オーストラリア ETAS

オーストラリアへ入国する為に必ず必要な物、それは『ビザ』です。どれだけ短期間の滞在でも、入国をする前に必ず必要となります。観光で1週間だけの滞在ならビザを申請しなくても入国が出来ると考える方もいるかもしれませんが、それは間違いですのでお気を付けください。 オー ストラリアへの滞在が3ヶ月以内の場合、ETAS(イータス)と呼ばれるビザが一般的には利用されます。ETASは、日本語では、電子入国許可システムと 呼ばれます。電子入国許可システムと言われてはいますが、一般的に入国をする為に必要なビザと同じ働きをしますので、オーストラリア版観光ビザとお考えく ださい。 ETASを取得する事で、オーストラリアでの観光、商用目的の滞在はもちろん、就学をする事も可能です

オーストラリア観光ビザ種類 /info/visa/tvi/

※ このページに記載の内容は、移民局の変更があり、内容に変更が生じている可能性がありますので、申請時のオーストラリアETASのビザ最新情報は、必ず オーストラリア移民局のサイトにて確認をしてください。 
オーストラリア移民局サイト https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas

オーストラリアのビザ:ETAS(イータス)とは

オーストラリアETAS(イータス)の正式名称

オーストラリアのETASの正式名称ですが、 ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEM(サブクラス601)と呼び、各単語の頭文字を取り、ETASと呼ばれています。一般的にETAS(イータス)と呼ばれる事が多いですが、 ELECTRIC TRAVEL AUTHORITY SYSTEMから『SYSTEM』を取り、ETA(イーティーエー)と呼ばれる事もあります。ETAS(イータス)とETA(イーティーエー)、別のオー ストラリアのビザと勘違いをしてしまいそうですが、同じビザですのでご注意下さい。
 

オーストラリアETASを申請する為の条件とは

ETASを申請する為の申請条件として、下記の条件を全て満たしている必要があります。 申請前に必ず確認しましょう。

1、オーストラリアETASを申請する物のパスポートが下記の国に該当する
日本 / 韓国 / 香港 / マレーシア / ブルネイ / シンガポール / アメリカ / カナダ
上記の国はETAS対象の国なので、申請者は上記の国のパスポートを保持している事が必須です

2、ETASを取得し、オーストラリアへ入国をする目的が観光、商用目的である事
オーストラリアETASは、観光または商用を目的とする方の為のものです。(就学も可)
例)ETASでは就労は認められていません。オーストラリアでの就労が目的である場合は別のビザを申請する必要があります。

3、ETASを取得し、オーストラリアへ滞在する期間が3ヶ月以内である事
ETASでは3ヶ月を超える滞在は出来ませんので、3ヶ月以上の滞在を希望する場合は別のビザを申請する必要があります。

4、過去に犯罪歴のない方
過去に12か月以上の刑事有罪判決を受けている場合はETAS(イータス)が申請できません。

5、健康上問題ない方が対象になります。
例)結核にかかったことがある、また現在かかっている方などは申請に問題が出てきます。

オーストラリアETASの申請の仕方

オーストラリアETASは入国をする為に必要なビザと同じ役割は果たしますので、申請をする為には日本領事館や大使館に行かなくてはいけないのか?と、考える方もいるかもしれません
ですが、ETASは前述したように『電子入国許可システム』です。電子上での入国許可システムになるので、申請も電子的に行います。なので、手続きはオンライン上からオーストラリア移民局へ申請を行う事が一般的です。 オンライン上での申請も様々な方法がありますが、下記が代表的な方法です。

1、オーストラリア移民局のホームページより申請
オーストラリア政府による公式な移民局ホームページよりETAS申請が行えます。https://www.eta.immi.gov.au

オーストラリア移民局のホームページでの申請は日本語で行なえますが、自己手配に不安がある方はETAS登録代行業者へ申請を依頼する事をお勧めします。

2、オーストラリアETAS登録代行業者へ申請を代行依頼
ETAS 登録代行業者とはその名の通り、ETAS申請を代理で行う業者です。ETAS登録代行業者への依頼はほぼオンライン上で受け付けられています。ETAS登 録代行業者のウェブページ上で申請代行を依頼し、そのままウェブページ上でクレジットカード等を利用し支払いまで完了をするのが一般的な流れです。

オーストラリアETSの申請料金はいくらかかる?

ETAS申請料金ですが、前述したようにETASはオンラインシステムを利用しての申請です。申請の為のオンラインシステムはオーストラリア政府移民局のシステムなのでこのシステムを利用する為に『オンラインシステム利用費』がかかります。 基本的に申請費用は無料ですがシステム利用日として料金はかかります。申請費としてのお金はかかりませんが、オンラインシステム利用費が発生する為、必ず料金を払う必要があります。

1、オーストラリア政府公式ホームページ上でのオンライン申請
・オンラインシステム利用費:20ドル

2、ETAS登録代行業者によるオンライン申請
・オンラインシステム利用費:業者により異なるが、約500円から2000円程。

オーストラリアETASの有効期間

ETASの有効期限は、申請がおりてから12ヶ月まで有効です。ですが、申請がおりてから12ヶ月以内ににパスポートの有効期限が切れる場合は、パスポートの有効期限と共にETAS(イータス)の有効期限も終了するので注意が必要です。 有効期限中であれば数回に渡り入国する事は可能ですが、一度の滞在期間は3ヶ月までです。また頻繁に入国をすることにより、入国審査で止められることも起こりえます

入国審査では、ETASをどのように伝えればいい?

オーストラリアETASの申請をして取得は出来たけど、入国審査でどうやって伝えればいい? と、 入国前に不安になる方が多いかとおもいますが、ETASは電子上での入国許可システムですので、申請し承認をされれば自動的にパスポートにETASを申請 した事が記録されるのです。なので入国審査の時に審査官がパスポートを機械に通すとETASをちゃんと申請している事がわかるようになっています。申請し た内容が目で見れるような証明書を持っていたいと思う方は、ETAS登録証明書を印刷して持っておくといいでしょう。

※このページに記載 の内容は、移民局の変更があり、内容に変更が生じている可能性がありますので、申請時のオーストラリアETASのビザ最新情報は、必ずオーストラリア移民 局のサイトにて確認をしてください。
 オーストラリア移民局サイト https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas