留学中に行くべき!シドニー最大のタロンガ動物園に行ってみた!

シドニーに観光で来る際にも、長期滞在で来る場合でも一度は行ってほしい動物園があります。シドニー北部にある『Taronga Zoo タロンガ動物園』、とにかく大きいです!

Taronga Zooとは?

シドニー最大の動物園、昨年100周年を迎えた老舗の動物園です。オペラハウスがあるサーキュラーキーからフェリーで行くことができ、高台にあることからシドニーの美しい摩天楼を見る事ができます。

このタロンガ、という名前は、アボリジニの言語でWater Viewの意味だそうです。シドニー湾を見る事ができることから名づけられたのでしょう。

開園時間や料金は?

とにかく大きいタロンガ動物園、一日で全部回りきれないほどのスケールです。大人約50ドルという料金設定ですので、日本の市営の動物園などと比較してしまうと高く感じるでしょう。

しかしタロンガ動物園には、園内にゴンドラがあり、そのゴンドラから素晴らしい景色を見る事が出来たり、ショーの豊富さ充実度からすると納得の料金です。

また、オーストラリアならではの品種の動物にも会えます!

行く前に準備すると良いこと!

① 安くチケットを入手!

どのように行くかによって、チケットをお安く買う方法が変わってきます。

タロンガ動物園はフェリーとセットチケットを販売しており、そちらの方が安い場合もありますし、

車などの他の方法で行く場合は、チケットをオンラインで事前購入しておくと安いです!

② アプリを入手!

現在はTaronga zooアプリがあります。

このアプリで、その日のショーの時間帯が分かったり、

マップを見る事ができたりします。

マップは各動物をクリックすると特徴や行き方まで見る事ができます。

無料のアプリなので、予め用意しておくと良いでしょう。

タロンガ動物園はとにかく広く、歩きますので、前日は体力温存が肝です。

パーティー明けで行くなど言語道断です!

タロンガ動物園に行く前に

①忘れてはいけないのが、チケットの用意!これをしておくだけでちょっとお得感が違います。

②飲み物食べ物の準備

③どこを見て回るか事前チェック

 

1と3は前回のブログでちょっと触れましたが、2の飲み物食べ物の準備は要必須です!タロンガ動物園はとにかく飲食が高いのです。

 

観光地以上の値段設定となり、参考までにお伝えすると…

セブンイレブンで買えるこういうフローズンジュース1ドル → 動物園は6ドル!

 

ペットボトルのお水1本1~2ドル→ 動物園は1本6ドル

ビールは1缶3~4ドル→ 動物園は8ドル!

ということで、せめて飲料だけでも用意していくと良いです。

いざ行ってみましょう!

筆者はサーキュラーキ―からフェリーで行きました。

フェリーと動物園パスのセットチケットを購入!

注意!

シドニー湾周辺の様々なところで乗り降りできるフェリーチケットとのセット販売や、その他のアトラクションとのチケットセット販売など、チケットボックスでその他の商品も売っていますが不要なようであれば、シンプルにタロンガ動物園への往復フェリーと動物園パスのみのセットで十分です!

 

どのWhafからフェリーが出るのか調べて、フェリーに乗り込みます。

出港すると、左手にはハーバーブリッジが見え、

右手にはオペラハウスが見えます!この景色もなかなか見る事ができないのでフェリーで行くことをお勧めします。

着いたら、バスで動物園のメインエントランスに行くか、SkySafari(ゴンドラ)で行くか決める必要があります。

バスの場合は、フェリー降りたらすぐです。

SkySafari(ゴンドラ)の場合は、乗り場まで歩きます。

とにかくこの動物園は坂が多いのです…

ゴンドラが来たら、メインエントランスまで行くのですが、

この時にシドニーの景色が一望できます。

とても美しいので、これだけでも来る価値があるほどです。

チケットオフィスでチケットを交換したら行きましょう!

タロンガ動物園はとにかく広いので、全部見る為の技としては、園内トレインをうまく利用する事でしょう。

確か1回5ドルでした。筆者は大人数で行きましたので、とにかく見たい目星のみ決めて歩きました。

絶対にお会いしたいと思っていたのは、

 

・カンガルー

・コアラ

・象

・キリン

 

です。

 

象とキリンは景色も綺麗なので、マストゴーなのです!

オーストラリアならではの動物に会いにいく!

とにかくオーストラリアならではの動物を見たいと思い、『Australian walkabout』のエリアに行きました。

そこでは、カンガルーも居ましたが暑かったので、木陰で涼んでいるばかりのようでした。

高い柵がなく、自然に近い状態でいるので、場合によっては至近距離でカンガルーに会えます。

オーストラリアの人気者、コアラも居ました!

シドニーのあるニューサウスウェールズ州では、コアラを抱っこしてはいけないという条例があります。でもこの動物園ではコアラの近くで写真を撮ることができます!

 

コアラと写真が撮れる場所は、別途用意されており予約が必要なので、希望の方はチケットオフィスで聞いてみましょう。

 

ちなみに、ケアンズやブリスベンのあるクイーンズランド州では、コアラを抱っこする事ができますよ!また、日本ではお見かけしないエミュも間近で見ることができるのですよ!

アシカショーも見てみた

長年定番なこのようなショーですが、本日も満員御礼でした。

お向かいにはハンサムなゴリラもおります。

タロンガ動物園と言えば!この場所!

タロンガ動物園には何頭か象がいます。ゴンドラ下にも見える象エリアが一番大きいかと思います。

5月に産まれたばかりの小象の姿もありました。

最もフォトジェニックと言えるであろうキリンは出口の近くにいます。背景にシドニーの摩天楼が見え、この動物園に行ったら必見です。

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問