1年間のシドニー留学費用は「242万円」項目ごとに内訳を解説

20181201 153441 - 1年間のシドニー留学費用は「242万円」項目ごとに内訳を解説
物価の高さで知られるオーストラリア。その中でも屈指の年であるシドニーは、留学希望者の憧れの都市です。大都市なので留学費用は安くはありません。ですが、オーストラリアの留学には「現地で稼ぐ」という小技があります。

 

1年間のシドニー留学では費用は242万円になります。その内訳を以下でご紹介していきます。

1年間のシドニー留学費用合計額の目安

Point
参考費用合計
242万円~382万円

ざっくり、250万円から400万円ほどの費用が必要です。当然ですが、授業料、滞在費、生活費、保険の費用を含んだ価格となりますので、留学のためのキャリーケースやPCなどは別途費用がかかることになります。

 

400万円というと大金です。しかしながら、オーストラリアの学生ビザとワーキングホリデービザには就労許可がついています。これをうまく使えば、全額とは言わずとも、300万円以上を現地で稼ぐことができるかもしれません。

項目 金額
語学学校授業料 80万円~120万円
滞在費 60万円~120万円
海外留学保険 18万円~24万円
航空券代 8万円~11万円
ビザ申請代金 4~5万円
健康診断費用 0円
現地での生活費 72万円~101万円
合計 242万円~381万円

シドニー留学渡航前に払う費用

それでは、シドニー留学の渡航前に支払う費用の詳細をみていきましょう。

学校費用授業料は80~120万円

Point 格安語学学校: 80万円
質の高い語学学校: 120万円

 

格安語学学校は80万円

費用を抑えた留学をしたい場合に有力な選択肢となるのがこちら。1か月あたり6万円から7万円程度、1年にして80万円前後に抑えることができます。留学生が集まるシドニーでは語学学校の価格競争が起こり、格安語学学校と呼ばれる安価で入学できる学校が増えているようです。

質の高い語学学校は120万円

一方、留学中の授業の質を担保したいならば、1か月あたり約10万円、1年間で120万円程度の学校を選ぶのが良いでしょう。10万円から15万円程度がこうした学校の1か月あたりの学費の相場です。

 

総じて、最低80万円前後、最高200万円前後の授業料がかかる計算になります。

 

語学学校の授業料は、留学の費用の中でも大きい割合を占めます。それぞれの費用平均は、入学金で約2万円教科書代で1冊約1,400円が数冊となります。

滞在費用滞在費は60~120万円

滞在費は滞在方法によって異なります。ホームステイや寮の手配を学校に依頼する場合、その手数料として約2万円が滞在費とは別にかかります。

Point

ホームステイ: 120万円
シェアハウス: 60万円~70万円
学生寮: 120万円

ホームステイは120万円

ホームステイの費用は1か月あたり10万円、1年間だと120万円ほどです。一見高額には見えますが、食費が込みである場合が多いことを考えると少々安い計算になるほか、留学生の受け入れに慣れたホストファミリーとマッチすることができれば、初めての留学であっても安心できるというメリットがあります。

シェアハウスは60~70万円

シェアハウス自体の立地などによっても費用が大きく変わりますが、シティエリア内のシェアハウスにて、1部屋2人から4人で住む場合、1か月あたり5万円から6万円、1年間で60万円から70万円程度が基準となります。一人部屋を借りる場合は120万円以上かかると考えましょう。

学生寮は120万円

相場は1カ月10万円、12カ月120万円程度となり、ホームステイと大きくは変わりません。学生寮を選ぶメリットは、相部屋となる場合が多いので、他国の留学生とコミュニケーションをとる機会に恵まれることです。また基本的に学校まで近い場所にあるため、通学が楽になります。ホームステイ特有のホストファミリーのルールが存在しないこともメリットと言えるかもしれません。

海外留学保険海外留学保険は18~24万円

保険の費用は1か月で2万円前後、1年で18~24万円前後です。

OSHC

オーストラリアに学生ビザで留学する際には、オーストラリアが定めた保険会社の健康保険に入らなければなりません。OSHCと呼ばれるこの留学生健康保険の費用は、1か月あたり約4,000円(50オーストラリアドル)です。

OSHCとは?費用や補償内容まとめ

航空券代航空券代は8万円~11万円

時期によって変動します。観光シーズンの夏である12月頃が最高額の10万円から11万円程度その他の時期は8万円から9万円程度です。

パスポート代金パスポート代金

12歳以上20歳未満の場合は11,000円、20歳以上の場合は16,000円がかかります。

ビザ申請代金ビザ申請代金

学生ビザの取得の費用は約5万円($625)です。このビザには就学期間の制限がない他、学校に通っている期間に加えて1、2か月の滞在が可能です。

 

なお、オーストラリアの学生ビザを取得していると、一部の制限はつくもののオーストラリアでのアルバイトが可能になります。また、3か月未満の滞在の場合は学生ビザを申請できず、ETASという観光ビザを取得することになります。

 

ワーキングホリデービザは約4万円($485)で取得できますが、学校には17週間までしか通えません。

健康診断費用

オーストラリアへ3ヵ月以上留学する場合の学生ビザ申請には、健康診断を求められる場合があります。健康診断の種類に寄りますが5000円~20000円です。

留学エージェントのサポート費用 は0円

留学希望者の要望から、滞在先の国や、入学する語学学校などの相談に乗ってくれたり、各種の手続きを代行してくれるのが留学エージェントです。料金は有料のものもありますが、無料で利用することが可能です。コストを抑える場合、留学エージェントにかかる費用は0円とすることが可能です。

シドニー留学中に払う費用

ここからは、シドニー留学中に必要となるものの金額の目安を見ていきましょう。

Point

食費:60万円
交通費:0~5万円
交際費:12~36万円

食費は60万円

食事がセットになっているホームステイを除き、食費は1か月あたり5万円ほどかかりますので、1年間だと60万円ていどです。オーストラリアは全体的に物価が高く、毎日外食をしていては5万円を超過することも多いでしょう。なるべく自炊を行って費用を抑えていくのがおすすめです。

交通費は0~5万円

シティエリア在住の場合、自転車さえあればほとんどの場所に行くことができます。徒歩でもかなりの場所をカバーできます。郊外から学校に通う際は、1か月あたり約4,000円程度、1年間で5万円程度と考えておきましょう。

交際費は6~18万円

シドニーは物価の高い街です。友人知人と外食にいくだけでも一食1,500円程度と考えると、月1~3万円程度、1年間で12~36万円はかかると思っておいたほうが良いでしょう。

シドニー留学中に稼げる金額

現地の仕事事情

オーストラリアでも最大の人口を有するシドニーでは、求人数も他の都市に差をつけており、仕事が全く見つからないということはないでしょう。英語に不慣れな時期は日本食レストランやカフェ、慣れてきたらオフィスワークやコールセンターなど、英語力に合わせて多数の選択肢を選ぶことができます。

時給目安

オーストラリアでバイトをする場合の最低時給は23.66オーストラリアドル。なんと、日本円にして1,800円ほどにもなります。

1年間の給料

学生ビザだと173万円

学生ビザで許可されている労働時間は週に20時間ですので、もしも毎週20時間働いた場合には、1か月あたり14万円ほども稼げる計算になります。これが1年分になると、173万円ほどです。

ワーキングホリデービザだと300万円

学生ビザと違い、ワーキングホリデービザには期間あたりの就労時間制限がありませんので、稼ごうと思う分だけ稼ぐことができます。毎週平日に8時間労働を行い、1か月あたり40時間働くとしたら、1年間の給料は300万円を超えることになります。

シドニー留学情報まとめ

MihoInafuku e1562119001909 - 1年間のシドニー留学費用は「242万円」項目ごとに内訳を解説

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。