半年間のメルボルン留学費用は「129万円」項目ごとに内訳を解説

英語の語学留学先として人気な国といえばオーストラリア。グレートバリアリーフやエアーズロックといった世界遺産に選ばれるほどの美しい自然と、今なお経済発展を続ける都市部が見事に調和した魅力的な国です。

 

オーストラリア内最大の都市はシドニー、続く第二の都市はメルボルンです。メルボルンはオーストラリアの南西部、シドニーよりも南側に位置します。語学学校数の選択肢が豊富でありながら、シドニーよりも物価が安いことから留学生に人気があります。

 

今回は、6ヶ月のメルボルン留学のために必要な費用について解説していきます。

半年間のメルボルン留学費用合計額の目安

Point

参考費用合計
129~208万円

メルボルンを留学先に選んだ場合にかかる費用は合計どれくらいになるでしょう。合計額の目安は129万円から208万円です。渡航前に支払う費用と留学中に支払う費用を合計した金額となるため、どのような選択をしたかによって留学費用に違いが生じます。

 

また、仕事をすると96万円から230万円を稼げる可能性があり、実質的な費用負担はほとんどなしで留学することも可能です。

項目金額
語学学校授業料44万円~67万円
滞在費28万円~57万円
海外留学保険12万円
航空券代6万円~12万円
パスポート代金1万円
ビザ申請代金3~4万円
食費18万円~30万円
交通費5万円
交際費12万円~18万円
合計129万円~208万円

メルボルン留学渡航前に払う費用

渡航前に払う費用は主に留学費用と滞在費用の2種類です。語学学校のタイプや滞在先をホームステイかシェアハウス、学生寮にするかによって金額に差が出ます。

 

渡航前に支払う費用は留学全体にかかる費用の多くを占めるため、自分がどのような学習をしたいか、どのような過ごし方をしたいかをイメージしながら検討するとよいでしょう。

学校費用授業料(入学金、授業料、教科書代)441,600円~672,000円

Point 格安語学学校: 44万円
質の高い語学学校: 67万円

 

語学学校に支払う月額費用は73,600円($920)から112,000円($1,400)です。メルボルンはオーストラリア第二の都市のため、英語の学び先として世界中から留学生が訪れます。語学学校も格安校から質の高い学校まで幅広く、自分の目的にあった学校が見つかることでしょう。

メルボルン留学のおすすめ語学学校ランキング【絶対迷わない厳選13校】

格安語学学校

格安学学校の月額費用は平均73,600円($920)で、半年間ですと441,600円($5,520)となります。放課後のアクティビティや選択科目の数が限られたり、学校あたりの教師の数が少ないといった点はデメリットですが、基本的なカリキュラムが整っているため学費を抑えて英語を学べる点はメリットです。

FTI(フェデレーション・テクノロジー・インスティテュート) 旧ライセアムイングリッシュ

質の高い語学学校

質の高い学校の月額費用は平均112,000円($1,400)で、半年間ですと672,000円($8,400)となります。格安語学学校と比べてアクティビティや選択科目数が多く、教師数も確保されているため英語の上達スピードが早いです。

 

メルボルンはカフェ文化が根付いた街で、バリスタコースも選択できる語学学校もあり、他の都市ではできない体験も叶えられる点は質の高い語学学校を選ぶメリットでしょう。

インパクト・イングリッシュカレッジ

滞在費用滞在費(滞在先手配料、滞在費)288,000円~576,000円

Point

ホームステイ:57万円

シェアハウス:28万円

学生寮:48万円

語学留学で学校費用と同じく外せないのが、渡航先での滞在費です。メルボルン留学の滞在方法はホームステイやシェアハウス、学生寮が主流です。滞在方法によって費用が異なり、半年間の合計で288,000円($3,600)から576,000円($7,200)が相場です。

 

滞在方法にはそれぞれ特徴があり、慣れない海外生活では自分にあった選択をするのはなかなか難しいものです。

 

留学ージェントでは現地での滞在方法のご相談から手配も無料で行なっています。お支払いいただくのは滞在先でかかる実費のみですので、手配時の金銭トラブルを防ぎ安心して生活環境を整えていただけます。

ホームステイ

語学留学において代表的な滞在方法といえばホームステイ。ホストファミリーの部屋借りて生活を共にする方式です。ホームステイでかかる半年間の費用は平均576,000円($7,200)です。

 

他の滞在方法に比べると費用が高くなる傾向がありますが、2食もしくは3食の食事付きがほとんどであるため食事代を浮かせられます。

オーストラリア留学のホームステイ基本情報とメリット&デメリット

シェアハウス

シェアハウスとは、一つの家を他のハウスメイトと共同で使用する滞在方法です。シェアハウスでかかる半年間の費用は平均288,000円($3,600)です。

 

食事が含まれないため自分で用意する必要がありますが、自炊をすれば費用を抑えられます。家賃は同居するハウスメイトと折半するため他の滞在方法よりも低コストで滞在できます。

オーストラリアでシェアハウスに住む際の費用と注意点

学生寮

学生寮は学校が提供している建物を学生同士でシェアをして暮らす方法です。2人部屋〜4人部屋が一般的で、学生寮でかかる半年間の費用は平均480,000円($6,000)です。

 

シェアハウスよりも費用が高いですが、学校の近くや都市部に住めるケースが多く、交通費を浮かせられるのがメリットです。ただし、食事は付いていないため、食費を考慮すると最もコストのかかる滞在方法と言えます。

海外留学保険海外留学保険 12万円

留学の際に必ず検討したいのが海外旅行保険です。保険料の相場は1ヶ月約2万円で、半年間の場合は約12万円となります。海外旅行保険は、海外で病気やケガによって治療を受けた場合に備えるために加入します。

 

日本では医療費負担が3割ですが、海外では全額実費負担となり多額の医療費を支払わなければなりません。

 

海外旅行保険には病気やケガに対する治療費だけではなく、携行品の破損や現金・クレジットカードといった貴重品の盗難など、日常で起こりうるトラブルへの保証も受けられます。

 

どんなトラブルが起こるか分からない海外生活では事前に自分自身で海外旅行保険に加入する必要があります。

 

また、学生ビザの方はOSHCという保険への加入がオーストラリア政府より義務付けられております。

OSHCとは?費用や補償内容まとめ。学生ビザの方は義務付けられてます!

航空券代航空券代6~12万円

日本とメルボルン間の航空券代の相場は6〜12万円です。ハイシーズンとオフシーズンで料金が異なり、1月〜2月、5月中旬〜6月末は航空券代が安い時期と言われています。

 

また、LCC(格安航空会社)であれば往復6万円の航空券も見つけられるため、航空券代を抑えたい方はチェックしてみるとよいでしょう。

パスポート代金パスポート代金11,000~16,000円

パスポートは観光、留学問わず国外渡航時に必ず所得しなければなりません。パスポートには有効期限5年間と10年間の2種類があり、申請費用は5年有効の場合は11,000円、10年有効の場合は16,000円です。

 

申請から受け取りまでに1週間~10日ほどかかるため、日程には余裕をもって申請しましょう。

ビザ申請代金ビザ申請代金36,000円~46,000円

メルボルン留学にはビザの発行が必要です。学生ビザは46,000円($575)ワーキングホリデービザでは36,000円($450)の申請代金がかかります。

 

いずれも初回申請代金であり、書類や申請時に何らかのミスがあった場合は再申請となり、追加で56,000円($700)の支払いが生じるためミスがないように注意が必要です。留学エージェントに無料代行してもらうのが安心です。

留学エージェントのサポート費用は0円

留学エージェントでは、渡航先の情報提供や学生ビザ、ワーキングホリデービザの手配、語学学校の申し込み手続き代行などといった留学に関わるさまざまなサポートを行います。これらのサービスは無料でご利用いただけます。

 

メルボルンは語学学校数が多く、自分にあった学校選びはなかなか難しいものです。留学エージェントは語学学校の正規代理店ですので、予算や学びたい内容などのご要望に合わせた学校のご案内や、割引料金でのお申し込みが可能です。

 

また、当社は学校からの広告費で運営しているため各種ビザの手配や滞在先手配などのサービスもサポート代金無料にてご案内しております。サポート代金を有料とするエージェントが多いため、留学の相談や各種手配にかかる費用を抑えられます。

評判の良い留学エージェントの7つの選び方と【12社比較】

健康診断費用0~10,000円

6ヶ月以上の滞在をする場合には、健康診断結果を求められる場合があります。内容はX線検査などで、健康診断にかかる費用は4,000円~1万円程度です。

メルボルン留学中に払う費用

メルボルンはオーストラリアの都市の中では比較的物価が落ち着いていますが、半年間の生活費の目安は288,000円($3600)です。メルボルン留学中には食費や交通費、交際費といった留学中に払う費用が生じます。オーストラリア全体として、日本より物価が高い傾向があります。

Point

食費:18万円~30万円
交通費:5万円
交際費:12万円~18万円

食費:18万円~30万円

半年間の食費は、180,000円($2,500)から300,000円($3,750)です。メルボルンで外食をすると1食あたり1,200円($15)程度+チップ代の10%~15%がかかります。日本と比較して1食あたりの相場が高いです。

 

ホームステイであれば食事代がかかりませんが、シェアハウスや学生寮で食事代がかかる場合は自炊の比率を多くして食費を抑える留学生が多いです。

オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

交通費:5万円

メルボルンの主な交通手段は電車とバス、トラムという路面電車です。トラムであればメルボルン市内中心区域は無料で利用できるため、語学学校や滞在先が無料ゾーン内の場合は交通費がかかりません。

 

支払いは「Miki Card」という交通系ICカードが主流で、日本のSuicaやICOCAのようにチャージをして利用します。通常料金は初乗り376円($4.7)ですが、定期券の購入で学生割引を受けられます。

 

定期購入した場合の交通費は月曜〜金曜:6,770円($86)、土日祝日:2,016円($25.2)となり、無料区間外で生活した場合、半年間の交通費は約52,800円($660)となります。

メルボルン留学生活の交通費は?無料トラムとMykiカードって?

交際費:12万円~18万円

半年の交際費は、120,000円($1,500)から180,000円($2,250)です。メルボルンはオーストラリア有数のグルメな都市です。

 

シドニーよりもおしゃれなカフェやレストランが充実しており、休みの日には現地でできた友達と足を運ぶとリフレッシュにもなります。温泉地域のモーニントンペニンシュラやペンギンツアーといった、メルボルンならではの観光地も楽しめます。

メルボルン留学中に稼げる金額

オーストラリアは学生ビザでもアルバイト可能な数少ない国です。そのため、事前に留学費用すべてを準備するのではなく、渡航後に学費や生活費を稼ぎながら滞在できる点はメルボルンならではの特徴です。

時給目安

オーストラリアの平均時給は世界最高水準の$25です。日本円で約2000円と、学校生活とアルバイトを両立させながらでも安定した収入を得られます。

半年間の給料:96~228万円

学生ビザでは半年間で平均時給2000円($25)×週20時間×6ヶ月=960,000円($12,000)、ワーキングホリデーでは平均時給2,500円($31.25)×週38時間×6ヶ月=2,280,000円($28,500)を稼ぐことが可能です。

 

メルボルンでは学生ビザでもアルバイトができますが、ワーキングホリデービザとの違いは就労時間に制限があるかないかという点です。学生ビザの就労可能時間は2週間で最大40時間までと定められているため、半年間の給料はビザの種類によって異なります。

学生ビザ

平均時給2000円($25)×週20時間×6ヶ月=960,000円($12,000)が半年間の給料の目安です。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザで働く場合は、フルタイム、パートタイム、カジュアルといった3種類の雇用形態からいずれかを選べます。

 

フルタイムとパートタイムは有給休暇と勤務時間の保証があり、カジュアルは有給休暇と勤務時間の保証がありません。フルタイムとパートタイムの平均時給は2,000円($25)ですが、カジュアルは保証がない分時給に25%を上乗せした賃金となり、2,500円($31.25)が平均となります。

 

留学生は通常カジュアルにて勤務しており、平均時給2,500円($31.25)×週38時間×6ヶ月=2,280,000円($28,500)が半年間で稼げる金額の目安です。

まとめ

半年間のメルボルン留学費用をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

決して安い金額ではないですが、生活費を稼ぎながら留学できるのは仕事場の多いメルボルンならではと言えます。

 

バリスタコースで学び、メルボルンのオシャレなカフェでバリスタとして働くことは日本では得られない経験になるでしょう。

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。休日には職場のオーストラリア人と出かける事が多く、現地の人の視点でメルボルンの魅力を感じる事ができました。アメリカ留学の経験もありますので、アメリカとオーストラリアの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。