3ヶ月のシドニー留学費用目安は「75万円」項目ごとに詳細解説!

20181202 155632 - 3ヶ月のシドニー留学費用目安は「75万円」項目ごとに詳細解説!

留学先の中でも、物価が高いと言われるオーストラリア。その中でも、シドニーは生活費が他の都市よりも高めだと言われています。シドニー留学する場合、渡航期間や時期、学校、授業数、滞在様式など、様々な要素によって費用は変化します。

 

ご自分に合った留学先の選択をするにあたって、どんなことにいくらぐらいの出費があるのか、あらかじめ知っておければ、計画も立てやすくなります。こちらでは、3ヶ月のシドニー留学生活に必要な費用の詳細情報をご紹介します。

3カ月のシドニー留学費用合計額の目安

Point
参考費用合計
75~112万円

3カ月のシドニー留学費用合計額の目安

オーストラリアの中でも物価の高めなシドニーは、留学費用も他の都市と比べると全体的に高めとなっています。目安としては3か月の留学で、学校の費用、滞在費、食費、交通費、保険料、ビザ、航空券、交際費などすべて含めて、最低約75万円は必要となります。

オーストラリアの物価

項目 金額
語学学校授業料 28万円~36万円
滞在費 24万円~30万円
海外留学保険 4.5万円~6万円
航空券代 6万円~9万円
ビザ申請代金 0.2万円
健康診断費用 0~1万円
現地での生活費 13万円~30万円
合計 75万円~112万円

渡航前に払う費用

留学エージェントのサポート費用は0円!

留学エージェントのサポート費用は高いところだと30万円程度かかりますが、安いエージェントだと無料です。無駄な出費を抑えるためにも無料エージェントを上手に使いましょう。

評判の良い留学エージェントの選び方と【12社比較】

学校費用授業料(入学金、授業料、教科書代)は28~36万円

シドニーの留学費用は、オーストラリアの中でも高めです。実際いくらぐらいかかるのか、また、学校によってどれぐらいの差があるのか、気になるところです。こちらでは、格安の学校と評判のよい語学学校をそれぞれ1校ずつ例として挙げ、通常の日中の英語クラスに3か月通う場合の費用の詳細をご紹介します。

 

Point 格安語学学校: 28万円
質の高い語学学校: 36万円

 

格安語学学校:ロイズ インターナショナルカレッジ

語学と専門分野の両方が学べる、500人を超える生徒が学ぶ人気の学校です。市の中心地の立地で、観光スポットにも徒歩圏内です。

 

入学金 200ドル(約15,000円)
授業料 3,480ドル(約261,000円)
教科書代 32ドル(約2,400円)
合計 3,712ドル(278,400円)

ロイズの詳細はこちら

質の高い語学学校:ナビタス・イングリッシュ

1981年創立のオーストラリア最大級の語学学校で、最新設備が整っている評判のよい学校です。各種試験やビジネス英語など多彩な授業があり、ご自分の目的に合った授業が選べます。また、仕事探しの手助けをしてもらうことも可能で、短期・長期共におすすめできる学校です。

 

入学金 250ドル(約18,750円)
授業料 4,500ドル(約337,500円)
教科書代 60ドル(約4,500円)
合計 4,810ドル(360,750円)

ナビタスの詳細はこちら

滞在費用滞在費(滞在先手配料、滞在費)は24~30万円

Point

ホームステイ: 30万円
シェアハウス: 24万円
学生寮: 28万円

 

語学学校に通うためには、住む場所が必要です。こちらでは、シドニーでホームステイ、シェアハウス、学生寮に3か月滞在した場合にかかる費用をご紹介します。それぞれの滞在方法は、簡単に比較できるように、全て個室の場合を想定しました。

 

ただし、学校や滞在期間によっても価格は変動するので、実際の料金に関しては直接お問い合わせください。

 

ホームステイ(個室、バスルーム共同、2食付き)

滞在費 3,720ドル(約279,000円)
手数料 290ドル(約21,750円)
合計 4,010ドル(300,750円)

シェアハウス(個室、キッチン・バスルーム共同)

滞在費 3,000ドル(約225,000円)
手数料 295ドル(約22,125円)
合計 3,295ドル(247,125円)

学生寮(個室、キッチン共同)6カ月以上の長期滞在者用

滞在費 3,600ドル(約270,000円)
手数料 200ドル(約15,000円)
合計 3,800ドル(285,000円)

海外留学保険海外留学保険は4.5~6万円

オーストラリアに留学する際、学生ビザを取得すると、国の定めたOSHCという留学生向けの健康保険に加入することが義務付けられています。この保険は就学期間後も含めた学生ビザの期間中ずっと有効です。

 

加入料は保険会社にもよりますが、3か月で150ドルから(約12,000円)です。学校で入学手続き時に申し込むことができます。

 

なお、3カ月ですと観光ビザで渡航可能ですので、学生ビザを取得する必要はございません。

 

また、OSHCには携行品や不動産に関する損害賠償保険はついておらず、OSHCに加入した場合でも、別途海外旅行保険に入る必要があります。こちらの相場は保険会社や契約内容にもよりますが、3か月の滞在用で45,000~60,000円ぐらいで掛けることができます。

航空券代航空券代は6~9万円

シドニーまでの航空券は直行便か経由便か、渡航の時期や購入のタイミング、航空会社によって変わります。また、PEXかFIXかなど、使える期間と帰りの便の日程が決まっているか、変更が可能かどうかなどのチケットのタイプによっても大きく変わります。

 

LCCを使えば乗り換えで時間は少し余分にかかっても、料金は抑えることができます。料金はタイミングによってかなり変動しますが、オフシーズンではLCC利用で60,000円ぐらいから、大手航空会社利用でも90,000円ほどから見つけることができます。

パスポート代金パスポート代金は1~2万円

現在日本国の発行するパスポートは、5年間有効なものと、10年間有効なものの2種類があります。それぞれの代金は、5年有効旅券が11,000円で、10年有効旅券は16,000円となっています。

ビザ申請代金ビザ申請代金は1,500円

オーストラリアに滞在するには、ビザの取得が必須となります。一般的な学生ビザの場合は、最長5年まで就学期間に応じた滞在許可が下ります。ワーキングホリデービザでは最長1年間、うち就学できる期間は最長4カ月間です。

 

また、観光ビザでは3か月まで滞在でき、その間に最長12週間(約3か月)まで就学することが認められています。ご自身の滞在期間や目的に合わせたビザの取得が必要です。

 

こちらでは、それぞれのビザの申請代金をご紹介します。

 

学生ビザ 620ドル(46,500円)
ワーキングホリデービザ 485ドル(36,375円)
観光ビザ 20ドル(1,500円)

健康診断費用は0~1万円

語学学校にのみ通う場合はその限りではありませんが、ワーキングホリデービザでの入国には事前の健康診断が義務付けられています。検査内容は仕事の内容によって変わるのですが、一般的なワーキングホリデービザに必要なのは、胸部レントゲンと内科検診です。

 

施設によって料金が変わるのですが、両方合わせて5,000~8,000円程度で受けられることが多くなっています。

3カ月のシドニー留学中に払う費用

食費は5~20万円

シドニーは、オーストラリアの中でも物価が高く、食費も日本と同じぐらいかかります。外食は特に高く、ちょっとした食事でも1回10~20ドル(750円~1,500円)はかかります。

 

そのため、3食自炊をすれば3か月で600ドル(約45,000円)ほどですみますが、ほとんど外食した場合は(1食15ドルで計算)1か月に約900ドル(67,500円)つまり、3か月では2,700ドル(202,500円)ほどかかる計算になります。

交通費は3~5万円

シドニー市内または近郊に住む場合、3か月の交通費は約300ドル(22,500円)です。郊外の場合は距離により料金が変わり、3か月で390~600ドル(29,250~45,000円)ぐらいかかります。

交際費は5万円

留学期間中に友人と出かけたり観光したりすることは、勉強と同じぐらい大切なことです。1回の外出を50ドルと設定すると、週に1度出かけると1か月で200ドル(15,000円)、3か月では600ドル(45,000円)かかることになります。

3カ月のシドニー留学中に稼げる金額

時給目安

オーストラリアの最低賃金は1時間当たり18.29ドル(約1,370円)と定められています。また、この最低賃金は土曜日には1.5倍、日曜日には2倍となるので、週末に働くほうが時給は高くなります。

 

また、職種によっては時給が25ドル(約1,875円)ということもあるので、そういった仕事を探してみるのもいいかもしれません。

3カ月の給料:学生ビザだと15万円

オーストラリアの学生ビザは、2週間で40時間まで、1か月約80時間まで働くことが認められています。つまり、平日3か月間めいっぱい働けば25ドル×80時間=2,000ドル(約150,000円)稼ぐことができます。また、土日メインのシフトにすれば時給が上がるため、給料アップが可能です。

3カ月の給料:ワーキングホリデービザだと90万円

学生ビザと違い、時間数の制限はありません。そのためハイシーズンにはたくさん仕事があっても、それ以外では仕事の時間が減ってしまう可能性もあります。こちらでは、1日あたり8時間、1か月に20日間働いたとしてシミュレーションしてみましょう。

 

25ドル×8時間×20日=4,000ドル(約300,000円)となります。3か月では12,000ドル(900,000円)の計算になります。こちらも、土日に働けば時給がアップするので、それ以上に稼ぐこともできます。

まとめ

3カ月のシドニー留学費用をご説明しましたがいかがでしたでしょうか?

 

ラララオーストラリアでは、なるべく費用を抑えながらシドニー留学できるようにサポート代金無料にて、留学のお手伝いをしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング予約フォーム

シドニー留学情報まとめ

MihoInafuku e1562119001909 - 3ヶ月のシドニー留学費用目安は「75万円」項目ごとに詳細解説!

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。