半年間のシドニー留学費用は「109万円」授業料、滞在費を徹底解説

20181202 143247 e1566383354487 - 半年間のシドニー留学費用は「109万円」授業料、滞在費を徹底解説
発展を続ける都市と豊かな自然が融合した美しい国、オーストラリア。治安のよさや生活環境が日本と近いため過ごしやすく、留学先として人気です。都市部の中でも特に人気がある留学先といえばシドニーです。

 

シドニーはオーストラリア最大の都市で、南西部の海岸線沿いに位置します。国内でも語学学校や大学などの教育機関数が多く、短期から長期まで希望に合わせたプランで学校選びが可能です。

 

オーストラリアの中では費用が高めなシドニーですが、6ヶ月では109万円が費用相場です。シドニー留学のために必要な費用の内訳を以下で解説していきます。

半年間のシドニー留学費用合計額の目安

Point
参考費用合計
109万円~182万円

シドニーを留学先に選んだ場合にかかる費用は合計どれくらいになるでしょう。合計額の目安は109万円から182万円です。渡航前に支払う費用と留学中に支払う費用を合計した金額となるため、どのような選択をしたかによって留学費用に違いが生じます。

項目 金額
語学学校授業料 34万円~43万円
滞在費 30万円~54万円
海外留学保険 12万円
航空券代 6万円~15万円
ビザ申請代金 4~5万円
健康診断費用 0円
現地での生活費 23万円~53万円
合計 109万円~182万円

シドニー留学渡航前に払う費用

渡航前に払う費用は、語学学校や滞在方法のタイプによって異なります。留学費用の多くを占めるのが語学学校に支払う学費や滞在期間中に支払う家賃・光熱費といった滞在費でしょう。そのため語学学校や滞在方法の選択によって費用が異なります。

 

そのほかにも航空券代や保険代、食費、交通費などさまざまな費用がかかります。自分にあった語学学校の質や滞在方法などを予算と合わせて検討するとよいでしょう。

学校費用授業料は34~43万円

シドニーは世界各国から留学生が英語を学ぶために訪れます。そのため語学学校数が非常に多く、格安な学校から質の高い学校まで選択肢が豊富です。

 

Point 格安語学学校: 4,200ドル(34万円)
質の高い語学学校: 5,400ドル(43万円)

格安語学学校は34万円

格安学学校の費用は平均4,200ドル(34万円)です。留学に行きたいけれどもお金がない、という方でも格安語学学校を選べば留学を諦めることなく叶えられます。基本的な学習体制は整っており、しっかりと英語力を伸ばせます。

 

料金が安い反面、学校が郊外であったり一つの教室に対する生徒数が多いケースが見受けられます。

質の高い語学学校は43万円

せっかく語学留学に行くのだから、できれば質の高い語学学校に通いたいもの。質の高い学校の費用は平均5,400ドル(43万円)です。シドニーが留学生に人気の理由の一つは「質の高い語学学校が多い」点です。

 

一教室が少人数であったり、IELTSやケンブリッジなどのテストに特化したコースがあったりと、格安語学学校と比較すると費用こそ上がりますが、多くのメリットを得られるのが質の高い語学学校です。

 

入学金はキャンペーンなどで無料のところから約1万円~2万円が相場です。教材費は学校によって異なりますが、約5000円~1万円のところが多いです。

滞在費用滞在費は30~54万円

語学学校と合わせて必要なのは滞在費です。滞在先の手配料と実際に現地で支払う滞在費の合計となり、半年間で3,800ドル(30万円)から6,700ドル(54万円)です。

 

馴染みのない国での留学生活となると、どんな滞在エリアや滞在方法が自分に合っているのかが分からないものです。留学エージェントでは留学のプロが滞在先のご相談から手配も行なっており、相談・手配にかかる料金料は無料です。

 

滞在先でかかる実費をお支払いいただくのみなので、個人で手配いただくよりもご安心いただけます。滞在方法で主流なのはホームステイやシェアハウス、学生寮です。どれを選ぶかにより費用に幅がでるので、特徴と費用について確認してみましょう。

Point

ホームステイ: 54万円
シェアハウス: 40万円
学生寮: 30~36万円

 

ホームステイは54万円

ホームステイは代表的な滞在方法のひとつです。ホストファミリーと生活を共にするため、慣れない海外生活が不安な方でも安心です。

 

ホームステイでかかる半年間の費用は平均6,700ドル(54万円)ですが、食事や光熱費が含まれている場合が多いです。シェアハウスや学生寮と比べて費用は高くなりますがその分家事をする手間や時間を省けるといった理由で留学生に人気な滞在方法です。

シェアハウスは40万円

シェアハウスとは、ハウスメイトと一つの家をシェアをする滞在方法です。家賃をハウスメイトと折半するためホームステイよりも滞在費用を抑えられます。半年間の費用は平均5,000(40万円)ドルです。

学生寮は30~36万円

シドニーは語学学校数が多く、学校が提携している学生寮の数も多いです。アパートメントタイプの建物で、一部屋を何名でシェアするかで滞在費用が異なります。学生寮でかかる半年間の費用は3,800ドル(30万円)から4,500ドル(36万円)が平均的です。

海外留学保険海外留学保険は12万円

シドニーに限らず、留学の際に検討しておきたいのが海外旅行保険です。海外旅行保険に入る理由は、海外で病気やケガに遭い治療を受けた場合は日本の保険が効かず、多額の医療費がかかるためです。

 

オーストラリアでは学生ビザで渡航する留学生に対して、政府規定の保険会社が提供する留学生保険「OSHC」への加入を義務付けています。料金は保険会社ごとに異なりますが、1ヶ月約50ドルで、保証期間は学校卒業から1ヶ月後の学生ビザ失効期限までです。半年間の留学の場合は約350ドル(3万円)となります。

 

ワーキングホリデーで渡航の場合はOSHCのような保険への加入義務がないため、渡航前に自分自身で加入する必要があります。治安がいいシドニーとはいえ、どんなトラブルに見舞われるか分かりません。

 

海外旅行保険には病気やケガの保証だけではなく携行品の損害や貴重品の盗難などといった、日常で起こりうるトラブルに対する保証も用意されています。海外旅行保険の相場は1ヶ月約2万円なので、半年間の場合は約12万円となります。

航空券代航空券代は6万円~15万円

日本とシドニー間は直行便が出ており、航空券代の相場は片道で6万円~10万円往復で10万円~15万円です。時期によって航空券代が異なり、比較的安い時期として知られているのは1月中旬~3月上旬、5月中旬~7月中旬、10月中旬~12月上旬などです。

 

移動の手間や時間がかかりますが、シンガポールやクアラルンプールなどで乗り継ぎをする便を選ぶと3万円程度から航空券を見つけられます。航空券代を抑えたい方は選択肢の一つとして検討してみてもいいでしょう。

パスポート代金パスポート代金

パスポートは観光、留学問わず日本国外に渡航する際に必要です。パスポートには有効期限5年間と10年間の2種類があり、申請費用は5年有効のもので11,000円10年有効のもので16,000円と異なります。

 

パスポートの申請は住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で受け付けています。申請から受け取りまでは1週間~10日ほどかかるため、余裕をもった日程で申請するとよいでしょう。

ビザ申請代金ビザ申請代金は4~5万円

シドニー留学では基本的にビザの発行が必要です。ビザには申請料金がかかり、学生ビザでは625ドル(5万円)ワーキングホリデービザでは485ドル(4万円)となります。いずれも初回申請の料金であり、書類ミスや申請ミスで再申請となった場合は追加で700ドルの請求をされるため注意が必要です。

健康診断費用

6ヶ月以上の滞在をする場合には、ビザ審査においてX線検査などの健康診断結果の提出を求められることがあります。健康診断費用は4,000円~1万円程度ですが、必要となる場合がある点には留意が必要です。

留学エージェントのサポート費用 は0円

留学エージェントとは、留学を検討している人の相談に乗り、要望に合わせたサポートを行う企業です。サポート内容は留学先の情報提供から各種ビザの手配、語学学校の手続き代行などさまざまです。留学エージェントは学校の正規代理店として運営をしているため、学校費用を割引してご案内いたします。

 

お申し込みやご相談のサポート料金は無料です。通常、個人での語学学校のお申し込みの場合は割引適応外ですので、個人のお申し込みよりも費用を抑え、面倒な事務手続きの手間もかけずに留学ができます

 

多くのエージェントはビザの手配や海外送金といったサービスを有料のオプションとして提供していますが、当社のサポート費用は0円です。学校からの広告費で運営しているためお客様からはサポート代金をいただかずに各種ご案内が可能です。

シドニー留学中に払う費用

シドニー留学中には語学学校と滞在費用の他に、食費や交通費、交際費がかかります。日本と比べて物価は高めです。半年間で生活費にはおよそ3600ドルはかかるとみてよいでしょう。

Point

食費:12~30万円
交通費:5万円
交際費:6~18万円

食費は12~30万円

シドニーで外食をすると1食あたり10ドル~15ドル程度かかるのに加えて、チップとして支払い額に対する10%~15%程度上乗せする必要があります。飲食代+チップ代がかかるので外食は日本と比較して高く感じやすいです。ホームステイであれば食事付きの場合がほとんどですが、シェアハウスや学生寮の場合は外食よりも自炊を多めにして食費を抑えるとよいでしょう。

交通費は5万円

シドニーの公共交通機関はバス、電車、路面電車、フェリーがあり、運賃は4種類全てを統一させたゾーン制をとっています。運賃はピークとオフピークそれぞれの時間帯で異なり、ピーク時は4.40ドルオフピーク時は3.08ドルです。

 

支払いは「Opal Card」という交通系ICカードが主流で、日本のSuicaやICOCAのようにチャージをして利用できます。このOpal Cardを1週間中8回利用すると、その週の9回目の運賃が半額になるシステムを採用しています。

 

これを踏まえると、シドニー近郊部に居住した場合の交通費は月~木曜:往復5.76ドル、金曜(半額):往復2.87ドルとなり、半年間の交通費は約600ドル(5万円)となります。

交際費は6~18万円

シドニーは学校生活以外にも楽しめるスポットが多く、休日は友達とショッピングやビーチアクティビティ、グルメなどを満喫するのもよいでしょう。

シドニー留学中に稼げる金額

カナダや~などの国では学生ビザではアルバイトができません。しかしオーストラリアは学生ビザでも就労権利を得られるためアルバイトが可能です。学生ビザとワーホリビザとの違いは、学生ビザでは2週間で40時間までという就労時間の制限が定められている点です。

 

留学にかかる費用のすべてを事前に準備するのではなく、現地で稼ぎながら生活ができるのもシドニー留学ならではです。

時給目安

シドニーは日本と比べて時給が高いです。最低賃金が18ドルという世界最高水準を誇るため、学生ビザの限られた労働時間内でも安定した収入を得られます。

半年間の給料

半年間の給料は学生ビザなのか、ワーキングホリデービザで雇用形態はどの種類なのかによって異なります。学生ビザでも半年で4,320ドル稼げ、ワーキングホリデービザであれば20,710ドルもの稼ぎを得ることができます。

学生ビザだと35万円

学生ビザは働ける時間の上限が2週間で40時間までと制限があるため、平均時給18ドル×週10時間×6ヶ月=4,320ドル(35万円)が半年間の給料の目安です。

ワーキングホリデービザだと166万円

ワーキングホリデービザは3種類の雇用形態から勤務先を選べます。有給休暇あり・週あたりの勤務時間保証ありのフルタイム・パートタイム、有給休暇なし・勤務時間の保証なしのカジュアルといった違いがあります。

 

フルタイムやパートタイムの平均時給は18ドルに対して、カジュアルは保証がない分25%賃金が上乗せされて22.12ドルとなります。

 

フルタイムやパートタイムの場合は平均時給18ドル×週38時間×6ヶ月=16,416ドル(131万円)、カジュアルの場合は平均時給22ドル×週38時間×6ヶ月=20,710ドル(166万円)、が半年間で稼げる金額の目安です。

シドニー留学情報まとめ

MihoInafuku e1562119001909 - 半年間のシドニー留学費用は「109万円」授業料、滞在費を徹底解説

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。