オーストラリア ホームステイのお土産に持っていくべきもの、持っていってはいけないもの

ホームステイ手配は、現地の日本人がしっかり手配を行っているところで紹介できます!ホームステイは、オーストラリアでも人気のある滞在方法です。ホームステイに関して、よくご質問頂くのが「ホームステイ先へのお土産を、日本から持参した方が良いかどうか?」ということです。

 

結論から言うと、ルール上決まっていることではありませんので、お土産の贈呈は必須ではありません。また、渡さなかったからと言って、マナー違反にも当たりません。けれど、「せっかくお世話になるのだから・・・」という事でこれからオーストラリアのホームステイ先にお土産を購入される方へ、お土産選定のポイントをご紹介します。

ホームステイお土産

オーストラリアホストファミリーに人気のお土産

ホームステイへのお土産は、決して高価な物を購入して行く必要はありません。空港等で販売されている安価なお土産を、プレゼントとして持って行かれる方が一般的です。その中でも、オーストラリアのホームステイで人気のあるお土産を一例としてご紹介します。

オーストラリア ホームステイへのお土産その1> 絵葉書やグリーティングカード

日本の美しい風景や、自分の地元の風景が載っている絵葉書き(ポストカード)は、自己紹介の一環として使えます。また、和柄の繊細な装飾が施してあるメッセージカードやグリーティングカードは、実際にホームステイのご家族も使用しても、部屋の飾りとしても使えますので、オーストラリア人にも人気のお土産あります。

オーストラリア ホームステイへのお土産その2> 実用品や消耗品

日本の歴史的建造物を模した置物や人形、ガラス細工の小物等をお土産とすると、オーストラリアのホームステイ先のインテリアに合わなかったり、大きさによっては場所を取るため、扱いに困る場合があります。置物や飾り物よりも、お箸や湯飲みのように、実用的な物、または場所を取らない消耗品をお土産とすると、オーストラリアのご家庭でも実用的で、喜ばれます。

オーストラリア ホームステイへのお土産その3> 民芸玩具

オーストラリア人の小さなお子様がいるホームステイ先の場合、けんだまや、ダルマ落とし等のおもちゃをお土産とすると、喜ばれることがあります。やり方を説明しながら一緒に遊ぶことによって、会話の糸口になり、ホストファミリーと楽しくコミュニケーションを取ることもできるでしょう。但し、子供が飲み込みやすい小さなものをお土産にしたり、場所を取るような大きなものは避ける事をお勧めします。

オーストラリア ホームステイへのお土産を選定する際の注意

1)オーストラリアのご家族が恐縮する?お土産の品数に注意

お土産は、ホームステイのご家族人数分を購入する必要はありません。あまり沢山、お土産を持って行くと荷物が増えてしまい、スーツケースが閉まらない・・・ということもあるでしょう。多くのプレゼントは、オーストラリアで家族をを恐縮させてしまう場合もあるため、お土産の数は1家庭に付き1つで十分と言えます。

2)オーストラリア人もため息?定番のお土産に注意

オーストラリアのホームステイ先の中には、数年前から留学生を受け入れ慣れている家庭もあります。その場合、複数の留学生から似たような日本のお土産をプレゼントされているケースがあり、自分の持参したお土産と重複する可能性があります。とあるオーストラリアのホームステイ先では、留学生にプレゼントされた扇子や日本人形がリビングに幾つも飾ってある!!!ということもありました。そのため、あまり定番の典型的な日本土産は避けた方が良いかもしれません。オーストラリアの方もお土産を見た時に、【またか、、、】となってしまうかもしれません。

3)オーストラリア入国の際に注意!食品をお土産として持ち込む時。

オーストラリアは、食品の持ち込みに関して厳しい制限を設けています。特にお菓子等の食品は、成分によっては持ち込み禁止品に指定されている場合があり、入国時に申告が必要な物もありますので、注意が必要です。

 

もしお土産をそのようなものにしようという場合は、注意してくださいっ!せっかくのお土産の気持ちも入国時に取り上げ!という事にもなりかねません。
在日オーストラリア大使館等のウェブサイトで、現行の法律を確認してからお土産を選定することをお勧めします。

オーストラリアのご家族へお土産を渡すタイミングは?

では、実際に購入したお土産を、オーストラリアのホストファミリーに、いつどのように渡したら良いのか?不安に思われる方もいらっしゃいます。
オーストラリアに到着し、ホームステイ先へ入居する時、まず自分の部屋へ案内されるでしょう。そこで、荷解きの際にお土産を取り出しファミリーへ渡す、というのが一般的な流れです。

 

しかし、到着した時にその家族の1名(例えばマザー)しかおらず、他のファミリーは仕事で不在だった場合は、ホストファミリー全員が揃う夕食時に、お土産を取り出して渡しても良いでしょう。その際、日本の習慣のように、オーストラリアの人に、「つまらないものですが・・・」と恐縮する必要はありません。それは本当につまらないものか?と受け取られかねないので注意してください。

 

お土産はモノより、大切なのは気持ちです。また、日々の気持ちを表すためには、ホストファミリーと積極的にコミュニケーションを取ることが必要になります。お土産は、オーストラリアでの生活を一緒にするホストファミリーとの最初のコミュニケ―ションのきっかけにもなります。あまり緊張せず、ホームステイ滞在の第一歩を楽しんでください。

 

ラララオーストラリアではオーストラリア全土の語学学校・専門学校のみならず、ホームステイ、シェアハウスなどの滞在先の手配も行っております以下がホームステイ先一覧ですのでぜひお問い合わせください。

ホームステイ先一覧

ホームステイ 51K

ホームステイ 51K

$290/週~

ホームステイとは現地の家族の一員として生活をすることです。ホテルやシェアハウス生活とは違い、オーストラリアの文化を感じつつ、現地にとけ込んで生活を送る事が出来ます。現地の家族(ホストファミリー)と暮らす為にはそれぞれの家庭にあるルール・習慣を理解する必要があります。
ホームステイ 91WT

ホームステイ 91WT

$250/週~

ホストファミリーは家族の一員として迎え入れてくれます。学校の先生や生徒との交流とはまた一味違う、現地ならではの生活、ルール、習慣を体験できます。ホストファミリーとの交流を通して、様々な文化的違いを理解し、楽しみましょう。
ホームステイ 62M

ホームステイ 62M

$290/週~

ホームステイとは現地の家族の一員として生活をすることです。ホテルやシェアハウス生活とは違い、オーストラリアの文化を感じつつ、現地にとけ込んで生活を送る事が出来ます。現地の家族(ホストファミリー)と暮らす為にはそれぞれの家庭にあるルール・習慣を理解する必要があります。
ホームステイ 89G

ホームステイ 89G

$275/週~

ゴールドコースト・ブリスベンの滞在にベストなホストファミリーをご紹介! ご紹介しているホストファミリーは10年来のお付き合いのある方も多く、利用された方からは「オーストラリアの母」と呼ばれるほど、留学生の方々の事を気にかけてくれます。
ホームステイ 92ZM

ホームステイ 92ZM

$275/週~

オーストラリアならではの生活体験をしたい方はホームステイがおすすめです。ホストファミリーは家族の様に受け入れ、接してくれます。ホストファミリーとの交流の中で、生活様式をはじめ、生活習慣、文化の違いを自然と学ぶことが出来ますので、現地の人々の暮らしに溶け込みやすくなります。