オーストラリアで風邪を引いたときに飲むべき薬はこれ!

海外生活で気を付けておきたい事のひとつが、「体調管理」ですね。 元気でなければ、楽しい海外生活を送れませんし、気分がとにかく乗りません。予防に関してもおいおい書いていきたいと思いますが、 それでもやっぱり風邪引いちゃった!という時の為に、風邪薬に関してもう少し紹介しておきます。

風邪の全般知識

まずはパナドールを飲もう

風邪をひいて病院に行くと、たいていパナドール飲んで安静にしましょう。で済まされます…。日本のように、検査を短時間で色々したり、この症状にはこの薬、というようなお手当はありません。その為、ファーマシー(薬局)に行き、薬剤師に症状を伝え、薬のアドバイスをもらう方が多いです。

オーストラリアで風邪。パナドールって何??

咳止め専用みたいなものはない

オーストラリアの薬は、日本の薬みたいにこの症状にはこの錠剤!みたいのが無いです。日本のように、あなたの風邪に狙いを決めて~ベンザブロック!みたいなタイプ別の薬があればなとよく思います。

オーストラリア人はマスクは使いません

風邪をひいたらマスク!という日本の風習は忘れましょう。 オーストラリアではマスクをしている人はいません。一年に1人見かけるか否かの程度で、マスクをしていると危ない菌を持っている人では?と疑われるようですので、マスクは家の中での利用が良いかと思います。

風邪全般の薬

オーストラリアでは、風邪 = パナドール というくらいパナドールは国民的常備薬です。

喉からくる風邪

オーストラリアはとても乾燥しています。喉からくる風邪は珍しくありません。喉の痛みを訴えるとファーマシーでお勧めされるのが、まずうがい薬。 このシリーズが多いです。

それから、のど飴。 この薬用(?)のど飴、一個約8ドル(約700円)します。高いのですが、言うほど素晴らしい効果を発揮してくれませんので、うがい薬の方が効力があります!あとは、マスクをして寝るのがオススメです!

鼻からくる風邪

鼻水だけ止めたい、という場合ありますよね。 これが厄介でして、オーストラリアでいい薬に出会った事がありません。たいていファーマシスト(薬剤師)にオススメされるのは、ノズルスプレーの鼻づまり解消をするスプレーです。 鼻風邪をよくされる方は、日本で使い慣れた薬を持参されることをお勧めします。

 

とにかく風邪をひかない事が一番です! 季節的に引きやすいですから、こういう薬があるんだな、ということをご紹介でした。 あくまで筆者の経験体験からのお勧めです。

稲福美穂

ロンドン生まれ大阪育ちの英語が苦手な帰国子女。イギリスにて多国籍な友人達と生活していく中でオーストラリアに魅力を感じ、ワーキングホリデーにて2017年に渡豪。オーストラリアではゴールドコースト、ケアンズ、メルボルンを拠点とし、主にサービス業に就きながら豊かな自然と多国籍な文化(と美味しいお酒)に囲まれて、"世界で最も住みやすい街"を体感しました。留学に対しての不安や疑問を一緒に解決し、皆さんの大きな一歩を全力でお手伝いします!:)

カウンセラーに質問