オーストラリア 奨学金 オーストラリア留学の留学準備メニュー

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
オーストラリア留学ホームオーストラリア留学情報一覧留学準備メニュー オーストラリア留学準備・手続き手順 > オーストラリア 奨学金

オーストラリア 奨学金

奨学金
奨学金を利用することで、初期費用を抑えて留学するチャンスが生まれます。オーストラリアの大学や大学院の授業料の高さだけを見て留学を諦めずにまずはどのような奨学金に応募することができるか、どのような奨学金があるのか御調べ頂くことをお勧め致します。

教育ローンについて細かく知りたい方はラララのなんでも相談フォームに「教育ローンについて」と記入して 送信して下さい。
ラララの無料なんでも相談フォーム

<このページの内容>
オーストラリア奨学金について
オーストラリア留学の奨学金とは
オーストラリアの大学、大学院が募集する奨学金の選考方法について
オーストラリア留学の奨学金への応募について
オーストラリアの大学留学について
オーストラリア留学の奨学金の補足情報

オーストラリア奨学金について

オーストラリアの大学や大学院に留学するには一年あたり平均2万ドルの学費がかかると言われています。
例えば、3年制の大学に通われる場合は授業だけで約6万ドル費用がかかります。

その費用をすべてご自身で負担することが難しいという方にはオーストラリア政府や日本の地方自治体、オーストラリアの大学などが実施している奨学金制度に応募頂くことをお勧め致します。

中でも、オーストラリアの大学が実施する奨学金の応募倍率はとても高いですが審査に受かれば、授業料の25%から50%が免除されることもあります!

オーストラリア留学の奨学金とは

オーストラリアの大学、大学院にご留学される方が応募できる奨学金は大きく分けて下記の2種類があります。

1)地方団体や民間企業、政府が募集している奨学金
この奨学金は将来的に返済が必要となる貸与型の奨学金と返済不要の給付型の奨学金にさらに分けることができます。

奨学金を応募する団体によって応募条件や貸与形態は異なります。またオーストラリア政府が奨励している奨学金というものもございます。

政府、民間企業は毎年、奨学金を募集しているので、オーストラリアの大学、大学院留学をする際に奨学金を利用して就学される方はこちらの種類の奨学金への応募を検討されてみるのも良いかもしれません。

2)オーストラリアの大学、大学院が募集している奨学金
オーストラリアの大学、大学院によっては留学生向けに奨学金を募集しています。

用意されている奨学金は、授業料の一部免除や教科書・教材代負担というものが多いですが中には授業料の半額または全額が免除になる奨学金を募集している大学もあります。

奨学金の額や奨学金の対象となる学科、コースなどは大学側で決められます。

基本的にオーストラリアでは返済不要の給付方の奨学金を募集しています。

オーストラリアの大学、大学院では様々な学問を専攻することが可能で、数多くの大学が留学生向けの奨学金を募集しているのでぜひチャレンジしてみてください。

また、入学時には奨学金がもらえない場合でも入学後良い成績を修めれば奨学金がもらえる可能性もあります。

また、オーストラリアでは日本の様に、返済が必要な奨学金を応募するということはほとんどありません。



留学のための奨学金と一口に言っても様々な種類がございます。
まずは留学のプランを決め、どのように進学プランを立てていくのか計画を立てるのが一番重要になるかと思います。

プランを決め留学にかかる費用を把握し、就学したい大学、大学院がある程度決まったうえで、大学が用意する奨学金に応募するのか日本の政府、民間企業が募集している奨学金に応募するのか考えられても良いかと思います。

1)、2)ともに奨学金を得るにはとても競争が激しいと言われていますので応募前の事前の準備が重要になります。

奨学金の種類などについて詳細を知りたい方はラララ・オーストラリアまで ラララの無料なんでも相談フォーム

お金

主な奨学金団体 留学生に対して奨学金の融資を行っている主な団体、機関をご案内致します。

・オーストラリア国内の各大学
・エンデバー奨学金(オーストラリア政府)
・日本学生支援機構 ※通称:JASSO(独立行政法人)
・荒奨学基金貸付金(地方自治体 府中市)
・戸田市海外留学奨学基金(地方自治体 戸田市)
・ロータリー財団(民間・公益団体)


参考までにオーストラリア政府が扱っている奨学金の要項や条件を下記にご案内致します。

<エンデバー奨学金の場合>
奨学金名 エンデバー奨学金
支援機関名 オーストラリア政府
支給金額 最大272,500ドル(博士課程)
最大140,500ドル(修士課程)
最大131,000ドル(専門学校)
支給期間(留学期間) 4〜6ヶ月(研究職)、1年から2.5年(専門課程)、4年(大学、大学院)
支給対象者 18歳以上の日本国籍保持者
対象になる留学先機関 専門学校、大学院、研究施設、専門能力開発施設
募集人数 未定
返済の有無 返済不要(給付)

上記の他にも民間の留学資金の融資、給付を行っている団体は数多くございます。

お住まいの地方自治体やお勤めされている会社の系列で奨学金の給付を行っている可能性もございます。

ラララオーストラリアでは奨学金をまとめたリストをご用意しています。 
※ご希望の方は上記、なんでも相談フォームの相談内容に、[奨学金リスト希望]と記入して送信してください。

オーストラリアの大学、大学院が募集する奨学金の選考方法について

奨学金のほとんどは書類審査のみで選考が行われます。場合によってはエッセイの提出や面接が行われる場合もあります。

各大学や学科によって奨学金給付の審査内容は異なりますが、これまでの学歴や英語力、その他の活動においての成績や実績を審査され、奨学金給付の可否が決定されます。

学校へ入学後に奨学金に応募する場合は学部またはコースで高い成績をおさめる必要があります。

総じて言えることとしては、奨学金を得るには、学歴や英語力などが高い水準にあることが必要になります。

オーストラリア留学の奨学金への応募について

留学のための奨学金と一口に言っても様々な種類がございます。
まずは留学のプランを決め、どのように進学プランを立てていくのか計画を立てるのが一番重要になるかと思います。

プランを決め留学にかかる費用を把握し、就学したい大学、大学院がある程度決まったうえで、大学が用意する奨学金に応募するのか日本の政府、民間企業が募集している奨学金に応募するのか考えられても良いかと思います。

オーストラリアの大学留学について

ラララ・オーストラリアではオーストラリアの大学のご紹介も行っております。

オーストラリアの大学ではどんな学位が取れるのか、どのような書類の準備が必要なのかなどについてお知りになりたい方は下記ページよりお問い合わせください。


 

オーストラリア留学の奨学金の補足情報

通常の大学や大学院へ就学する場合に応募する奨学金以外には語学学校の奨学金というものがございます。

オーストラリアの語学学校では学校が定めるキャンペーン期間内に申込むと授業料が割引になることや申込む週数が多いと何週間か授業が無料で受けられるという場合もあります。

語学学校によってはこのようなスペシャルキャンペーンを奨学金と呼ぶところがあります。

ラララ・オーストラリアではこのスペシャルキャンペーン(奨学金)情報を常に更新しています。

詳細は下記からご覧ください。
学校割引情報 

教育ローンについて細かく知りたい方はラララのなんでも相談フォームに「教育ローンについて」と記入して 送信して下さい。