オーストラリア留学の相談・ご質問は無料!free0345908030
LINEで相談資料請求無料相談
LINEで相談資料請求無料相談

モニーク チョークアート

Monique’s Chalk Art

アート

 

Moniqueでチョークアートを学ぶ!!

Monique’s Chalk Art(モニークアートスクール)は創立者Moniqueが2000年に開校しました。 創立者Moniqueは最初の場所はオーストラリアのシドニーで、グラフィックデザインを学び、さらにアートを追求すべくオーストラリアのゴールドコーストに移りました。 穏やかな気候とビーチと太陽の下でチョークアートを専門とした看板作りから彼女のキャリアが始まりました。 開校以来1000人以上の卒業生を指導してきたのも、彼女本人です。

 

QueenslandのMonique’s Chalk Art

Monique’s Chalk Artはクイーンズランドのゴールドコーストとクーランガッタの間にあります。 気候はゴールドコーストと同じく穏やかで冬でも昼間は薄手のロングTシャツで歩けるほどです。 真横に海という環境ではありませんが、もちろん週末や放課後にビーチに足を向けることもできます。 オーストラリアの日差しを浴びながら、和気あいあいとアートに励む生徒の姿はとても輝いています。

 

学校への通学

学校スタッフが毎朝8:30にスーパーマーケット「Food Works Burleigh Heads」まで生徒さんをお迎えに来ます。スタッフと合流後、プライベートカーにて学校まで移動します。

 

【集合場所】

6 West Street, Burleigh Heads, QLD 4220 (Food Works Burleigh Heads)

 

【学校所在地】

7 Camphorlaurel Court, Tallebudgera Valley, QLD 4228

 

Monique’s Chalk Artのコース

Monique’s Chalk Artはチョークアート教室ということで授業を開講しています。 Monique’s Chalk Artコースは4つあります。

 

・Beginner Course (初心者向けの1週間コース)

・Hobby Course (中級者向けの2週間コース)

・Professional Course (最も人気な3週間コース)

・Teachers Certificate (先生になりたい人の為のサティフィケートコース)

 

毎月、月初めの月曜日に入学日を設けています。

ラララは公式代理店!特別キャンペーンについてはお問い合わせください!

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

学校概要

学生数
20名
国籍割合
ヨーロッパ、アジア、南米、北米、中東
日本人比率
90%
日本人スタッフ
在籍あり
学校内施設
コモンル-ム

コース一覧

  • アート(お稽古) チョークアート

この学校に興味をもったら...

この学校へ留学を検討中の方

資料請求・お見積りは無料です!

この学校への留学を決めている方

下記のボタンからお申込みをしよう!

✔ラララで申し込むメリット

あなたにおすすめの他の学校

レクシス イングリッシュ シドニーマンリー校

レクシス イングリッシュ シドニーマンリー校

$323/週~

ビーチが目の前にあり、校内にはビーチを眺める事が出来るバルコニーがあります。校内は講師やスタッフと生徒の距離がとても近く、アットホームな雰囲気で、少ない日本人比率のなか落ち着いて英語を学べる環境です。定期的なカウンセラーとの面談もあるので、落ち着いて英語を学ぶことができます。
ノースシドニー・イングリッシュカレッジ

ノースシドニー・イングリッシュカレッジ

$190/週~

経験豊富なベテラン講師陣を揃えており、試験対策や進学英語なども充実しています。授業料は他の学校に比べて安く、費用を抑えて留学をしたいという方にオススメの学校です。
【閉校】ラングポーツ イングリッシュ ランゲージ カレッジ シドニー校

【閉校】ラングポーツ イングリッシュ ランゲージ カレッジ シドニー校

$296/週~

常に自分のレベルに合ったクラスで学べる語学学校! シドニーの街の中心に位置しています。英語コースの中でもUFO Englishという独自カリキュラムが人気の学校です。
ミルナーインターナショナルカレッジオブイングリッシュ

ミルナーインターナショナルカレッジオブイングリッシュ

$285/週~

パースの中心部に位置し全英オープンで有名なイギリス・ウィンブルドンに姉妹校があります。 オーナーのミルナー氏は留学生の教育に熱心で、日本への来日経験も豊富な方なので、日本人が英語を学習する上での弱点をよく把握しています。