進学英語が学べる語学学校一覧。IELTS、ケンブリッジ検定、TOEICの違いとは。

英語力全般を底上げする! 週150ドルから!

gogaku toeic - 進学英語が学べる語学学校一覧。IELTS、ケンブリッジ検定、TOEICの違いとは。

IELTS試験概要

IELTS(アイエルツ/international english language testing system)は、イギリスを始め、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドにおける専門学校や大学、大学院への進学、そして英語圏への移住申請の際に必要な英語力を証明するために最適なテストです。130カ国、合計9000もの機関が認定しているテストで、アメリカでもTOEFLに代わる試験として、多くの教育機関が入学審査の際に採用しております。世界で年間220万人が受験しており、近年、日本でも受験者が増加しております。

 

IELTSには、アカデミック・モジュール(以下アカデミック)とジェネラル・トレーニング・モジュール(以下ジェネラル)の2種類があります。アカデミックは英語圏の大学や大学院等への入学の際に必要となる英語力の判断基準であり、ジェネラルは英語圏での就職や移住申請の際に必要となってくる試験です。
ともに試験は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのパートで構成されており、アカデミックとジェネラルではリーディングとライティングにおいて試験内容が異なります。語学学校で開講されているIELTS試験対策コースでは、主にアカデミックを受験するための傾向と対策を学びます。

 

上記のような目的でIELTS試験コースが開講されておりますが、純粋に英語力を伸ばしたい方の場合でもリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングといった4つのスキルを重点的に勉強していくので、一般英語とは違ったフォーマルな英語を目的を持って勉強されたい方にもお勧めのコースです。

IELTS試験詳細(スコア/試験例など)

採点方法

合格、不合格ではなく、テスト結果は0.5刻みの1.0から9.0のハンドスコアで表示されます。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートのバンドスコアと、総合評価のオーバーオール・バンドスコアが算出されます。入学の基準となるスコアは教育機関によって異なりますが、一般的に大学進学の際には、総合評価で6.0から6.5が必要となってきます。また、tafeなどオーストラリアの専門学校進学に必要なスコアは、5.5が目安となります。

有効期間

試験結果は2年間有効となります。
※公益財団法人 日本英語検定協会より引用。

試験例

・リスニング
流れてくる会話やスピーチなどを聞き、問題用紙に書かれている質問に解答します。電話でのやり取りと言った日常会話からニュースに研修、講義といったアカデミックな内容の会話やスピーチが流れます。

 

・リーディング
900文字前後の文章が3つ出題されます。新聞や書籍などから抜粋された一般教養的な内容の文章を読み、それぞれの質問に解答します。図や表の穴埋め問題なども出題されます。

 

・ライティング
2つの課題が出題されます。図や表などのデータを見て150字以上のレポートを書くものと、テーマに対して自分の意見や経験をもとに250字以上の文章を展開するエッセイ形式のものが求められます。

 

・スピーキング
試験管と1対1のインタビュー形式で行われます。自己紹介の後に、渡されたカードに記載されたトピックについて自分の考えや体験を述べていきます。

IELTS試験コース費用

300ドル台を1週間の就学費用として設定している学校が多いですが、1週間180ドルから就学できる学校もございます。

IELTS試験対策コースへの入学時に必要な英語レベル

学校によって求められる英語力は異なりますが、中級のintermediate以上が必要となってくる場合が多いです。事前に学校が用意したテストを受けていただき、コース受講可能かを判断します。また、中級クラスや上級クラスなどレベル分けをしているところもあります。

IELTS試験対策コースを受けるメリット

2017 07 14 15000221080 - 進学英語が学べる語学学校一覧。IELTS、ケンブリッジ検定、TOEICの違いとは。

進学目的等のためにIELTSを受ける方にはもちろん、IELTSの受験を考えていない方にもお勧めのコースです。一般英語などを長期で就学された方には、試験対策といった少し緊張感のあるクラスで授業に臨まれることでより一層の英語力の飛躍が期待できます。

また、アカデミックな英語を勉強してフォーマルな英語でのライティングスキルを伸ばしたい方や、テスト科目であるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの英語スキルを総合的に底上げしたい方なども、こちらのコースを受講されています。

コースカリキュラム

一般英語コース同様に、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングといった科目ごとのスキルを万遍なく学ぶとともに、IELTS試験対策コースでは、スコアを上げるために必要なスキルを習得します。 例えばライティングでは、主題の広げ方や起承転結など論理的に展開していく方法など、わかりやすく、かつ洗練された印象を与える文章を書くために必要なテクニックを学びます。リーディングでは、時間内に3つの文章を読み解答するための速読法や効果的な問題の解き方などを習得します。

 

また、本番同様の条件のもとで模擬試験を受けることで、試験に慣れるとともに時間の使い方を体感し、講師から問題を解くためのキーポイントなどを教わります。 現役もしくは元試験管などIELTSの知識を豊富に持ち精通した講師陣がカリキュラムを作成し、指導に当たっている学校もあります。そのような学校では本番と変わらないスピーキングの模擬試験などを受けることができます。

ケンブリッジ試験、TOEICとIELTS試験の比較

イギリスやカナダなどの英語圏の大学等に進学されたい方はIELTSの受験をお勧めします。
また、総合的な英語力を測れる試験なので、英語取得の証明として受けられるのも良いかと思います。

知名度

英語資格として日本ではTOEICが広く知られていると思いますが、実は世界的にはIELTSの方がかなり認知度の高い英語資格になり、試験によって知名度の高い国が異なります。

IELTS 日本での知名度はあまり高くないが、世界基準の英語力判断試験
ケンブリッジ 日本での知名度はあまり高くないが、ヨーロッパで人気の高い試験
TOEIC 日本、韓国での知名度が高いが、他国ではあまり知られていない

有効期限

各試験によってスコアを取得した後の有効期限が異なるので、各試験を受験した後に、スコア等を利用したい時期の確認も必要です。

IELTS 2年
ケンブリッジ なし
TOEIC なし

テスト結果

テスト結果はスコアで表示される場合と合格・不合格で判定される試験があります。各試験によってスコアの見方も大きく異なるので、受験が必要な試験のスコアを確認をしておきましょう。

IELTS スコア
ケンブリッジ 英検のようにレベルがあり、合否で判定
TOEIC スコア

試験内容

各試験で試験内容や試験時間、受験料が異なります。各試験の詳細についてご不明な点はカウンセラーに相談をしてみましょう。

IELTS リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング
ケンブリッジ リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、ユースオブイングリッシュ
TOEIC リスニング、リーディング

ケンブリッジ試験、TOEICとIELTSの試験対策コースの比較

IELTS試験対策コースは、比較的国籍バランスの良い環境のもと、英語力全体の底上げを狙えるとともにアカデミックな英語を学べます。
また、コース期間が設定されていないため、ケンブリッジ試験対策コースに比べて、入学がしやすいというメリットがあります。

コース入学条件

それぞれの試験対策コースにはそのコース受講するために必要な英語量の条件があります。学校によっても条件が異なる場合があるため、受講コースの入学条件はカウンセラーに確認をしてみましょう。

IELTS 中級以上(※学校によって異なります)
ケンブリッジ 中級以上(※学校によって異なります)
TOEIC 特になし

コース期間

試験対策コースは各試験によって受講するための期間が異なります。同じ試験の対策コースでも学校によって期間が異なる場合があるため、コース期間についてはカウンセラーに相談をしてみましょう。

IELTS 1週間から受講可能
ケンブリッジ 12週間などコース期間が設定されている
TOEIC 2週間から受講可能

国籍バランス

試験対策コースはそれぞれ受験の目的が異なるため、コースによって国籍のバランスが異なります。 試験対策コースはそれぞれ受験の目的が異なるため、コースによって国籍のバランスが異なります。

IELTS オーストラリアでの進学を目指すアジア系が比較的多い
ケンブリッジ ヨーロッパ系が比較的多
TOEIC 主に日本人、韓国人

受験目的でない場合にコース受けるメリット

IELTSやケンブリッジ、TOEICを受験しない場合でもコースを受講する方もいるので、それぞれのコースでメリットを比較してみましょう。

IELTS アカデミックやフォーマルの場などで使える英語が学べます
ケンブリッジ コミュニケーションを高める英語を学べます
TOEIC ビジネスの場などで使える英語を学べます

 

ielts list 1 - 進学英語が学べる語学学校一覧。IELTS、ケンブリッジ検定、TOEICの違いとは。

アイエルエスシー(ILSC) オーストラリア シドニー校

アイエルエスシー(ILSC) オーストラリア シドニー校

$290/週~

ILSCは世界に9キャンパスを展開する大規模な語学学校で、徹底したEnglish Only Policyと日本人スタッフによる万全なサポート体制、効果的な英語学習法によって効率よく語学力を伸ばすことができます。資格コースでは留学生のための補講やサポートがきめ細かく行われ、学生は資格取得に向けて徹底した指導が受けられます。
アビリティーイングリッシュ シドニー校

アビリティーイングリッシュ シドニー校

$240/週~

豊富なレベル分け!アビリティーイングリッシュで自分に合った勉強を! 留学生のことを親身になって考えるアビリティーイングリッシュはシドニー市内の中心にあります。学校の周辺には、スーパーマーケットやショッピングモールなど、学生生活をより便利に充実させる施設がそろっている絶好の環境です。
ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ゴールドコースト校

ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ゴールドコースト校

$280/週~

国際色豊かでサポート万全なBROWNSでしっかり勉強! ブラウンズ ゴールドコースト校は60キロ以上続く美しいビーチのすぐそばに位置しています。ビーチまでは歩いて5分程度で気軽に海に行くことができる最高の環境です。
アイエルエスシー(ILSC)オーストラリア ブリスベン校

アイエルエスシー(ILSC)オーストラリア ブリスベン校

$290/週~

ILSCでは、学校内とその周辺1ブロック圏内は一切母国語禁止です。 放課後に自由参加の勉強会、ワークショップを実施しています。自習ではないので講師と少人数のクラスでプラスαの学習ができます。 ワークショップは発音矯正、文法、ミュージッククラブ、読書クラブ、仕事の探し方講座、映画クラブなど多様。
イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)

イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)

$220/週~

一年を通して日本人は5%前後です。 教育については、授業の質、講師の選定、教科書に至るまでこだわりがあります。 ヨーロッパ人は英語の読み書きは苦手ですが、話すことは得意な為、レベルに関係なくどこのクラスも発言は活発に行われます。また、おしゃべり好きのヨーロッパ人に押されます。
Loading...