長期留学におすすめの語学学校一覧。ラララ長期パッケージでお得に留学!

ラララの長期滞在留学パッケージで格安留学を実現しよう。

mokuteki shouninzuu - 長期留学におすすめの語学学校一覧。ラララ長期パッケージでお得に留学!

ラララ・オーストラリアは、英語をしっかり身に付けて頂くため長期留学に関して、学校の選定、費用面など細かい情報提供とサポートを行っています。長期でしっかり語学を学びそして、将来のキャリアアップや進学にプラスになるように、それぞれの方にあった長期留学プランをご提案します。

 

半年間のみっちり語学習得により、語学スキルをUP!とにかくまず長期で最短距離の英語習得を行いたい方へ

みっちり留学がおすすめ!休みを程よく入れて自分のペースで長期の語学習得にのぞみます。12週間毎に4週間の休みを入れて1年近くの滞在をします。滞在期間を長くすることにより実生活の英語力を身に付けます。

 

長期留学では、豊富な語学コースから、英語のレベルUPに応じて様々な語学コースを習得されることをお勧めします。

参考費用

半年:40万円
1年間:60万円

オーストラリアの長期留学にかかる費用

オーストラリアに1年間留学する場合、費用は200〜400万円ほどかかります。物価が高いことで知られるオーストラリアですが、留学生向けの学生ビザでもアルバイトができます。そのため現地で働けば、留学代を節約することができますよ!

長期の語学留学にかかる費用

語学留学の場合、大学ではなく外国人向けの語学学校に通います。この語学学校の学費が、1年で約150万円くらいになります。家賃や食費、交通費、交際費なども合わせれば200万〜400万円ほど見ておくと安心ですね。

 

なお、ひと口に語学学校といっても、私立の学校から、大学や専門学校の付属校までさまざまな種類があります。一般的に私立のほうが高いものの、そのぶん私立学校は受講コースの種類やレクリエーションなどが充実していることも多いので、学校ごとの違いを確認して決めるのがよいでしょう。

大学で長期留学をする場合にかかる費用

現地の大学に留学するのであれば、費用は1年間で300〜400万円ほどになります。中でもとくに優れたトップ8校、通称「Group of Eignt」は医療や科学技術の分野に力を入れていることもあり、1年で最大500万円近い高額な費用がかかるとされます。

 

なお大学では世界中の留学生はもちろん、多数のオーストラリア人も生徒として通っていますから、語学学校とは違ったコミュニティへの参加が期待できますよ

オーストラリアへの長期留学に向けた準備

費用について見てきたので、次は留学の準備について確認していきましょう。

渡航前:日本での準備

留学にはしっかりとした準備が必要です。とくに1年以上の長期留学となると、用意すべきものも多岐にわたります。ここでは、必要なものをまとめてご紹介します。

 

なおビザ取得や学校の手続き、現地での滞在先の手配などの事務手続きは面倒でわかりづらいことも多いため、不安であればプロの留学エージェントに任せてしまうのがおすすめです。

 

とくに現地学校の申し込みや滞在先手配は英語でのやり取りが必要なケースが多く、自分ひとりで進めると「うまくできたのかな……」と渡航するまで心配が続くこともあります。

 

面倒な手続きはプロの留学エージェントに任せて、英語や現地の文化について勉強したり、留学の目的や過ごし方を考えることに時間と意識を使うほうが有意義かもしれません。

パスポート

パスポートは海外渡航に必須です。ビザを取得するときにも必要なので、渡航直前に慌てないように前もってパスポートを申請しておくことをおすすめします。「パスポートは持ってるよ」という方も、有効期間が過ぎている可能性もありますから必ずチェックしておきましょう。

 

参考サイト 外務省公式サイト

歯科検診

海外渡航で気をつけたいのは歯の治療です。歯科医療は海外旅行保険や留学保険の適用外であることがほとんどで、仮に治療が必要な場合は多額の出費をすることになってしまいます。留学前に日本国内でしっかり治療しておくと安心です。

学校の入学手続き

オーストラリアで通う学校の手続きも、日本で済ませておきます。入学には「入学許可証(CoE:Confirmation of Enrollment)」が必要で、入学手続きが完了すると学校から発行してもらえます。次の項目でご紹介する学生ビザの申請に、CoEが要りますので先に発行を受けておきましょう。

学生ビザ

オーストラリアでは、3ヶ月以上の就学予定者は学生ビザの取得が必要です。ビザは日本で申請できますが、発行まで2〜4週間ほどかかるため、パスポートと同じく早めに申し込みましょう。合わせて健康診断の受診が求められるケースもあるので注意してくださいね。

 

学生ビザの取得方法・料金についてはこちら

滞在先手配

オーストラリアでの滞在先は、学生寮、ホームステイ、ルームシェアが一般的です。とくに初めての留学であれば、まずはホームステイでホストファミリーと交流して英語や現地の生活に慣れていき、数ヶ月〜半年経った頃に学生寮やルームシェアに移るのがスムーズかもしれません。

 

滞在先は、現地の学校が手配してくれることもありますので、学校に申し込むときに一緒に聞いてみてください。入学手続き自体を留学エージェントなどに任せている場合は、滞在先も合わせて手配してもらうのがよいでしょう。

空港ピックアップ

意外と見落としがちなのが空港から滞在先までの移動です。10時間前後のフライトを終えて疲れているときに、空港から宿泊先までの移動手段が用意されていなかったら辛いですよね。

 

空港ピックアップは、やはり学校やエージェントに依頼するのがスムーズです。もちろんご自身で手配することも可能ですし、電車やタクシーを現地で使って移動する方法もあります。

海外旅行保険への加入

オーストラリアへの長期留学では、OSHC(留学生健康保険:Overseas Student Health Cover)への加入が義務となっています。OSHCは、学校への入学手続きの際に合わせて申し込みが可能です。ただしOSHCだけではケガの治療時などに高額な自己負担が発生する可能性もあり、万が一に備えて別の海外旅行保険にも入っておくのが安心といえます。

クレジットカード

オーストラリアに限らず、海外渡航の際はクレジットカードが不可欠です。現金が使えないお店なども少なくありませんし、ホテルやレンタカーなどでクレジットカードが必須の場合もあるためです。

 

なおクレジットカードではVisa/Master/JCBなどのブランドが有名ですが、JCBは日本発ブランドのため海外では使えない場所も少なくありません。オーストラリアならVisaかMasterカードを持っていくのが間違いないでしょう。

現金

オーストラリアではクレジットカードが普及しているため、現金がなくても困ることはあまりないはずです。露店が並ぶマーケットなどでは現金決済のみのケースもあるものの、クレジットカードについているキャッシング機能を使えば現地でオーストラリアドルを持つこともできます。

 

なお以前は海外渡航時の強い味方だった「トラベラーズチェック」は、現在日本国内では販売が終了しています。クレジットカードやQRコード決済の広がりとともに、トラベラーズチェックは世界的に流通が減っているため、これから渡航する方はとくに検討する必要はないでしょう。

航空券

航空券の手配については、自分で行う・学校に頼む・エージェントに任せる方法があります。最近ではWebサイトで個人が簡単に手配可能になっているため、少しでも留学費用を抑えるためにご自分でチケットを取る方も少なくないようです。ただしご自身で手配する場合、タイミングが遅いと予約が埋まってしまうケースも考えられますので、余裕をもって申し込むようにしましょう。

国際運転免許証

日本ですでに運転免許をお持ちであれば、国際免許証を取っておくことで海外でも車の運転をすることができます。取得するにはお住いの地区の警察署・運転免許センター・運転免許試験場でそれぞれ手続きが可能ですので、関心のある方はお近くの警察署などに問い合わせてみてください。

 

広大な自然や観光名所に恵まれたオーストラリアですから、車を運転したいと考えている方も少なくないかもしれませんね。実はオーストラリアの交通ルールは、日本と同じ左側通行。日本で運転経験がある方なら、さほど苦戦せずに運転ができるでしょう。

日用品・変圧器なども忘れずに

日用品や家電など、日々の生活に必要なグッズの多くはオーストラリアに着いてからでも調達はできます。ただ、化粧品や医薬品など体に馴染んだものを使用している場合には、それらは忘れずに日本から持参したほうが安心です。

 

シャンプーやリンスなどは現地のドラッグストア・スーパーで購入するのが一般的ですが、オーストラリアの水は日本と違って硬水のため、しっかりケアしないとガサガサの髪質になることもあります。髪のケアが気になるという方は、使い慣れたものを日本から持っていくのが間違いないでしょう。

 

また、オーストラリア渡航の際には電気を変換する変圧器も必要になります。日本とオーストラリアでは電圧が異なり、日本は100V(ボルト)、オーストラリアは240Vとなっています。変圧器は安いものは300円程度から購入ができますので、前もって買っておくのがおすすめですよ。

到着後:オーストラリアでの準備

続いて、オーストラリアに渡航してから現地で行う各種手続きを見ていきます。

在留届提出

3ヶ月以上、外国に滞在する場合には在留届を出すことが義務化されています。提出先は現地の日本大使館もしくは総領事館になりますが、詳しくは下記の外務省サイトをご覧ください。

 

参考サイト:外務省 在留届について

銀行口座の開設

留学中は日本の家族から送金を受けるなど、銀行の口座が必要になることも少なくありません。現地に到着したら、できるだけ早く銀行口座を開設することをおすすめします。どの銀行でも、口座開設にはパスポートなどの本人確認書類が必要となります。

 

英語で銀行とやりとりすることに不安を感じる場合は、学校やホストファミリー、あるいは学校のクラスメイトなどに相談して付き添ってもらうと安心ですね。なお手続きの流れなど、下記の記事に詳しく書いてありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事:オーストラリアでの銀行開設手続きマニュアル

携帯電話

携帯電話は、オーストラリアでも必需品といえます。留学生は現地で携帯電話を購入・レンタルするか、あるいは日本からSIMロックフリーの端末を持参する方も少なくないようです。

wifi

オーストラリアはwifi環境が非常に整備されているため、シドニーをはじめ大都市では無料のwifiスポットが街中にあります。とはいえ無料のwifiでは繋がらないときがあるなど限界もあり、念のため個人のポケットwifiを持っておくのが安心でしょう。ポケットwifiはレンタルが可能で、日本で契約して持参することもできますし、オーストラリアに着いてから借りることもできます。

学校への入学

現地に到着して落ち着いたら、学校へ行って入学の手続きを行います。基本的に、日本での申請時に「この時間に来て」と日時を指定されるはずです。手続きにはパスポートなど本人確認書類が求められますので、忘れないようにしましょう。

アルバイト

先ほども触れたように、学生ビザによる留学生はオーストラリアでアルバイトとして仕事をすることも可能です。ただし、もちろん本来の渡航目的は就学のため、アルバイトは2週間40時間までという制約があります。

 

現地で働けば留学費用の足しになりますし、語学学校や大学とは異なる人間関係も形成することができます。何より、仕事という責任ある環境を通じて英語とコミュニケーションを磨くことができるため、とても貴重な経験ができるはずです!

 

一般的には、寿司屋や和食など日本食レストランでのウエイター、ツアーガイドといった職業が見つけやすいといわれています。渡航後しばらくは本業である学校生活に集中したほうがよいかもしれませんが、落ち着いてきたらアルバイトを探してみるのもおすすめです。

長期留学におすすめの都市

留学やワーキングホリデーの渡航先として人気のオーストラリアには、特色に溢れた様々な都市があります。オペラハウスなど洗練された街並みのシドニー、南端の美しい都市メルボルン、世界的リゾートのゴールドコーストにも近いブリスベン、観光地としても大人気のケアンズや、西オーストラリア最大の街パースなど実に多くの都市が存在しています。

 

それぞれの都市ならではの特徴があり、さらに各都市にいくつもの語学学校や大学が点在しています。オーストラリアでおすすめの都市については「オーストラリアの都市別特徴一覧」で詳しくご紹介してるので、ぜひ記事をご覧になってみてください。

まとめ

今回は、オーストラリアへの長期留学について、押さえるべき費用や準備について詳しく解説してきました。オーストラリア留学にはそれなりのお金と準備が必要ですが、それだけの価値がある素晴らしい体験が待っているのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考に、一生の宝物になるオーストラリア留学を検討していただけたら嬉しいです。

 

最後に今回のポイントをまとめておきます。

  • オーストラリアへの長期留学費用は、語学学校の場合で200〜400万円
  • 大学への留学だと300〜最大500万円
  • 渡航前の準備は多岐にわたる
  • 英語での手続きなど面倒であれば学校や留学エージェントに頼むのも有効
  • 携帯、wifiは現地でもレンタルが可能

長期留学におすすめの学校一覧

アイエルエスシー(ILSC) オーストラリア シドニー校

アイエルエスシー(ILSC) オーストラリア シドニー校

$290/週~

ILSCは世界に9キャンパスを展開する大規模な語学学校で、徹底したEnglish Only Policyと日本人スタッフによる万全なサポート体制、効果的な英語学習法によって効率よく語学力を伸ばすことができます。資格コースでは留学生のための補講やサポートがきめ細かく行われ、学生は資格取得に向けて徹底した指導が受けられます。
ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ゴールドコースト校

ブラウンズ イングリッシュ ランゲージ スクール ゴールドコースト校

$280/週~

国際色豊かでサポート万全なBROWNSでしっかり勉強! ブラウンズ ゴールドコースト校は60キロ以上続く美しいビーチのすぐそばに位置しています。ビーチまでは歩いて5分程度で気軽に海に行くことができる最高の環境です。
アイエルエスシー(ILSC)オーストラリア ブリスベン校

アイエルエスシー(ILSC)オーストラリア ブリスベン校

$290/週~

ILSCでは、学校内とその周辺1ブロック圏内は一切母国語禁止です。 放課後に自由参加の勉強会、ワークショップを実施しています。自習ではないので講師と少人数のクラスでプラスαの学習ができます。 ワークショップは発音矯正、文法、ミュージッククラブ、読書クラブ、仕事の探し方講座、映画クラブなど多様。
イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)

イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)

$220/週~

一年を通して日本人は5%前後です。 教育については、授業の質、講師の選定、教科書に至るまでこだわりがあります。 ヨーロッパ人は英語の読み書きは苦手ですが、話すことは得意な為、レベルに関係なくどこのクラスも発言は活発に行われます。また、おしゃべり好きのヨーロッパ人に押されます。
オックスフォード ハウス カレッジ ケアンズ校

オックスフォード ハウス カレッジ ケアンズ校

$242/週~

校生徒が100人以下のアットホームな学校! 全校生徒の100人以下とケアンズの他の学校に比べて生徒数が少ないのでアットホームな環境で勉強することができます。
Loading...