体験してみるのも良いかもしれません。

5-1.正規職員として働く

正規職員の仕事内容としては、警備員や清掃員など英語力が必要ないものから、広報部や文化部など高い英語力が必要とされる職種まで多岐に渡ります。 特に、在日オーストラリア大使館にいる外交官などと共同で仕事をする必要がある職種では、ビジネスレベル以上の高い英語力はもちろん、 高い日本語力も要求されることが多いです。 大使館職員の給料はそこまでよくないとも言われますが、オーストラリア愛がある方は挑戦する価値があるのではないでしょうか?

5-2.インターンとして働く

大使館でインターンを募集していることもあります。 インターンでも高い英語力と日本語力が求められる上、募集人数が少なく採用されるかは狭き門ですが、 オーストラリアが好きな大学生の方は挑戦してみるのも良いかもしれません。 入るのも難しい大使館でオーストラリアの外交官と働くという経験はとても貴重な経験ではないでしょうか?

6.オーストラリアの州政府事務所・観光局

オーストラリア大使館とは少し話が外れますが、日本にはオーストラリアの各州の州政府事務所もあります。 州政府事務所は主に、その州と日本とのビジネス関係を強化や、観光を促進するために活動しています。 日本の企業に各々の州の産業や、企業を紹介するなどして貿易や投資につなげています。 大使館に比べてホームページが需実していませんが、州政府事務所でも働くことが可能です。

6-1.州政府が運営する観光ウェブサイトから詳しい観光情報を得る

7. オーストラリアの公式留学情報について知る

世界中から留学生を受け入れるオーストラリアには政府公式の留学情報サイトがあります。

留学に必要な学費や生活費はもちろん出願方法も掲載されています。

また、例えば各州の公共交通機関で学生割引が使えるかなどのように、各州での違いについても解説されており、これを見て留学先を決定する際の参考にするのも良いのではないでしょうか?

オーストラリア政府公式の留学サイトに一度目を通して、大まかに自分の留学のイメージをつかんでからから、留学エージェントなどでより詳しく話を聞くという方法も良いのではないでしょうか?

-----------------------------------------------------------------------------------------

★オーストラリア留学について興味がある方、ご質問などはラララの なんでも無料相談までお気軽にお問い合わせください♪

★留学の資料やパンフレットをご希望の方はこちらのパンフレット・資料希望フォームまで!