バリスタコース 全般 オーストラリア留学

オーストラリア留学のご相談・ご質問は無料です!
なんでも留学無料相談
パンフレット資料請求
カウンセリング予約( 個別 )
トップページオーストラリア留学情報一覧 > バリスタコース 全般

バリスタについて

バリスタ(BARISTA)とは、イタリア語が語源となっており、BAR(バール)でサービスを提供する人(~ISTA)を合わせてBARISTAと呼びます。イタリアでバールに欠かせないのがエスプレッソであり、その店の味を守り続けるための技術と経験を身に付けたバリスタもまた欠かせない存在です。現在では、エスプレッソに限らずコーヒーを淹れる技術に優れ、お客様への接遇が行き届いてこそ、一流のプロフェッショナルなバリスタと言われております。

オーストラリアのコーヒー文化

あまり知られていないかもしれませんが、実はオーストラリアはコーヒー大国なんです。パリよりもカフェがあると言われるほど街のいたるところにカフェがあります。特にシドニーやメルボルンが多いですが、その他の都市でもヨーロッパ風のオシャレなオープンエア・カフェが並んでいます。元はイタリア系のコーヒーが主流でしたが、オーストラリアで磨かれた新しいコーヒー文化があり、現在では海外へ輸出されるなど、世界のコーヒーシーンにも影響を及ぼしています。

オーストラリアのカフェで働く

ワーキングホリデーなどでオーストラリアに留学をされる方は、現地のカフェで働きたいと思っている方も多いでしょう。そのためには、やはりある程度の英語力が求められます。特にオーストラリアではコーヒー好きが多いため、日本よりもコーヒーに対して細かくオーダーを受けることが多く、お客様と英語でコミュニケーションを取る必要になります。またバリスタとしても高い技術を求められるため、英語力と知識なしではなかなか難しいでしょう。もしカフェでの仕事を目指すのであれば、語学学校+バリスタコースを受講されることをお勧めします。

ラララオーストラリアではバリスタコースを提供している学校を紹介しています!

バリスタコースの内容

コーヒーの作り方はもちろん、コーヒーの種類に豆の知識、接客英語やカフェでの仕事を探すときの対策(インタビュー英語など)ラテアート、衛生管理を学ぶコースがあります。学校内にカフェがあり、そこで実際に先生や生徒にコーヒーを提供することもできたり、学校によっては閉店後に実際のカフェでコーヒーを作ることもできます。4~6週間のコースが一般的です。

<主なカリキュラム> ・コーヒーの作り方 ・接客の英語 ・コーヒーの種類・豆の知識 ・カフェでの仕事を探すときの対策 ・ラテアート(コーヒーの表面にミルクとコーヒーの色を使って模様を作ること) ・実際にカフェのお店での実習 ・エスプレッソマシーンの使い方(整備・点検)

※学校によってカリキュラムは異なります。

バリスタコースがおすすめの方!

接客英語を学ぶため、カフェのみならずレストランやホテルなどのホスピタリティー業界で働いてみたい人にお勧めのコースです。また、履歴書の書き方や面接でのテクニックなども学ぶため、オーストラリアで仕事を探したいという方にとっても価値のあるコースだと思います。

<こんな方はバリスタコースがオススメ!> ・バリスタを目指している。 ・オーストラリアのカフェで働きたい ・オーストラリアで仕事を探したい ・接客力を身に付けたい ・仕事をしながら英語を覚えたい ・コーヒーが好き

バリスタは大変人気のコースなので、空き状況確認が必須になります。ご予約はお早めにっ! 学校選びはこちらから!