オーストラリア ETAS 有効期限

オーストラリアETAS(イータス)を取得する事で、オーストラリア国内に3ヶ月以内の滞在、また観光・就学が可能になります。とても便利なオーストラリアETASですが、入国前にETASの有効期限を必ず確認しておきましょう。入国した後にETASでの滞在期日を越えていたとなると大変なことになります。
有効期限はどうやって確認が出来るのか?有効期限内に入国が出来るのは何回まで出来るのか?
オーストラリアETASを利用する前に、その仕組みを確認しておきましょう。
 
ETAS有効期限ロゴ

オーストラリアETAS 有効期限

 

オーストラリアETAS(イータス)の有効期限は、ETASを取得した日から原則1年間となります。有効期限内であれば、1回の渡航につき3ヵ月以内の滞在が可能で、複数回に渡ってオーストラリアに渡航する事が可能です。尚、この3ヶ月以内の滞在期間は、オーストラリアに入国した日から数えて3ヶ月以内となります。

オーストラリアETAS 有効期限内に何回入国できる?

オーストラリアETAS(イータス)の有効期限、1年間以内であれば、複数回に渡り入国をする事が可能です。もちろん1回の渡航は3ヶ月以内と制限がありますが、有効期限をしっかりと守れば有効期限内の渡航は何度でも可能です。
このように便利なオーストラリアETASですが、有効期限内の複数渡航であっても注意が必要なケースがあります。短期間内に頻繁に出入国を繰り返したり、毎回の滞在が3ヶ月近くですと、入国審査で止められてしまう恐れがあります。 不用意に出入国を繰り返す事は出来る限り避けましょう。

オーストラリアETAS 有効期限内にパスポートが切れたら・・

オーストラリアETAS(イータス)の有効期限は、申請が降りてから12ヶ月まで有効と前述しましたが、ETAS有効期限内にパスポートの有効期限が切れる場合は注意が必要です。 その理由として、パスポートの有効期限が切れると同時に、原則オーストラリアETASの有効期限も切れてしまうからです。一度パスポートの有効期限が切れてしまうと、ETASも再度申請手続きをして再発行する必要があるはずですのでご注意ください。

オーストラリアETAS 有効期限確認方法

オーストラリアETAS(イータス)を申請し、取得した後に有効期限がどれくらい残っているのか、確認が出来る方法があります。有効期限がどれだけ残っているか必ず確認した上で入国しましょう。有効期限が切れている場合は、もちろん入国が出来ません。

有効期限を確認する方法の一つとして、オーストラリア大使館のホームページ上で確認が可能です。

ホームページにある、『ETAを確認する』から進みます。表示上では『ETA』となっていますが、『ETAS』と『ETA』は同じ意味ですので混乱されぬようにご注意ください。

ETAS ⇒ ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM
ETA  ⇒ ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY (SYSTEMを省略)

『ETAを確認する』へ進んだ後は、個人情報やETASを取得した際の参照番号を入力し確認画面へ進めるので、そのページでETAS有効期限を確認出来るかと思います。

※このページに記載の内容は、移民局の変更があり、内容に変更が生じている可能性がありますので、申請時のオーストラリアETASを含めビザに関する最新情報は、必ずオーストラリア移民局のサイトにて確認してください。