ブリスベンのシェアハウスの料金と部屋タイプ


ブリスベンはクイーンズランド州の州都で、オーストラリアでもシドニー、メルボルンに次ぐおよそ200万人の人口を有しています。

 

移民を多く受け入れており、街は新しい建物と自然が共存しているため、観光客、留学生にも人気の都市です。

 

そのため街の人々は、とても国際色豊かです。コアラの保護区や植物園、街の中心部から歩いて行けるビーチなど、自然豊かな都市ならではの観光スポットがあります。

 

ラララオーストラリアが紹介しているブリスベンのシェアハウスは、市内から公共交通機関で15分圏内の大変便利な立地です。家具、Wifi、洗濯機などは全て付いておりますので、すぐに生活を始めることができます。

学生シェアハウスの料金表

ラララオーストラリアでは複数のシェアハウス運営会社と提携しており、料金はそれぞれ異なりますが相場は下記の通りです。

部屋タイプ料金/週
シェアハウス プレミアム 1人部屋$290
シェアハウス プレミアム 2人部屋$215

学生シェアハウスのその他費用

項目金額
手配料$250
クリーニング費用$50~80
空港送迎無料

※料金は、予告なく変更される場合がございます。最新の金額はお問い合わせください。

シェアハウス プレミアムの特徴

おすすめのタイプシェアハウスで友人を作りたい方
推奨年齢25~35歳
施設の人数4~12人
予約可能期間4週間~
衣装ダンスあり
各部屋の鍵あり

ブリスベンのシェアハウスの写真

シェアハウスかホームステイか

シェアハウス、ホームステイともにメリット・デメリットがあります。

 

シェアハウスのメリットは費用が抑えられる点、市内から近い点、及び他国から学びに来ている学生と交流できることです。デメリットとしては、食事を自身で用意する必要がある点が挙げられます。

 

ホームステイのメリットは、オーストラリア人の生活を体験できる点、及び食事つきの点です。デメリットとしては、ホームステイ先のルールを守る必要があるため窮屈に感じる場合があること、及び市内から1時間程度離れてしまうことが多い点です。

ブリスベンのホームステイ費用相場

部屋タイプ料金/週
1人部屋$285
2人部屋$270

これに加えて、管理会社の手配料金および空港送迎費用がかかります。

オーストラリア留学のホームステイ基本情報とメリット&デメリット

弊社では滞在先のみの手配も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

佐野まさみ

私はメルボルンのHolmesglenというTAFEに交換留学していました。その後、バンクーバーで語学学校に通い、バリスタとして働きながらワーキングホリデーをしました。ホテルやチャイルドケアセンターでの勤務経験もありますので、ホスピタリティ分野に興味のある方のサポートもしたいと思っています

カウンセラーに質問