1か月のメルボルン留学費用は「19万円」項目ごとに内訳を解説

20181127 182434 - 1か月のメルボルン留学費用は「19万円」項目ごとに内訳を解説

オーストラリア第二の都市であり、「世界で最も住みやすい都市」の上位に君臨し続けているメルボルン。

 

治安がよく教育水準が高いため、留学先としても人気の都市です。一方でメルボルンはオーストラリアの中でも特に物価が高い地域であるため、他の都市に比べて多くの生活費や滞在費が必要となります。

 

「留学したいけどどれくらいの費用がかかるの?」と不安に思っている方のため、今回は1カ月にかかるメルボルン留学費用についてご紹介します。メルボルン留学をご検討中の方は是非参考にしてみてください。

1カ月のメルボルン留学費用合計額の目安

Point
参考費用合計
19~51万円

留学費用には渡航費・授業料・滞在費・生活費・保険などが含まれます。メルボルンに1ヶ月留学してかかる費用の合計はおよそ20~50万円です。それぞれの費用の内訳について詳しくみていきましょう。

項目 金額
語学学校授業料 5万円~15万円
滞在費 4万円~10万円
海外留学保険 1~2.5万円
航空券代 4万円~15万円
パスポート代金 11,000円~16,000円
ビザ申請代金 0.2万円
食費 2万円~3万円
交通費 0.5~1万円
交際費 1万円~3万円
合計 19万円~51万円

メルボルン留学渡航前に払う費用

留学前に必要な費用で金額の大きいものは、授業料、滞在費、航空券代の3つです。特に、語学学校に関しては高いから良いというものではなく、ご自身に合ったところを選ぶのが重要です。

学校費用授業料は5~15万円

Point 格安語学学校: 5万円
質の高い語学学校: 15万円

 

教育に力を入れているメルボルンには、大学や専門学校付属の語学学校から私立の語学学校まで、多くの語学学校があります。授業料などの費用も語学学校によって様々です。

 

ここでは格安語学学校と質の高い語学学校の費用比較をご紹介します。とはいえ必ずしも「費用=学校の質」というわけではありませんので、校風や特徴・コースなどを比較したうえで自分に合った学校を選びましょう。

メルボルン留学のおすすめ語学学校ランキング【絶対迷わない厳選13校】

格安語学学校は5~7万円

格安の語学学校の授業料は、月50,000~70,000円ほどが相場です。なかには費用が安いぶん施設や先生の質が低かったり、アクティビティが少なかったりする学校もありますので、きちんと見極めが必要となります。

質の高い語学学校は10~15万円

質の高い語学学校の授業料はおよそ月100,000~150,000円です。それなりに知名度があって設備が充実している学校は人気も高いため、日本人が多かったり1クラスあたりの人数が多かったりと英語を勉強するにあたって課題となりうる要素もあります。

 

入学金は学校によって異なりますが、目安は8,000円~15,000円です。また、教科書代も学校で使う教材によって違ってきますが、一冊1,500円程の教科書を購入するケースが多いようです。

滞在費用滞在費は4~10万円

次に滞在費についてです。それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分の希望する生活スタイルや予算に合わせて選択しましょう。

ホームステイは10万円

留学時の滞在方法として人気の高いホームステイは、食費を含めて月100,000円ほどの費用がかかります。食事はホストファミリーが用意してくれるため、家事が苦手な人や一人での生活に慣れていない人でも安心です。

 

また、現地の家族と生活を共にするため、日々活きた英語に触れることができるのも大きなメリットです。一方で、その家のルールがあるなど気を遣うことが多いのも事実です。

シェアハウスは4~8万円

シェアハウスは最も費用を抑えることができる滞在方法です。家の立地や居住人数で金額は変わってきますが、家賃は40,000円~80,000円ほどが目安となります。

 

これに加えて光熱費や食費がかかってきますので、自炊をするなど計画的に生活をしないとかえって出費が大きくなってしまう可能性もあります。

学生寮は10万円

語学学校が提供している学生寮の費用も、ホームステイと同様に月100,000円ほどです。ただしこちらは基本的には食事付きではありませんので、トータル費用は高くなる可能性があります。

 

同じ語学学校の留学生同士ひとつ屋根の下で暮らすため仲良くなりやすく、放課後や休日でも英会話の練習になるのは大きな利点です。

海外留学保険海外留学保険は1~2.5万円

留学は数日の海外旅行とは異なり、滞在中に現地で病気や事故に合うリスクも高くなります。そのため留学時には留学保険に加入しましょう。

 

留学の日数や補償内容、滞在先によって保険金額は異なりますが、1ヶ月のオーストラリア留学ではおよそ10,000円~25,000円かかります。

 

語学学校によっては指定の保険会社がある場合もありますので、事前に確認した方がいいでしょう。

航空券代航空券代は4~15万円

日本からメルボルンへの航空券は時期や航空会社によって大きな違いがありますが、40,000円~150,000円ほどかかります。LCCを利用したり、ローシーズンに渡航する事で航空券代金を下げることができます。

パスポート代金パスポート代金は11,000円~16,000円

海外に渡航する際にパスポートは必須です。パスポートを取得するための費用は、12歳以上であれば5年有効で11,000円、20歳以上であれば10年有効で16,000円がかかります。

 

申請から受け取りまでに1週間~10日ほどかかるため、余裕をもった日程で申請しましょう。

ビザ申請代金ビザ申請代金は1,800円

オーストラリア留学は3ヶ月未満の滞在であればETASと呼ばれる観光ビザで入国することができます。

 

取得にシステム手数料1,800円はかかりますが、ビザの代金はかかりません。一方3ヶ月以上の留学の場合には学生ビザの申請が必要となり、1回50,000円がかかります。

オーストラリアのETAS(観光ビザ)完全ガイド。申請手順や費用など全て解説。

留学エージェントのサポート費用は0円

留学に行くことを決めたら、まずは留学エージェントに相談に行くという人が大半でしょう。日本には数々の留学エージェントがありますが、日本でのカウンセリングから現地でのサポートまで、その内容や費用は様々です。

 

留学経験者の中には「エージェント費用が高すぎる」「お金を払ったのに大したサポートを受けられなかった」といったような不満を感じる人も少なくなく、利用するエージェントの選定は留学において非常に重要なものとなります。

 

それぞれの留学エージェントによって特徴や料金体系などが異なるため、比較して慎重に吟味しましょう。

 

【ラララオーストラリア】では、サポート費用は0円です。

 

現地情報や渡航情報の提供・学校や宿泊先の手配・現地でのサポートなど、渡航前から渡航後までしっかり留学生をケアする体制が整っているので、費用の心配をせずに安心して留学に打ち込んで頂くことができます。

評判の良い留学エージェントの7つの選び方と【12社比較】

健康診断費用は0~2万円

学校によっては、入学申請の際に健康診断書の提出を求められる場合があります。行きたい学校が健康診断書の提出を必須としている場合、入学時までに間に合わないと入学ができなくなってしまいますので、健康診断は早めに受けた方がいいでしょう。

 

健康診断の費用は10,000円~20,000円が目安となります。

メルボルン留学中に払う費用

次に、メルボルン留学中にかかる費用を項目ごとにみていきましょう。

Point

食費:2万円~3万円
交通費:0.5万円~1万円
交際費:1万円~3万円

食費は2万円~3万円

メルボルンは特に外食や食材などの食費にかかる費用が高いため、毎日3食購入&外食だと食費はなんと月80,000円を超えてしまいます。

 

そのため、できるだけ自炊をして上手くやりくりする必要があります。毎月の食費は、自炊した場合で20,000円~30,000円ほどとなります。

オーストラリア留学にかかる生活費とオーストラリアの物価

交通費は0.5万円~1万円

メルボルンの主な交通機関はバス・電車・トラムです。トラムは街の中心部であれば乗車賃が無料であるため、交通費をかなり抑えることができます。

 

居住場所や行動範囲にもよりますが、月5,000円~10,000円あれば充分でしょう。

メルボルン留学生活の交通費は?無料トラムとMykiカードって?

交際費は1万円~3万円

交際費は趣味や生活スタイルによって人それぞれです。毎日家に引きこもっていればお金はかかりませんが、せっかく海外にいるのですから遊びに行ったり旅行に行きたいという人も多いでしょう。

 

物価の高いオーストラリアでの滞在費を考えると、交際費は月10,000円~30,000円には抑えたいところです。

メルボルン留学中に稼げる金額

オーストラリアでは観光ビザでは働くことができません。1カ月の留学の場合でも、ワーキングホリデービザや学生ビザを取得されていれば仕事をすることができます。

 

メルボルンはカフェが多いことから、バリスタなどのアルバイトをされる日本人が多くいらっしゃいます。

 

語学学校でもバリスタのトレーニングを行っておりますので、バリスタコースを修了すれば即戦力として雇ってもらうことができます。

まとめ

1カ月のメルボルン留学費用をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

比較的物価の高いメルボルンですが、1カ月では郊外に滞在してもさほど留学費用は変わりません

 

せっかくの留学ですので、メルボルンに興味のある方は費用だけで都市を選ぶのではなくぜひメルボルンに行かれてください。

 

こじんまりとしたオシャレな街なので、私は非常に住みやすかったです。

 

メルボルン留学についてご不明点のある方はぜひお問い合わせください。

20190702 130102 1 e1563997913675 - 1か月のメルボルン留学費用は「19万円」項目ごとに内訳を解説

永井将馬

オーストラリアのメルボルンにワーキングホリデーで渡航しました。メルボルンでは語学学校で一般英語を学び、市内にあるユニクロでアルバイトを経験。休日には職場のオーストラリア人と出かける事が多く、現地の人の視点でメルボルンの魅力を感じる事ができました。アメリカ留学の経験もありますので、アメリカとオーストラリアの違いもお話できます。

カウンセラーに質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。