3か月のゴールドコースト留学費用は「67万円」項目ごとに内訳を解説

英語の語学留学先として人気な国といえばオーストラリア。美しい自然に囲まれながらも、現在も都市部の経済成長が目まぐるしい魅力ある国です。

 

亜熱帯気候で年間を通して温暖なゴールゴコーストは、留学生にとって人気です。英語をしっかりと学べ、シドニーやメルボルンといった他の都市よりも物価が安いことから近年注目度が高まっています

 

今回は、3ヶ月のゴールドコースト留学のために必要な費用について解説していきます。

3ヶ月間のゴールドコースト留学費用合計額の目安

Point

参考費用合計
67~100万円

ゴールドコーストを留学先に選んだ場合にかかる合計額の目安は67万円から100万円です。渡航前に支払う費用と留学中に支払う費用を合計した金額となるため、どのような選択をしたかによって留学費用に違いが生じます。

 

また、学生ビザもしくはワーキングホリデービザで仕事をすると48万円から115万円を稼げる可能性があり、実質的な費用負担はほぼ無しで留学することも可能です。

項目金額
語学学校授業料24万円~34万円
滞在費14万円~29万円
海外留学保険6万円
航空券代7万円~12万円
パスポート代金11,000円~16,000円
ビザ申請代金0.2~5万円
食費9万円~16万円
交通費4万円
交際費2万円~7万円
合計67万円~100万円

ゴールドコースト留学渡航前に払う費用

渡航前に払う費用は主に2種類。留学費用と滞在費用です。金額の違いは、語学学校のタイプや、滞在先をホームステイかシェアハウス、学生寮にするかによって生まれます。

 

渡航前に支払う費用は留学を通して一番大きくなるため、自分がどのような留学を叶えたいのかをイメージしながら検討するとよいでしょう。

学校費用授業料は24~34万円

Point 格安語学学校: 24万円
質の高い語学学校: 34万円

 

語学学校に支払う費用は月80,000円($1,000)から平均115,200円($1,440)です。

 

ゴールドコーストは人気都市のため、英語の学ぶために世界各国から留学生が訪れます。ゴールドコーストにおける語学学校の選択肢は格安校から質の高い学校まで幅広いため、自分に合った学校が見つかります。

ゴールドコーストの語学学校一覧

安めの語学学校は24万円

格安語学学校の月額費用は平均80,000円($1,000)で、3ヶ月間ですと240,000円($3,000)となります。基本的なカリキュラムが整っているため学費を抑えて英語を学べる点が大きなメリットです。

 

放課後のアクティビティや選択科目の数が限られたり、学校あたりの教師の数が少ないといった点は注意が必要です。

高めの語学学校は34万円

質の高い学校の月額費用は平均115,200円($1,400)で、3ヶ月間ですと336,000円($4,200)となります。格安語学学校よりも放課後のアクティビティや選択科目数が多く教師の数も十分なため、英語の上達スピードがより早くなります。

 

特に進学を希望される方は、ある程度質の高い語学学校に通われることをおすすめいたします。

滞在費用滞在費は14~29万円

語学留学で学校費用と同じく重要なのが、渡航先での滞在費です。ゴールドコースト留学の滞在方法はホームステイやシェアハウス、学生寮が主流です。滞在方法によって費用が異なり、3ヶ月間の合計で144,000円($1,800)から288,000円($3,600)が相場です。

 

滞在方法にはそれぞれ特徴があり、慣れない海外生活では自分にあった選択をするのはなかなか難しいものです。留学ージェントでは現地での滞在方法のご相談から手配も無料で行なっています。

 

お支払いいただくのは滞在先でかかる実費のみですので、手配時の金銭トラブルを防ぎ安心して生活環境を整えていただけます。

ホームステイは26万円

語学留学において代表的な滞在方法といえばホームステイ。ホストファミリーの部屋を借りて生活を共にする方式です。

 

ホームステイでかかる3ヶ月間の費用は平均259,200円($3,240)です。他の滞在方法に比べると費用が高く見えますが、2食か3食の食事付きがほとんどのため食事代が浮かせられます。

シェアハウスは12万円

シェアハウスとは、一つの家を他のハウスメイトと共同で使用する滞在方法です。

 

シェアハウスでかかる3ヶ月間の費用は平均120,000円($1,500)です。食事が含まれませんが、自炊をすれば費用を抑えられます。家賃は同居するハウスメイトと折半になるため、郊外を選べば他の滞在方法よりも費用を抑えて滞在できます。

学生寮は25万円

学生寮は学校が所有している家を学生同士でシェアをして暮らす方法です。2人部屋〜4人部屋が一般的で、学生寮でかかる3ヶ月間の費用は平均249,600円($3,120)です。

 

シェアハウスよりも費用が高いですが、学校の近くや都市部に住めるケースが多く、交通費を浮かせられるのがメリットです。ただし、食事は付いておりません

海外留学保険海外留学保険は6万円

留学の際に必ず検討したいのが海外旅行保険です。保険料の相場は1ヶ月約2万円で、3ヶ月間の場合は約6万円となります。海外旅行保険は、病気やケガによって治療を受けた場合に備えて加入します。

 

日本の医療費負担は3割ですが、海外では全額実費負担です。もし病院にかかった場合、多額の医療費を負担しなければなりません。

 

海外旅行保険には病気やケガに対する治療費だけではなく、携行品の破損や貴重品の盗難などといった日常で起こりうるトラブルへの保証も受けられます。トラブルを予測できない海外生活では、事前に海外旅行保険に加入して備えておく必要があります。

航空券代航空券代は7万円~12万円

日本とゴールドコースト間の航空券代の相場は7〜12万円です。シーズンによって航空券代が異なり、6月と9月は航空券代が安い時期と言われています。

 

また、LCC(格安航空会社)であれば往復6万円台から航空券を見つけられるため、航空券代を抑えたい方はチェックしてみるとよいでしょう。

パスポート代金パスポート代金は11,000円~16,000円

パスポートは観光、留学問わず国外渡航時に必ず所得しなければなりません。パスポートには有効期限5年間と10年間の2種類があり、申請費用は5年有効の場合は11,000円、10年有効の場合は16,000円です。

 

申請から受け取りまでに1週間~10日ほどかかるため、余裕をもった日程で申請しましょう。

ビザ申請代金ビザ申請代金は0.2~5万円

ゴールドコースト留学にはビザの発行が必要です。観光ビザは3カ月まで滞在可能で、2,000円程度です。

 

学生ビザは49,600円($620)ワーキングホリデービザでは38,800円($485)の申請代金がかかります。いずれも初回申請代金であり、書類や申請時に何らかのミスがあった場合は再申請となり、追加の支払いが生じるためミスがないように注意が必要です。

留学エージェントのサポート費用は0円

留学エージェントでは、渡航先の情報提供や学生ビザ、ワーキングホリデービザの手配、語学学校の申し込み手続き代行などといった留学に関わるさまざまなサポートを行います。これらのサービスは無料でご利用いただけます。

 

一口に語学学校といっても、学校数が多いことから自分にあった学校選びはなかなか難しいもの。留学エージェントは語学学校の正規代理店ですので、予算や学びたい内容などのご要望に合わせた学校のご案内ができます。また、割引料金でのお申し込みも可能です。

 

さらに当社では各種ビザの手配などのサービスもサポート代金無料にてご案内しております。学校からの広告費で運営しているからです。

評判の良い留学エージェントの7つの選び方と【12社比較】

ゴールドコースト留学中に払う費用

ゴールドコーストはオーストラリアの都市の中では比較的物価が落ち着いていますが、3ヶ月間の生活費の目安は144,000円($1,800)です。ゴールドコースト留学中には食費や交通費、交際費といった留学中に払う費用が生じます。オーストラリア全体として、日本より物価が高い傾向があります。

Point

食費:9万円~16万円
交通費:4万円
交際費:2万円~7万円

食費は9万円~16万円

3ヶ月間の食費は1ヶ月の食費は、90,000円($1,250)から159,000円($1,875)です。ゴールドコーストで外食をすると1食あたり1,200円($15)程度かかるため、日本と比較して1食あたりの外食相場が高いです。

 

ホームステイであれば食事代がかかりませんが、シェアハウスや学生寮では外食よりも自炊の比率を多くして食費を抑える留学生が多いです。

オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

交通費は4万円

ゴールドコーストの主な交通手段は電車とトラムという路面電車です。支払いは「Go Card」という交通系ICカードが主流で、日本のSuicaやICOCAのようにチャージをして利用します。

 

料金はゾーン制で初乗り264円($3.31)から。オフピーク時間は割引となり、対象になるのは平日8:30〜15:30、19:00〜翌日6:00、土日終日です。また、毎月9回目以降の利用からその月のGo Card利用料金が半額となります。

 

学校から3ゾーンの場所に居住した場合の交通費は最初の月〜金まで:4,213円($52.67)、2週目以降月〜金:6,276円($78.45)、土日祝日:2,510円($31.38)となり、1ヶ月で13,000円($162.5)、3ヶ月間の交通費は約39,000円($487.5)となります。

交際費は2万円~7万円

3ヶ月の交際費は、24,000円($300)から72,000円($900)です。ゴールドコーストはビーチアクティビティが盛んで、年間通してマリンスポーツを楽しめます。自然に囲まれた都市ならではの充実した休日を送ることができます。

ゴールドコースト留学中に稼げる金額

現地の仕事事情

観光ビザでは就労不可ですが、オーストラリアは学生ビザでもアルバイトができる珍しい国です。そのため、事前に留学費用すべてを準備するのではなく、渡航後に学費や生活費を稼ぎながらの滞在が可能です。

時給目安

オーストラリアの平均時給は世界最高水準の$25です。日本円で約2000円と、学校生活とアルバイトを両立させながらでも安定した収入を得られます。

3ヶ月間の給料

学生ビザでは3ヶ月間で平均時給2000円($25)×週20時間×3ヶ月=480,000円($6,000)、ワーキングホリデーでは平均時給2,500円($31.25)×週38時間×3ヶ月=1,140,000円($14,250)を稼ぐことが可能です。

 

ゴールドコーストでは学生ビザでもアルバイトができますが、ワーキングホリデービザとの違いは就労時間に制限があるかないかという点です。学生ビザの就労可能時間は2週間で最大40時間までと定められているため、3ヶ月間の給料はビザの種類によって異なります。

学生ビザ

平均時給2000円($25)×週20時間×3ヶ月=480,000円($6,000)が3ヶ月間の給料の目安です。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザで働く場合は、フルタイム、パートタイム、カジュアルといった3種類の雇用形態からいずれかを選べます。(多くの場合はカジュアルで働くことになります。)

 

フルタイムとパートタイムは有給休暇と勤務時間の保証があり、カジュアルは有給休暇と勤務時間の保証がありません。フルタイムとパートタイムの平均時給は2,000円($25)ですが、カジュアルは保証がない分時給に25%を上乗せした賃金となり、2,500円($31.25)が平均となります。

 

カジュアルの場合は平均時給2,500円($31.25)×週38時間×3ヶ月=1,140,000円($14,250)、が3ヶ月間で稼げる金額の目安です。

まとめ

3カ月のゴールドコースト留学にかかる費用の内訳をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

 

意外と安いと思われた方もいるでしょうし、やっぱりお金がかかるなと思われた方もいるかと思います。

 

見ていただいたように、留学プランによって大きく金額が異なります。

 

皆さんのご希望に最大限合わせた上で、なるべくお金のかからない留学方法をご提案しております。

 

留学についてご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。